結婚式や二次会でいい人と出会いたい女子がやるべき3つのこと

世はまさに結婚大航海時代。
結婚ラッシュという荒波を乗り越えるべく!この空前絶後のビッグウェーブに乗っかるべく!
波に乗り遅れそうな女子たちは、友人の波=招待された結婚式で波乗りのきっかけを作ってみましょう!

結婚式 (2)

前回の記事では、出席者の約半数が結婚式での「出会い」に期待している一方で、積極的に出会いへつなぐ意識を持つ人は少数というアンケート結果をご紹介しました。

どちらかと言うと受け身な男性が多い中で、私たち女子が簡単に実践出来る結婚式や二次会での「きっかけ作り」や「こちらから仕掛ける」ために必要な3つのオキテををご紹介します!

 

■その1. 余興はあなたの単独ステージ!

歌

友人の式になると、余興をお願いされたりしますよね?
これは「自ら名乗り出ろ!」くらいのレベルで断ってはいけません。

 

なぜなら、余興の時間は、唯一「出席者側」が注目を集める時間だからです!

 

そして「出会いにつなげたい」方が選ぶべきは、印象に残りやすい「歌やダンス」一択です。人気のムービー上映は、注目されるのが「人」ではなく「映像」。出会いにはつながりにくいです。

さらに、複数人で余興を披露する場合は、「青衣装のポニーテール」のように、衣装や髪型で個性を付けると尚GOOD。
実際に私の友人がコレを試しに実践してみたところ、「センターの黄色の子が可愛い!」と一目惚れされて、アタックされたそうです……! あなどれません、余興パワー。

 

<結論>
余興は積極的に参加し、分かりやすい衣装・髪型でダンス・歌を披露セヨ!

 

 

 

■その2. 写真撮影はお近づきのチャンス!

 

IMG_0919

……とはいっても余興参加は勇気が出ない……。そんな方におすすめなのは「カメラマンを名乗り出る」こと。
結婚式や二次会中は、何かと写真を撮る機会が多いもの。そんなとき、撮影してくれる人が足りない……ということが起きがちですよね。
そんなときにスッと近づいて……

 

「撮影、手伝いましょうか?」

 

コレです! とても自然な上に、男性からは「気遣いができる女性だな」と思ってもらえます。
逆に、自分たちが撮ってもらうときに男性側に撮影をお願いするのも有効です。

実は「話しかけて欲しい」という男性も多いので、あの人いいかも、という方がいたら積極的に声をかけてみましょう。

さらに可能であれば、新郎新婦の近くに席を配置してもらうのもおすすめ。より自然に写真撮影タイムのチャンスを活かせます。

 

<結論>
写真撮影を手伝う気遣い女子に変身して、会話のきっかけを獲得セヨ!

 

 

 

■その3. 二次会は同窓会の会場あらず!

パーティ

二次会が同窓会モード全開になる。あるあるです。
もちろん久しぶりの友人と話に花が咲くのは楽しいもの。

 

しかし、二次会で出会いたいのであれば、同窓会モードはNGです。最低限にとどめましょう。

 

想像してみましょう。ある男性が、気になる女子を見つけたとします。けれど、その子がずっと身内で固まっていたら……。
きっと、その男性は話しかけるきっかけをつかめずに終わってしまい、女子は知らず知らずのうちに出会いを逃す。そんなパターン、よくあります。

たいていの二次会は、披露宴よりもリラックスした中、初対面の人とも打ち解けやすい雰囲気になることがほとんど。せっかくの機会ですから、少しだけ勇気を出して、初対面の人と話してみる……そんな「交流を広げる場」にしてみませんか?

 

<結論>
二次会は身内で固まらず、交流の場にセヨ!

 

いかがでしたか?何気なく出席している結婚式も、この3つのオキテを実行すれば運命的な出会いの場に変わるかもしれません!

「出会いがない」なんてもう言わせません。次に控える結婚式が素敵な出会いの場になることを祈っています!(私も頑張ります!)(ます子)

 

 

【あわせて読みたい】

※ダメ、絶対!独身女子が結婚式の誘いを断っちゃいけない理由

※これで恋人できました!アラサーで出会えた人がまずやったこと7つ

※男性の70%が女子に声をかけたい願望あり!二次会で男ゴコロをつかむ必殺技

※5年音信不通の友人から結婚式に招待されたら…行く?行かない?

※プロに聞いた!知らないの?その結婚式マナー、間違ってますよ!