ゴメン、ありがた迷惑!みんなが正直いらないおみやげは、コレです。

秋です。暑くなく涼しくなく、外を歩いていても気持ちよくてごはんも美味しい、かつちょくちょく祝日がある……と、旅行のベストシーズンと言ってもいいこの季節。

そして、旅行といえばつきものなのが……「おみやげ」。

職場の人や家族に、そして近々会う予定の友人に……など、さまざまな人に買っていく予定があるかと思います。
が、旅先って、妙にテンションが上がるじゃないですか。普段だったら買わないようなものでも、なぜか財布のひもが緩んで気軽に買っちゃったりするじゃないですか。

その結果、「冷静に考えればいらないおみやげ」を、うっかり謎のテンションで買い、うっかり人にあげてしまい、もらった側はとりあえず笑顔で受け取るものの「実際どうしていいかわからない」おみやげが生まれるわけです。

いらないおみやげ

そんなわけで、編集部が男女296名に「正直いらないおみやげ」を調査しました。その結果を発表します。

 

 

Q.まず、正直いらないおみやげ、もらったことありますか…?


正直いらないおみやげ

ある… 81%
ないです! 19%

なんと全体の8割の人が「正直いらないおみやげ」をもらったことがあるとのこと。いや、これってすごい割合じゃないですか……。
実際にどんなものをもらったのか、さらに調査してみました。

 

◆意外と不評なストラップ・キーホルダー


「ストラップ。つけるところがない」
「謎のキャラクターのキーホルダー」
「I♡GUAMとか書いてあるキーホルダー。行ってればいいけど、行ってないしな……」

とにかくもらった時点で「正直いらない」と思ってしまいがちな意見が多かったのが「ストラップ」や「キーホルダー」。値段が手ごろで「それっぽい」ものが多いことからうっかり買ってしまいがちですが、実はいらない人が多いようです……。確かにiPhoneならストラップをつけられるケースを買わない限りつけるところもないですしね。
定番おみやげのように見えて、キーホルダーを集めている人にならまだしも、そうじゃない人は……結構厳しいようです。

 

◆どうすればいいか、反応に困るものたち


「なんのモチーフかわからない置物」
「幸運を呼ぶ系の置物。家に合わなすぎるし、捨てたら不幸になるのかな……と捨てにくい」
「星の砂」
「その旅行先の布を使ったっぽい、微妙な大きさのポーチ」
「下ネタ系のお菓子。地味に困る」

あるある、あるある。誰もが一度はもらったことがあるのではないでしょうか。
どうしたらいいかわからないもの上位の「謎の置物」、そして「確かに記念だけどどうしていいかわからないもの」、仲が良ければいいけど、そうじゃないと死ぬほど反応に困る「下ネタ系グッズ」。相手の好みを熟知しているならいいけれど、そこまでの関係でもないと……なかなか難しそうです。

 

◆好みがわかれる飲食品


「珍味系」
「海外の激甘なお菓子……」
「コーヒー豆。挽いてあるならまだしも、ミルを持ってないので本当に困った」
「海外のサプリメント。日本と成分が違う気がするけど、なんせ表示が読めないので、どうしようもなかった」

そして、基本的には「嬉しい」はずの「飲食物」ですが、好みが分かれるものは厳しいようです。自分で食べて美味しいと思ったもの……が安全そう。

 

ちなみに、「嬉しいものは何か」という調査では……。

「基本的にはなんでも嬉しい」
「お菓子。食べ物は消費できるので」
「自分で味見して美味しいと思ったもの。塩や調味料系は普段なかなか買えないのでうれしい」
「マグネット。サイズも小さいし、冷蔵庫に貼って実用的に使えるので」

 

また、女子のお土産の定番となりつつある「パック」は、「すぐ使えるので嬉しい」という人と、「海外のものはほぼ荒れるので正直捨ててしまう……」という人にかなりぱっきり分かれました。
いずれにせよ、「相手が好きなもの」を日頃からリサーチしておき、好きそうなものをあげる、もしくはそれでも困ったら安全そうなお菓子で、がよさそうです。(榎本麻衣子)

 

【あわせて読みたい】

※上司が「職場にお土産を買ってこない」VS「個包装されてないお菓子を買ってくる」イヤなのは…

※「プレゼントブス」がやりがちな、迷惑&うれしくない贈り物の特徴7パターン【前編】

※ハズレなし!大阪人が選んだ、本当に美味しい大阪みやげベスト10

※お土産って誰に買う?理由は?もらわなかったらどう思う?【日本女子のリアル】

※旅行の鬼、遠征好きアイドルオタクに聞いた「旅行の必需品」が役立ちすぎる