意外な理由が原因!?胸にできたプツプツニキビの治し方

胸にできたニキビは意外な理由は原因?治し方を医師に聞いてみた


(c)Shutterstock.com

赤くポツポツと目立つ胸ニキビ。「いつまで経っても治らない」という方こそ、見直して欲しいのが“過剰なケア”と“こすれ”。今回はしつこい胸ニキビの原因と、対処法をご紹介します。

なぜ胸にニキビができやすい?

(c)Shutterstock.com

胸だけでなく背中などは特に衣類などでこすれが起きやすいパーツです。また、あかすりやスクラブで肌を必要以上にこすったり刺激を与えると、逆に乾燥し皮脂分泌が増加。体はそれを守ろうする働きで、角質がさらに厚くなりニキビができやすい肌になってしまいます。まさに、悪循環スパイラル。胸や背中のニキビがなかなか治りづらいという方は、過剰なケアをしていないか今一度見直してみて。

胸ニキビの治し方

色素沈着して茶色くなってしまっている場合は、ピーリングが効果的。美容クリニックで行うピーリングには、肌を再生させる効果が高く回数を重ねることで治りも早くなります。また、それに加え、内側からのアプローチも忘れずに。ニキビに効果的なビタミンCを服用することで、ニキビを根本からできにくい肌に。

胸ニキビの予防法


(c)Shutterstock.com

日頃のケアでニキビができづらい体に。胸ニキビが気になる方は、ぜひ今日からトライしてみて!

ぬるま湯で洗い流す

高温のシャワーを使っている方は要注意。熱いお湯で体を洗うと皮脂を落としすぎてしまい、肌がカラカラの乾燥状態に。体を洗うときは38℃程度のぬるま湯がベストです。ボディタオルやブラシなどは刺激が強すぎるのでNG。ニキビができやすい方は使用を控えましょう。

内服薬で皮脂をコントロール

ニキビ予防として代表的なビタミンCは、皮脂を抑制する効果が。ニキビ治療で使われる代表的な内服薬は、シナールやハイチオール。

保湿

乾燥していると肌のバリアは弱く、防御反応として角層が厚くなって毛穴が詰まりニキビが出やすくなることも。ニキビ=オイリーなイメージがありますが、それは思春期までの話。大人ニキビの予防には、ターンオーバーを正常に働かせるために顔同様、体にも保湿をしっかり行いましょう。

教えてくれたのは……THE ONE.院長 上原恵理先生

THE ONE院長 上原 恵理氏。日本形成外科学会認定専門医・美容外科医・美容皮膚科医。積み上げた確かな技術と実績で、数多くの患者様から信頼を得ている。また、医師として正しいホームケアと美容医療の情報をSNSで発信。現在、正しい美容知識の普及のため、メディア、執筆、商品開発など幅広い分野に活動の場を広げている。
構成/齋藤奈々

あわせて読みたい