ショルダーバッグのおすすめコーデ39選|ヴィンテージ・巾着・PVCなど

ショルダーバッグを合わせる季節別おすすめコーデ

ショダーバッグをプラスした、季節別のトレンドスタイルを大特集! ヴィンテージ風のデザインやPVC素材など、バリエも豊富なショルダーバッグは、トレンドコーデに欠かせないキーアイテム♡ 春夏秋冬のシーズンごとに、おすすめの着こなしを紹介します♡

【目次】
ショルダーバッグの春コーデ
ショルダーバッグの夏コーデ
ショルダーバッグの秋コーデ
ショルダーバッグの冬コーデ

ショルダーバッグの春コーデ


【1】ショルダーバッグ×ベージュブラウス×花柄スカート

最後は!気になるあのブランドのココだけ♡BLOUSENews『大好きブランドから憧れブランドまで、もっともっと知りたい2020・春のブラウスNewsをダメ押しでご紹介します!』

クール派も着られるシャツブラウスは、コーデュロイ素材が透けているようなシアー感がおしゃれ♡ レトロ感のある花柄スカートやショルダーバッグをプラスして、こなれ感抜群の今っぽコーデを完成させて。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/バックグラウンズファクトリー 構成/浜田麻衣

【2】ショルダーバッグ×Gジャン×ブルーブラウス×白スカート

シアーブラウス×Gジャンを白スカートで女の子らしくコーディネート♡ 清涼感バツグンの空色コーデで理想の〝フェミカジ〟が完成します!

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ショルダーバッグ×ブルーワンピース×ボーダーカットソー

ボーダートップスにくすみブルーのジャンパースカートを合わせた春色コーデ。ブラウンのPVCバッグを締め色代わりに、着こなしにメリハリを効かせて。

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】ショルダーバッグ×黒アウター×白オーバーオール

ゆるっとラフに着たい白のオーバーオールをほんのり女の子らしく♡ リラクシーなシルエットなどボーイッシュなアイテムだから、×タンクで肌をチラ見せして女っぽさを忘れないのがルール。

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ショルダーバッグ×チェック柄ジャケット×白タートルネック×ベージュパンツ

トレンドのジャケットはギンガムチェックで遊びゴコロをプラス。インナーのタートルニットで上半身をメンズ風に着こなす分、ボトムはミニスカート×ロングブーツの肌見せで抜け感を。

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ショルダーバッグ×黒ブラウス×ラベンダーパンツ

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

カラーボトムをきれいめに着こなすなら、ハイウエスト&センタープレスがオススメ。合わせるトップスは、今年っぽい黒ブラウスでシックに締めて。モノトーンでまとめれば通勤シーンにも間違いない! 

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【7】ショルダーバッグ×ブラウンシャツ×白インナー×ベージュパンツ

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

CPOシャツ×ワイドパンツのオーバーサイズコーデも、あいまいなベージュのワントーンならエモさ抜群。エコスエード×リネンで立体感を加えつつ春仕様にアップデート。 

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【8】ショルダーバッグ×ブラウンカーディガン×白インナー×黒パンツ

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

レイヤードするアイテム次第で表情が変わるカシュクールニット。リラックス気分の休日は、×白タンクでこなれた雰囲気に! ブラウン~黒のコーデに春らしい軽やかさも加わって一石二鳥♡ 

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【9】ショルダーバッグ×白ブラウス×ベージュパンツ

エモかわガーリーあやみのエモフェミ7days

きちんとトレンチの下は、ショーパンコーデでフレッシュな春スタイルを満喫♡ シアートップス×ショーパンのベージュを基調にした色選びが、大人っぽくまとまるポイント!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【10】ショルダーバッグ×チェック柄セットアップ

エモフェミニンをつくる、10Keywords『Keywords4 きちんと×肌見せのギャップがエモい♡』

かっちりジャケットとの組み合わせだから、ショーパンで肌見せしても品のよさが漂います♪ インナーもベージュでまろやかにまとめて、よりフェミニンに着こなして。バッグは黒のスクエアタイプでぐっと大人に引き締めて。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

ショルダーバッグの夏コーデ


【1】ショルダーバッグ×黒ノースリーブ×ストライプパンツ

きちんと感も程よく欲しいなら、ヘルシーな肌見せができるノースリ×パンツコーデがオススメ。ほんのりマリンなストライプ柄に黒トップスを効かせて、都会派のアラビーコーデを楽しんで。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ショルダーバッグ×グレーTシャツ×ピンクカーディガン×ピンクパンツ

ブラウンとグレーの中間色のようなTシャツに、ピンク系のカーデとパンツを合わせた大人カジュアル。肌映りのいいニュアンスカラーでまとめた着こなしが、おしゃれ上級者っぽい印象です♡ 小物は首元の柄スカーフとフューシャピンクのミニBAGで、曖昧カラーのコーデにメリハリを。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【3】ショルダーバッグ×白ジャケット×グレータンクトップ×黒パンツ

スキニーだけどピタピタしすぎず、程よいフィット感のあるブラックデニム。ゆるっと肩を落として着るBIGジャケット合わせなら、さりげない肌見せで女っぽさもプラスできます♡ 上半身のちょっぴりオーバーなサイズ感と、デニムのシュッとしたフォルムとのギャップでスタイルUPも。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/小室安未 撮影協力/tokyobike 構成/浜田麻衣

【4】ショルダーバッグ×ベージュジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ

今年っぽいジャケパンコーデは、旬のブラウン〜ベージュのグラデで感度高めに。ワントーンが落ち着きすぎないように、ジャケットの中にプリントTシャツを仕込んで、ラフなニュアンスを加えるのがポイントです。斜めがけのバッグやパイソン柄のぺたんこ靴で、動きやすさもばっちり!

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ショルダーバッグ×ボーダーカットソー×ベージュパンツ

ボーダーカットソー×ベージュパンツで、パリっぽい着こなしに。ベーシックなアイテム同士を組み合わせるときは、大ぶりピアスや斜めがけバッグなど小物を盛るのが基本です♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋) 構成/石黒千晶

【6】ショルダーバッグ×黒タンクトップ×ベージュパンツ

パリジェンヌをイメージした、カジュアルだけど色気のあるスタイル。女っぽい黒の肌見せニットを、ベージュのワークパンツでカジュアルダウンさせるのがポイントです。ママから譲り受けたようなヴィンテージっぽいバッグとサングラスで、今っぽカジュアルを完成させて。

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【7】ショルダーバッグ×グリーンワンピース

女性らしくて品があって、さらにスタイルよく見せてくれるヒールパンプスはレディスタイルに必要不可欠! 大人シンプルなAラインワンピは、ギンガムチェックのパンプスでほんのりと甘さを盛って。ピンヒールなら女っぽさもプラスできます♡

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ショルダーバッグ×ブラウンニット×ブラウンロンパース

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

二の腕はすっきり見せつつ、脚はしっかり隠す! メリハリのある肌見せが絶妙なモテ♡バランスに。ワンショルダーのロンパースにノースリニットを合わせて、肌の抜け感を作ることでロンパースでも女っぽさがkeepできます。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ショルダーバッグ×チェック柄ワンピース

ウエストのくびれ感がツボ!

どこか懐かしいノスタルジックなチェックワンピは、今年っぽい小物合わせがおしゃれのカギ! 差し色の華奢サンダルでほんのり女らしさも盛りつつ、トレンドのロープバッグやキャップで鮮度のある着こなしに。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ショルダーバッグ×白スエット×黒スカート

素材にもこだわりアリ!

スエットに合わせたのは、落ち感のあるフレアシルエットと控えめな光沢がちょうどいい、トレンドど真ん中のサテンスカート。清潔感のある白スエットは、きれいめなスカートに合わせられるのでカジュアルMIXにとても便利。ヌーディなヒールサンダルをプラスして、抜け感も季節感もばっちりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ショルダーバッグの秋コーデ


【1】ショルダーバッグ×ブルーニットワンピース

04[たゆ~ん袖ワンピース]『手元の仕草をきれいに見せてくれて、たゆ〜んと揺れるたび色っぽい余韻を残すボリューム袖。今季はバリエ豊富に登場しているワンピで取り入れて、女らしさ増し増しで着よ♡』

ゆるっとシルエットが親しみやすくてやさしげなニットワンピ♡ たゆ〜ん袖のやわらかさが際立つ淡いブルーグレーに、同系色の小物を合わせるなじませ配色が今っぽい。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ショルダーバッグ×黒ニット×グレースカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

黒とグレーでまとめたスパイシーコーデに、ゆるふわニットでやさしさをプラス♡ アラン編みニットやてろりんスカートなど、かわいげのあるデザインもダークな配色をまろやかに見せるコツなんです。首元の肌感をよりアピールするなら、ちょい長めのミドル丈ブーツで脚の露出を控えるのが得策です。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ショルダーバッグ×ブラウンニット×ブルースカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

胸元が開いたざっくりニットで目指したいのは、肩ひじ張らないエフォートレスな色気♡ カジュアルになりすぎないよう、サテン素材のスリムフレアスカートであくまできれいめにまとめて。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】ショルダーバッグ×白ジャケット×テラコッタキャミソール×ブラウンスカート

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

立体感のあるコーデュロイシャツには、軽やかなキャミワンピがお似合い。旬のブラウングラデで、気張らない女らしさをゲットして。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】ショルダーバッグ×ピンクニット×ピンクスカート

何度も恋するひと目惚れピンク『きっと物心ついた頃から無条件に「好き」。そんな惹かれ続ける色だから、今に合わせたアップデートを。こなれ感のあるくすみフィルターをかけたダスティピンクなら、甘すぎない大人のかわいさに着地。』

甘くて女の子らしいピンクコーデは、トーンをそろえるだけで品よくまとまる♡ さらにⅠラインを強調したシルエットも大人見えにひと役。ふっくらしたニットにツイードスカート、秋素材同士で季節感が深まります。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ショルダーバッグ×白ニット×白スカート

曖昧さが心地いいニュアンスグレー『ベーシックカラーも、この秋ははっきりしないトーンが旬。白やベージュを含んだソフトな印象のニュアンスグレーなら、大人っぽさ、上品さ、フェミニンさ…どんなイメージだってものにできる。』

限りなく白に近いアイスグレーのニットは、白のスカートを合わせた透明感のある配色でイノセントなオーラを放って。ケーブル編みのボリューミィな質感も、背中がちらりと見えるレースアップデザインで色っぽい抜け感が叶います。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ショルダーバッグ×白シャツ×黒デニム

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

細すぎず太くもない絶妙なシルエットの黒デニムは、どんなトップスとも合わせやすく脚のラインを出したくない人にもオススメ。ゆるシャツを前だけタックINして、大人の余裕を感じる色っぽコーデを完成させて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【8】ショルダーバッグ×ピンクTシャツ×白パンツ

淡ピンクのTシャツと白パンツとのワントーンコーデは、辛口なライダースジャケットと好バランス。テイストも配色も黒ライダースをONするだけで、グッとモードに引き締まります。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【9】ショルダーバッグ×ブラウンジャケット×オレンジタンクトップ×デニムパンツ

ブラウン~オレンジのヴィンテージっぽいグラデが今っぽい♡ ハイゲージでミニマルなデザインのノースリニットは、Tシャツ感覚で気負わず着られてgoodです。ゴールドアクセの投入でリッチに仕上げて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、ユーゴデノワイエ恵比寿 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【10】ショルダーバッグ×チェック柄ジャケット×白Tシャツ×グリーンパンツ

Gucci

ベージュ系のジャケットにロゴTとグリーンのタックパンツをコーディネート。グッチのシグネチャーのひとつである、ダブルGのディテールが印象的なショルダーバッグで着こなし自体もクラスアップ! ベージュとブラックのバイカラーがレトロムードを高めます。

CanCam2019年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

ショルダーバッグの冬コーデ


【1】ショルダーバッグ×グリーンダウンジャケット×白Tシャツ×黒パンツ

ダウンコートはショート丈&カラーを選べば、むしろ今どきアウターです!『長めボトムともバランスのよいショート丈、かわいめカラーを選べば、ダウンコートはむしろトレンド! あったかい上に洒落感までアピールできちゃう♡』

白T×黒パンツのシンプルコーデにボリューミーなショート丈ダウンをON! 落ち着きのあるグリーンのダウンは大人なハズしとしても重宝♪ 黒のレザーBAGやレオパード靴で辛口に仕上げて。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ショルダーバッグ×ピンクコート×ベージュニットワンピース

マッチングアプリで出会った彼とデート♥アプリ婚活の日 遠目からでもパッと華やぐ カラーコートさえあれば!『リアルでも「いいね♡」を狙うべく、待ち合わせ場所で目に留まりやすく、女のコらしいカラーコートをメインに!中は、ニットのワンピorセットアップで気張りすぎず、でもちゃっかりモテ♪』

冬空に映える、女のコらしいカラーコートをメインに。中はニットワンピで気張りすぎず、でもちゃっかりモテを意識して♪ 華やかなモカピンクのコートは、ヌーディなベージュのニットワンピとも好相性。コートを脱いだら…女っぽい♡のギャップも計算済みです!

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ショルダーバッグ×ブルーニット×花柄スカート

とにかく好感度が欲しい彼ママ訪問の日 爽やか上品なアイスブルーを味方につけて『彼ママも、彼からも!好印象が狙えるアイスブルーアイテム。シンプルデザインを選びつつ、さらにダークカラーとの掛け合わせで、ノーブルに仕上げるとなおよし◎。』

上半身でアイスブルーを取り入れて爽やかな第一印象に。ガーリーな小花柄スカートで、愛らしさもほんのり投入♡ アウターはまろやかなベージュコートでやわらかいトーンをキープして。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ショルダーバッグ×黒ブラウス×白パンツ

今日はパーティのホスト役!黒子だけどおしゃれしたい日 『上品に映えるシックなパンツスタイル華やかさに加え、動きやすさも必須なホスト役。とろみ素材&美シルエットのきれいめパンツが頼りになる♪上半身はレースなど着映えデザインで盛り上げて。バッグは手が空くミニショルダーを指名!』

センシュアルな総レースブラウスをエクリュ色のパンツに合わせた大人モノトーン。上品なセンタープレスのパンツなら、セクシーすぎず色っぽかわいく仕上がります。ハイウエストを選ぶことで腰位置も高く見せましょ♪

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ショルダーバッグ×赤ブラウス×ブラウンパンツ

今日はパーティのホスト役!黒子だけどおしゃれしたい日 『上品に映えるシックなパンツスタイル華やかさに加え、動きやすさも必須なホスト役。とろみ素材&美シルエットのきれいめパンツが頼りになる♪上半身はレースなど着映えデザインで盛り上げて。バッグは手が空くミニショルダーを指名!』

ボルドー&ブラウンでワントーンっぽい大人コーデに。手元が美しく見えるたゆ〜ん袖も女っぽさ抜群です。足元は華奢サンダルで抜け感を加えれば、コーデ全体のすっきり感もアップ!

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ショルダーバッグ×白ブラウス×グリーンパンツ

今日はパーティのホスト役!黒子だけどおしゃれしたい日 『上品に映えるシックなパンツスタイル華やかさに加え、動きやすさも必須なホスト役。とろみ素材&美シルエットのきれいめパンツが頼りになる♪上半身はレースなど着映えデザインで盛り上げて。バッグは手が空くミニショルダーを指名!』

ノーブルなダークグリーンパンツに、大人の余裕が漂うハレの日スタイル♡ きれいなAラインには体型カバー効果もあり。トップスは首元と袖口にプチフリルが付いたスタンドカラーブラウスで、レディな表情をより引き出して。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ショルダーバッグ×ベージュコート×白パーカ×パープルスカート

もこもこ素材であったかわいく♡PROPORTIONBODY DRESSINGのボアコートを着回し!『今季トレンディなコートといえば、ボアコート! カジュアルなイメージが強いけど、優しげなミルキーカラーやオーソドックスなシルエットのものを選べば女性らしく取り入れられて◎。』

流行のふんわりボアコートとフーディの組み合わせ。カジュアル服同士の重ね着は、白で統一してちょいモテを意識♡ リラクシーな着こなしにはベリーカラーのスカートを合わせて、配色を女の子らしくまとめるのがポイントです! 小物は黒で統一してまとまりを。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】ショルダーバッグ×黒コート×黒ニット×花柄スカート

アウター・ニット・小物をダークトーンでまとめつつ、小花柄のミニスカートをコーデのアクセントに投入! 肌見せが抜け感になり、黒コーデを軽やかに見せる着こなしバランスが完成します♡

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/NAYA モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ショルダーバッグ×イエローニット×ブラウンスカート

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

張りのあるチノ素材のフレアスカートは、ふんわりシャギーニットでやわらかな印象で着こなしたい! ワントーンでシックに抑えると老けそうなところを、明るいイエローを顔周りに持ってくることで、フレッシュな印象に見せられる♥ 

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/佐藤彩花  

 

>CanCam.jp TOPに戻る