着こなしの鮮度がUP!キャップのおすすめ夏コーデ7選

キャップで仕上げる最旬スタイルを特集

スポーティなキャップを合わせる、今っぽい夏コーデをピックアップ。トレンドのスポーツMIXを叶える、おすすめの着こなしを紹介します♡

キャップのおすすめ夏コーデ


【1】ブラウンキャップ×ベージュニット×ベージュワンピース

光を受けて上品に輝く、ラメ×ベージュのグラデ配色。キャメルワンピにベージュニットを仕込むこのひと手間が、おしゃれなメリハリを生む秘訣です。あえて色は差さず全身をサンドカラーで統一することで、カジュアルコーデも女性らしくきまります。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【2】ベージュキャップ×ベージュワンピース×デニムパンツ

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

女の子らしいロング丈のタンクワンピも、デニムでカジュアルに着くずすことでリラックス感のあるモテ♡コーデに。デニムやキャップを使ったスポーティな着こなしは、全体を優しげなベージュでまとめると上品さが漂います♪

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】べ-ジュキャップ×クリームワンピース×Gジャン

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

華奢さがアピールできる、オーバーサイズのGジャンがコーデのポイント。ボディラインにつかず離れずのリブニットで女っぽさも妄想させて。 スタイルアップが叶うリブニットのワンピは、ラインをきれい見せてくれる上にいい女感が漂う便利アイテム。キャップやGジャンのストリートな味付けで、ワンピを〝そのままかわいく着ない〟のもこだわりです。

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属)  構成/手塚明菜

【4】べ-ジュキャップ×白タンクトップ×赤オールインワン

ロンパースで投入するリラックス系ボヘスタイル

一枚でインパクト抜群な総柄のオールインワンは、インナーに重ねた白タンクの抜け感がマスト。ストロー素材のキャップや斜めがけバッグでエスニック感をリンクさせながら、ちょっぴりスポーティな味付けを。夏のイベントシーンには、いつもより華やかなお目立ちコーデで差をつけて!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【5】デニムキャップ×水色Tシャツ×白ロングスカート

存在感大のロゴTで爽やかスポーティStyleに

アイスブルーのロゴTは、スカートやサンダルを白でつないでmore爽やかに。『アディダス』のロゴが効いたカジュアルなコーデも、ボトムにタイトスカートを選べば女性らしく決まります。ハイウエストかつキレイなストレートシルエットで、すっきりIラインを強調して。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳(ROI) モデル/阿部桜子  撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【6】グレーキャップ×ラベンダーワンピース×スニーカー

淡いレモンイエローのワンピはスポーティー小物で引き締め!

肌映えするラベンダー色のワンピースは、グレーのキャップやネイビーのスニーカーで引き締めて。ウエストバッグでメリハリを加えることで、ロングワンピがバランスよく着こなせます。

CanCam2018年7月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/伊藤舞子 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/手塚明菜

【7】ブラウンのワークキャップ×イエロータンクトップ×デニムパンツ

旬のスポーツMIXは、ウエストバッグで差をつけて

フレッシュなイエローのショート丈タンクトップで、シンプルなデニムスタイルを夏モード全開に☆ ワークキャップ、スニーカー、ウェストバッグの斜めがけなど、スポーティな小物で「今っぽさ」をトッピングすれば、コーデの鮮度もアップします♡ 白のスニーカーや大ぶりのアクセサリーをプラスしてほんのり女のコらしさも忘れずに!

★【今日のコーデ】セクシー&ヘルシー!ショート丈トップスの着こなし

 

★超定番アイテムは今季もマスト!白Tシャツのおすすめコーデ16選

>>CanCam.jop TOPへ戻る