「すきぴ」「おけまる水産」「わかりみが深い」…10代女子が選ぶ「流行語」がなにやらすごい

「すきぴ」「おけまる水産」「わかりみが深い」…10代女子が選ぶ「流行語」がなにやらすごい


もうはやいことで2018年も終盤です。2018ユーキャン新語・流行語大賞は、カーリング女子日本代表の「そだねー」に決定しましたが、その他にもさまざまなコトバが流行りましたよね。

株式会社マイナビでは「2018年10代女子が選ぶトレンドランキング」を発表しました。13〜19歳の女性519名のアンケート回答を集計した流行った言葉をランキング形式でご紹介します。流行った言葉ランキング

1位 エモい(34.1%)

感情が高まったときや感慨深いとき、なんとも言えない感情を表現するときになど、色々な場面で使われる「エモい」。たとえば、「この写真エモい」「エモい場所」「エモ」などなど。ちなみに「エモい」は、感情的な様や情緒的な様を意味する「emotional(エモーショナル)」の略と言われています。

2位 ○○みが深い(30.8%)

「非常に」「すごく」という意味で使われている。「わかりみが深い」(すごくわかる)、「嬉しみが深い」(すごく嬉しい、非常に嬉しい)など。

3位 ○○まる水産(22.4%)

「あざまる水産」や「おけまる水産」など語尾に使われる。「あざまる」や「おけまる」というコトバと「磯丸水産」というチェーン店の名前が合わさってできたコトバだそうです。

4位 平成最後の〇〇(22%)

2019年5月1日から新元号になるということで、様々なモノに「平成最後の」とつけて使っている。「平成最後の夏」、「平成最後の文化祭」など。

5位 草(20.8%)

「(笑)」と同じ意味で語尾に使われている。「それなに草」

6位 あげみざわ(18.1%)

10代女子に人気のYouTuber「けみお」から生まれたコトバ。テンションが上がっているときや気分が高まっているときに使われる。「自撮りが盛れた~あげみざわ」

6位 しんどい(18.1%)

普段は疲れたときや悲しくて辛いときに使われるが、それ以外にもテンションが上りすぎてどうしようもないときなどにも使われている。「○○くん、かっこよすぎてしんどい」

8位 すきぴ(14.3%)

好きという意味だけでなく、好きなヒトや彼氏を指すコトバとしても使われている。「好き」に語尾をつけたような使い方もするそうです。「このメンツすきぴ」、「私のすきぴ」

9位 〇〇オブ〇〇(11.8%)

ものすごく、最高にという意味で使われている。「可愛いオブ可愛い」

10位 つんだ(10.4%)

全てが終わった、もうダメだという意味で使われている。「スマホ落とした、つんだ」

10代の女の子たちとほぼ交流しなくなった今、聞いたことがない言葉がほとんどでした……。ちょっと前までは、「了解」のことを「り」と言ったり、「宜しく」を「よろ」と言ったり言葉を省略するのが流行っていましたが、今は「あげみざわ」「おけまる水産」「~オブ~」など長く話す言葉が流行しているんですね。みなさんも、ぜひタイミングがあえば使ってみてくださいね、草。(松本美保)

情報提供/マイナビティーンズ

あれ、意外と知らないな…「2018インスタ流行語」あなたはいくつ知ってる?

>CanCam.jp TOPにもどる