夏の腹痛に冷や汗!急な“おなかの不調”に襲われて困る場所ランキング3

猛暑猛暑と言われる今年。地域によっては、35度を超える日もありますが、そんな日に、ついつい増えてしまうのが「冷たい飲み物や食べ物」ですよね。

大幸薬品株式会社が「夏におなかの不調を起こしやすい」男女400名(15歳~49歳)を対象に調査。その結果、多くの方が「夏は“下痢”のリスクが高い」と考えていることが判明!

夏,腹痛,下痢

さらに、調査対象の81%が「夏は他の季節よりも“下痢”の原因となる『誘惑』に負けやすい」と回答しています。その『誘惑』の原因になっているのは、やはり“冷たいアレやコレ”。

1位……冷たいジュース(78%)
2位……冷たいスイーツ(アイスやかき氷)(76%)
3位……冷たいコーヒーや紅茶(71%)

分かっていても、この暑さ。仕方ない……とはいえ、おなかが弱い人にとっては大問題です。

ちなみに、性年代別で比較すると、10代男性の68%が「扇風機をつけて寝ていたこと」を挙げています。また、20代女性の76%は「エアコンの効いたオフィスにいること」、40代男性の64%は「ビールなどアルコールの摂取」など、他の年代と比較すると高い傾向が。

つまり、冷たい飲み物や食べ物以外にも、おなかに不調が起こる原因が、夏は多いということですよね。

ただ、自宅にいれば急な事態にもすぐ対応できるのですが、外出先となると……ああ、考えただけでも恐ろしい!!

そこで、「夏の下痢」を起こしやすい人に、どんなシーンで下痢になったら嫌だと思うかを調査。その結果がこちらです。

1位……海・プール(82%)
2位……移動中の乗り物内(79%)
3位……通勤途中の電車内(77%)

トイレの場所まで離れている(もしくはトイレがすぐに見つからない)、閉じ込められた空間からすぐに出られない……。いますぐ便座に座り込みたいという緊急事態が、ますます状況を悪化させるのが容易に想像できますよね。これはまさに夏の恐怖体験です。

具体的には「海でかき氷を食べてすぐ海に入って、おなかをこわし下痢になった」(19歳・男性)、「花火大会の際に下痢になり、長蛇の列でなかなか進まなかった」(44歳・男性)という体験談も。これでは、楽しいはずの外出が一気に思い出したくないツライ思い出になってしまいますね……。

最後に、「私ちょっと不安」という方は、ご自身の“ゲリスク”チェックを。

▼「夏のゲリスク診断」
http://twitter-seirogan.jp/gerisk

*ゲリスク→“下痢の原因=ゲリスク”

備えあれば患いなし。夏におなかをこわしてしまいがちな方、冷たい物が控えめに……そして対策も万全に夏を乗り切ってくださいね。(さとうのりこ)

 

【あわせて読みたい】

※渋滞中…猛烈な尿意!トイレなし!おしっこをガマンする科学的な方法があった

※指をアソコに入れるだけで、しゃっくりがびっくりするほどすぐ止まる!

※女子のトイレはなんで長い?トイレの個室でしていることベスト3

※体がダル重!胃腸の調子が悪い!…そんな「腸疲れ」回復法

※痛いだけじゃない!生理中の女子あるある【女子の本音】