愛されたい症候群になってない?愛を求めてしまう理由と愛される女性になる方法

愛されたい症候群になってない?愛を求めてしまう理由と愛される女性になる方法

(c)shutterstock.com

誰だって周りの人から愛されたいなと感じることはありますよね。ですがそれが強すぎると愛されたい症候群になってしまうかも! 今回は愛されたいと感じやすい人の特徴や愛されているか不安になる瞬間をご紹介します。また愛される人になるポイントも解説するので参考にしてみてくださいね♡

 

 

もしかして愛されたい症候群?愛されてるか不安になる人の特徴

愛されたい気持ちが強くて相手を試してしまう……それは愛されたい症候群になっているかも。愛されているか不安になるのは何故なのでしょうか?

 

自分に自信がない

自分で自分のことを好きでいられない人は、誰かから愛してもらわないと不安に感じてしまいます。「自分はこのままで大丈夫」という安心感がたりないのでしょうね。

 

相手の愛情が信じられない

性格もしくは過去の恋愛のトラウマなどから、相手の愛情が信じられなくなってしまうという人もいます。相手がどんなに「愛してるよ」と言ってくれても、その言葉が信じられないのです。これって悲しいことですよね。

 

寂しがり屋

寂しがり屋な人も愛されたいと強く望む傾向が。愛されたいというよりは、構ってもらいたいという感情の方が強いのかもしれません。とにかく誰かが一緒にいて、相手をしてくれないと寂しくて死んじゃいそうになるのです。

 

 


愛したい派と愛されたい派、多いのは?

愛されるのと愛するのなら、どちらの気持ちが強い人が多いのでしょうか? 20~30代女性に行ったアンケート結果を見てみましょう。

【グラフ】愛したいor愛されたい

愛したい…23%
愛されたい…77%

 

「愛したい派」と「愛されたい派」がそれぞれどのくらいいるのかを調査! 「あなたと恋人の愛情の量を比べたときに、あなたの「愛したい」気持ちのほうが強いですか?それとも相手から「愛されたい」気持ちのほうが強いですか?」と質問したところ、23%の人が「愛したい」、77%の人が「愛されたい」と回答しました。

このアンケート結果からは、「愛されたい派」が多いことがわかりますね! 

 


愛されたい人たちの理由

全体の傾向がわかったところで、気になるのはやっぱりその理由。そこでお次は、「愛されたい派」を選んだ理由について詳しく伺ってみました! まずは「愛したい派」からご紹介します。

■安心するから

「安心するから」(複数回答)

「離れていくという不安がない」(32歳・専門職)

「愛したい気持ちもあるけど、愛されたほうが気持ち的に安心する」(20歳・フリーター)

「相手が自分のことを好きでいてくれている」という事実は、何にも代えがたい安心感に直結しますよね。「好きと思われなくなったらどうしよう」という悩みが尽きることはないようですが、追いかける恋愛に比べるとその頻度やレベルは格段に小さいようです。

■楽だから

「楽だから」(複数回答)

「何でも許してくれるし楽だから。自分が重くならないで済む」(24歳・会社員)

「自分の愛より彼の愛が大きいほうが、甘やかされて楽だから」(23歳・専門職)

「追いかける恋愛独特の気苦労をしなくて良い」という声が多く寄せられました。また、愛されたい派の人には「甘やかされたい」と思う人が多い傾向があるようです。

■愛する派はつらいから

「自分から愛すると疲れることが多い」(52歳・会社員)

「自分から追いかける恋愛は疲れる」(30歳・専門職)

「自分ばかり相手を愛していても、辛くなるから」(20歳・大学生)

愛されたい派の人は、追いかける恋愛にネガティブなイメージをもっているよう。こちらばかりが相手を好きでは疲れてしまうし、不安になってしまいますよね。相手の気持ちがなかなかこちらにこない場面を想像すると、「愛される派のほうが良い」と感じるようです。


彼氏に愛されてるか不安になる人の割合と瞬間

彼氏がいても愛されているか不安になる女性は多いのでしょうか?

Q.「彼に愛されていないのでは」と思う瞬間が…

よくある…16%
たまにある…29%
ほとんどない…55%

「ないです!」と胸を張って言える人もいますが、45%の人は不安に感じたことがあるようですね。愛という形がないものは、相手に見せてもらうことができないので、不安になっても仕方がないのかもしれません。

 

「愛されていないのでは?」と不安になる瞬間

どんなときに、愛されてないかもと感じてしまうのでしょうか。

連絡がないとき

「返信がないとき」(回答多数)
「寝落ち電話を断られた時」(21歳・学生)
「LINEの返信が1日来ないとき」(33歳・会社員)
「LINEの態度が、気に食わないとき」(31歳・無職)
「お互い忙しく連絡がとれない時」(30歳・会社員)

 

素っ気ない態度をとられたとき

「興味無さそう」「そっけない態度」「冷たいとき」(回答多数)
「話をよく聞いていない」(36歳・専業主婦)
「一緒にいるのにずっとゲームしてるとき」(31歳・派遣社員)
「ゲーム優先されたり、あまり相手にされない時」(21歳・学生)
「私が不安がってる時も話を聞かず心配してくれない」(37歳・パート)

 

スキンシップがないとき

「戯れてくれない」(30歳・派遣社員)
「スキンシップを相手から要求されない時」(17歳・学生)
「スキンシップがなかったり甘えてくれないとき」(33歳・会社員)

 

勝手に不安になる

「自分が勝手に不安になってる」(25歳・会社員)
「自分のことを考えてくれているのかなと不安になる」(28歳・パート)

 

「愛されているのかな?」と思っても、なかなか「愛してる?」とは聞きづらいという女性もいそうですね。あまり頻繁に聞くと嫌われてしまいそうで怖いことも……。とはいえ、あまりに不安ならば素直に聞く勇気も必要かもしれませんよ。

 

 


愛されたい人がなるべき愛されキャラの特徴【性格編】

では「愛されたい!」と強く感じている人のために、いるだけで周りをパッと明るくするような愛されキャラの特徴をご紹介します。

  • ポジティブで前向き
  • 笑顔
  • 誰にでも平等
  • 品がある
  • おおらかな雰囲気

とにかくまずは笑顔から始めてみましょう。不安な気持ちやネガティブな気持ちが湧き上がってきても、なるべく笑顔を絶やさずに。そしていつでも余裕のある態度でゆったりと過ごすことで、周りの人を癒す存在になれますよ。

 


愛されたい人がなるべき愛されキャラの特徴【行動編】

続いては、愛されキャラの行動についてみてみましょう!

  • 話し上手
  • 相手の話をよく聞く
  • 気遣いができる
  • 褒め上手
  • マナーを守る

行動の面では、会話が重要なポイントになりそうですね。相手の話をよく聞きつつ、自分も話ができるように日ごろから引き出しを多く作っておくといいかもしれません。褒められる部分を見つけたらすかさず褒めるのも重要ですよ。

 


彼氏から愛される女性になるポイント

最後に、いちばん愛されたい人から愛される女性になるポイントをご紹介します。

自分磨きを怠らない

現状に満足せず、彼氏が自慢できるような女性になるために自分磨きをし続けましょう。常に目標に向かって努力している姿は、健気で魅力的ですよ。

 

嘘をつかない・約束を守る

当然のことかもしれませんが、彼氏との信頼関係を崩さないために、嘘をつかない・約束を守るなどのモラルを持つことも重要です。

 

記念日やイベントを大事にする

記念日やイベントはふたりの愛情を再確認するのにもってこいのタイミング。この機会を逃す手はありません。普段はなかなか会えなくても、こういう日だけは確実に会えるように調整してみてくださいね。

 

好きなものを覚えておく

自分の好きなものを相手が覚えていてくれたら嬉しいですよね。逆も然り。相手が好きなものを覚えておき、何かあったときにはプレゼントを贈るのもいい方法です。

 

労りの言葉をおくる

仕事で疲れていそうだなと思ったら、労わりの言葉をかけてみて。絶妙なタイミングで「大丈夫?」「無理しないでね」などと言ってくれる彼女を、手放したくなる男性はいません。

 

自分の機嫌は自分でとる

愛されたいからといって、相手が愛してくれないと不機嫌になるのはNGです。相手の愛情を感じられなくて不安なら、もっと大きな愛情を相手に与えようと考えましょう。いつも笑っている彼女に癒されている彼氏は多いものです。

 


【まとめ】

「愛されたい」という欲求は誰もが持っているものです。ですが、あまりにその気持ちが強すぎると、相手に負担を与えてしまうこともあります。「愛されたい」のであれば、まずは自分から愛される人になる努力をしてみて♡ そうやって頑張っていれば、自信もついてそれほど愛されることを求めなくなるかもしれませんよ。