4割の男性が経験あり!好きな女性に冷たい態度をとる理由4つ

好きな女性に冷たい態度をとる理由4つ

恋愛にすれ違いはつきもの。気持ちとは裏腹に、照れ隠しから冷たい態度をとってしまったり、逆にそっけなくあしらわれてしまったなんて経験、あるのでは?

そのちょっとしたすれ違いが原因でダメになった恋愛があるという人も多いはず。

実は恋愛・婚活マッチングサービス「pairs(ペアーズ)」が、男性会員2,515名に取ったアンケートによると、「気になる女性に思わず冷たい態度をとってしまった経験がある」という人は39.8%いることが判明。予想以上に多いことがわかったのです。

カップル,喧嘩,冷たい態度,落ち込む
(C)Shutterstock

ではなぜ男性は気になる女性に冷たい態度をとってしまうのでしょう?

気持ちをストレートにぶつけるタイプの私からすれば、「好きな子に冷たくするなんて小学生みたい!」なんて思ってしまいますが……(笑)、実はそこには男性ならではのきちんとした理由があったのです。ではさっそく詳しく内容をみていきましょう!!

 

好きな子に冷たい態度をする理由1:照れ隠しの裏返し

年齢を重ねるにつれて、いろんな形での対人関係を学び、多少「照れ」があっても相手と上手に接することができるようになるもの。とはいえ、やはり「恋愛感情」があると思うようにはいかないようです。

  • 「自分の気持ちを知られるのが恥ずかしい」(40代前半男性)
  • 「イタズラをあえてしたことがある」(20代後半男性)
  • 「恥ずかしさにフタをするため」(20代後半男性)
  • 「緊張とボロが出そうなカッコ悪さを敢えてクールっぽく見せた客観的な印象にします」(30代後半男性)
  • 「恥ずかしいとか周りからの視線を避けたいため。」(30代後半男性)

好きな子に冷たい態度をする理由2:実はかまって欲しい

この方法は女性がよく使うパターン!? 恋愛の駆け引きの一種ではありますが、勘違いさせやすいのも事実。でも挑発やそっけない態度で女性に気にされたいと思っている男性って意外と多いんですね。女性は、男性が放つかまって欲しいオーラを見抜く力を身につけないといけませんね!

  • 「軽い気持ちの挑発で相手してもらいたい」(20代前半男性)
  • 「冷たくすることで、こっちを気にしてくれないかなと」(40代前半男性)
  • 「振り向いて欲しい、甘えたいという気持ちから」(50代前半男性)
  • 「突然そっけなくして自分に関心を持って欲しいので」(30代前半男性)
  • 「こちらを向いてほしいから駆け引きします」(50代後半男性)

 


好きな子に冷たい態度をする理由3:好きな気持ちを悟られたくないから

自分の気持ちを伝えたいと思っている人もいれば、まだ自分の中で気持ちの整理ができずにその気持ちを隠したいと思っている人もいるみたい。気持ちを悟られたくないのは、プライドが高い男性ならではの複雑な男ゴコロなのかもしれませんね!

  • 「自分の中でも整理がつかず、その時点ではまだ気付かれたくないのだと思う」(20代後半男性)
  • 「意識してるのを悟られまいとする変なプライドかと」(40代前半男性)
  • 「立場を優位にするため。好きだと思われたら不利だと思う」(20代後半男性)
  • 「気になっていることを、隠すため」(30代後半男性)
  • 「気になってることを知られたくない」(30代前半男性)

好きな子に冷たい態度をする理由4:嫉妬してしまうから

好きな気持ちが高まれば高まるほど生まれてくるのが嫉妬心。男性は意外とヤキモチ焼き。嫉妬心によって相手に冷たくしてしまうという人が多いようです!

  • 「やきもちだったり周りの人間に気づかれたくなかった」(40代前半男性)
  • 「どうせ他の人からも言い寄られてるんやろ?っていう嫉妬心だと思います」(20代後半男性)
  • 「不安や嫉妬で素直になれません」(20代後半男性)
  • 「他の人と話しているのを見ていらだって」(20代前半男性)
  • 「どうしようもなくモヤモヤして勢いで……」(20代後半男性)

 


【まとめ】

こうしてみると、男ゴコロって意外と難しいもの!! もし気になる男性からの冷たい態度を受けたとしても、1度や2度ならあきらめる必要はないのかも。むしろ「照れ隠し」や「嫉妬」からの態度で「脈あり!」ってことも!! そんなときは、自分から歩みよる姿勢をもつことが大切かもしれませんね!!(いしかわちえ)

情報提供元:pairs(ペアーズ)