【婚活のプロは語る1】「結婚できる人」と「できない人」の違いは●●にあった!

◆「笑顔で人の目を見て話す」ができない人は、なかなか結婚できない!

婚活を成功させるためになにより大切なのは「出会ったときの第一印象」。これがダメだと、その後も悪い印象になってしまうことが多いです。

いい第一印象を残すには、「話がうまくできるかできないか」よりも「笑顔で相手の目を見て話せるか」が超重要。これができるかできないかでかなり印象は変わります。ちょっと恥ずかしくても、最初の挨拶のときは笑顔で目を見る! 下を向いていられると「なんかしちゃった?」と、相手は不安に思ってしまいます。

 

◆小さいこだわりが譲れない人は、なかなか結婚できない!

結婚相手は、一緒に住んで、長く人生をともにしていく存在……。だからこそ、「靴下を脱ぎっぱなしの人は無理」「トイレットペーパーのちぎり方が雑な人は絶対嫌」など、生活していくうえでのたわいもない「ちょっとしたイラッ」という地雷が無意識のうちにたくさんあり、それがあるともう許せない……という人は、結婚が遠のく傾向に。

その「イラッ」は、本当に「絶対許せない」ものですか? 本当に「向こうが絶対に変わることのない」ものですか? もし現時点でそうであったとしても、今後変わる可能性があるならば、その「イラッ」で「この人無理!」となるのは、自分から機会を遠ざけています。

 

◆悪いところばっかり見てしまう人はなかなか結婚できない!

人間ですから、「100%すべてが素晴らしい人」は、いません。

それぞれ嫌なところも持っているけれど、「嫌なところがあっても、こういうポイントが素敵!」と言える人はやっぱり結婚しやすい傾向にあります。

悪い面が見えるとそればかり気になってしまう……という人は、例えば

「やたらと細かいところが嫌=細かいところまできちんとしている」
「のんびりしすぎている=一緒にいるとゆったりした気分になれるかも」

など、気になるポイントをいい方向にとらえられないかを柔軟に考えてみましょう。

人を見るときは「減点」ではなく「加点」。デートのときも「こんなことされたから絶対NG!」と決めつけるのではなく、「こんないいところがあったな」ということを何よりも考えるようにしましょう。

 

◆「結婚したら長い目でどうなるか」を考えられない人は、なかなか結婚できない!

例えば、「送ったメールに、すぐ返事をくれる人じゃないと嫌!」という女性、結構いますよね。でも、付き合っているときは「自分からメールをする→すぐ返事が来る→またそれにすぐ返事をする」という流れでいいにしても、結婚して長く生活を送る……となると、それが続くのは結構な負担。

「結婚したら正直重要でもない要素」を、「でもいまこうじゃなきゃ嫌!」という理由で重視してしまう方は、なかなか結婚できない傾向に……。

余談ですが私、お話をうかがって書いているうちに、自分に当てはまりすぎて死ぬかと思いました。

さて、結婚して一緒にやっていくのに、なによりも大事な「性格の相性、フィーリング」。それはやっぱり会話をして、コミュニケーションを積み重ねていきながら見ていくものです。

次回は「出会ってから結婚に結び付けるための会話術」をご紹介します!(後藤香織)

 

★2回目はコチラ→ 【婚活のプロは語る2】「結婚できない人」が会話で使いがちな言葉は「●●」!

★3回目はコチラ→ 【婚活のプロは語る3】衝撃!男は9割ビジュアルで女を選ぶ…だから結婚できる服は○○

大反響!【婚活調査】シリーズ

★【婚活調査】結婚するなら低身長の年収1000万?高身長の400万?女子の8割が選んだのは…?

★【婚活調査】結婚するなら料理上手なブス?料理下手な美女?男性の過半数が選んだのは…?

 

★なかなか結婚できないアラサー女子にありがちな、4つの特徴

 

【あわせて読みたい】

※【婚活のプロは語る2】「結婚できない人」が会話で使いがちな言葉は「●●」!

※既婚者男女に聞いた「こんな相手とは結婚してはダメ!」2位は浪費癖がある…では1位は?

※これが結婚の決め手!「元カノと妻」の違いを既婚男性100名に聞いてみた

※女子必見!結婚を短期決戦で決めたい人が持つべき3つの「○○力」

※男子ドン引き!「このコは対象外だな…」ランキング、1位は○○が汚い女子!