定番の黒ニットを今っぽく着るコツは?黒セーターの冬コーデ13選|スカート&パンツの着こなし

黒セーターのレディースコーデを特集

じわじわキテるドット柄は黒を合わせてシックに

黒セーターを合わせる冬の着こなしをピックアップ。ベーシックなアイテムは小物合わせや配色で今っぽく着こなすのが重要! 寒い冬も暖かくおしゃれに過ごせる、おすすめの黒セーターコーデをパンツとスカートのボトム別にご紹介します。

黒セーターのトレンド感ある着こなし方

辛口キレイめ・安未はこの3アイテムで金運UP

ニット素材のトップス「セーター」は、冬コーデに欠かせない定番アイテム。ラフな印象になるデニムコーデも、トップスが黒セーターならシックで大人っぽい印象になります。トレンド感を重視するなら、今年はボトムやアウターにも黒を選ぶモードなオールブラックコーデがおすすめ! ボトムをレザーにするなど、異素材感を取り入れると全身ブラックの着こなしに奥行きが加わります。モノトーンなどシンプルな配色のコーデには、冬ならではのファーバッグや個性的な小物をプラスして一層おしゃれな着こなしに。

  1. デニムと合わせても黒セーターなら大人っぽい着こなしに
  2. アウターやボトムに黒を選ぶとトレンドのオールブラックコーデ
  3. シンプル配色にはファーバッグなど個性的な小物をプラス

★トレンドど真ん中なオールブラックコーデ


パンツスタイルの黒セーターコーデ

【1】黒セーター×デニムパンツ×白ボアジャケット

COTORICA.『リッチに見える素材感とデザイン性に驚く!』

黒ニット×デニムのシンプルコーデは、トレンドアウターで盛る”今っぽさ”がマスト! メンズっぽさがかわいいボアコートでリッチなカジュアルコーデを完成させて♡

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】黒セーター×チェック柄ジャケット×黒バケットハット×デニムパンツ

かわいいカジュアル・菜波はこの3アイテムで恋愛運UP

チェック柄のシャツジャケットをカジュアルに着るならデニムの出番! 子供っぽくならないよう他は黒で引き締めつつ、足元は白ブーツで女っぽさも意識。チェック柄が映えるコーデは冬のお出かけにぴったりです。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】黒セーター×黒ベレー帽×黒レザーパンツ

辛口キレイめ・安未はこの3アイテムで金運UP

トレンドのレザーパンツがあれば、1+1のシンプルな黒コーデもサマになる♡ デコルテがのぞく深めのVネックニットで女っぽさをプラスしたり、黒のベレー帽やスニーカーでちょっぴりモードなアクセントを足しておくと、コーデのおしゃれっぽさがUPします。遊びのある小物使いで親近感のあるオールブラックを完成させて。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】黒セーター×デニムパンツ×白スニーカー

テーマ別に徹底比較♡ 4キャラ別 「○○がテーマの日」私はこう着る!『Q.デニムはくなら?』

透け感が女っぽいトレンドの黒ニットは、定番のブルージーンズで抜け感をプラス♡ 王道のストレートデニム×コンバースで気負わないカジュアルコーデに仕上げればデイリーにすんなりと溶け込みます。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【5】黒セーター×ピンクダウンジャケット×デニムパンツ

美月パステルで優しく、甘く♡

スポーティなショート丈ダウンも可憐なピンクならフェミ派もチャレンジしやすいのでおすすめ。インナーはタートルニットを、ボトムはくすみピンクと相性のいいブルーデニムをすっきり合わせて、上半身のボリュームとメリハリをつけるのがポイントです。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】黒セーター×黒ベレー帽×ピンクパンツ

石川 恋のこの冬のお買いもの

甘めな透け素材も、シックな黒のタートルニットなら取り入れやすくておすすめ。ニットにボリュームがあるので、ボトムは優しいピンク色のカラーパンツでフレッシュに着こなして。ベレー帽で引き締めたりバッグで赤を差して、ピンクにぱっきりとした輪郭をプラスするとコーデにメリハリが生まれます。

CanCam2020年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/坂口勝俊(Sui) モデル/石川恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【7】黒セーター×ベージュコート×白インナー×黒パンツ

リバーコートはカジュアルアイテムでゆるめに着る!

ハンサムなコートの下に、黒タートルと黒パンツのALLブラックコーデを合わせてキレよくおしゃれに。やわらかなベージュコートのまろやかさも相まって、どことなく女らしさも漂います。白Tシャツのレイヤードもさりげないアクセントに。小物はローファーとゼブラ柄のバッグで、カジュアルでこなれたイメージに仕上げて。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/後藤若菜(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

★スタイリストが語る黒アイテムの魅力


黒セーター×スカートの冬コーデ

【1】黒セーター×黒スカート×ブラウンボアコート×黒ブーツ

辛口キレイめ・安未はこの3アイテムで金運UP

上品さをキープさせたい日こそ、やっぱりモノトーンが頼れる! 黒ニット×黒パンツのモノトーンでコートの中をキュッと引き締めると、ボアコートがキレイめな印象にシフトします。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【2】黒セーター×白スカート×白バッグ

細部はこだわってなんぼ! 末端の「あしらい」こそ今っぽく

毛足の長いニットをロングスカートにゆるっと合わせて今っぽいバランスに。大人っぽいレース柄のスカートは黒ニットと黒ブーツでシックに着こなして。

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【3】黒セーター×ベージュスカート×黒コート×グレーファーバッグ

あか抜けてる人は…プチプラ上手

コートの下は黒ニット×ベージュのフレアスカートでフェミニンに。ノーカラーのリバーコートをさらっと羽織ると、大人っぽいムードがぐっと高まります♡ 足元は編み上げブーツで外しを加えて。ファーバッグのミーハー感も落ち着きすぎないポイントです。

CanCam2021年2月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫真梨子 構成/鶴見知香

【4】黒セーター×黒コート×チェック柄スカート×ブルーファーバッグ

テーマ別に徹底比較♡ 4キャラ別 「○○がテーマの日」私はこう着る!『Q.デートへ行くなら?』

黒のタートルニットや黒コートなど甘くなりすぎない「黒」を基調にすれば、チェック柄のミニスカコーデも大人かわいい印象に。今年人気のミニスカートは、トレンドのロングブーツを合わせることで、肌見せ感が抑えられデイリーに活躍します。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【5】黒セーター×ドット柄スカート×黒パンプス

じわじわキテるドット柄は黒を合わせてシックに

レディなドット柄のスカートにシンプルな黒ニットをON! シックな全身ブラックにまとめたいときは、透け感ニットや小ぶりのバッグ、リボン付きのミュールなど、モノトーンでも重くならないパリシックなスタイリングがおすすめです♡

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】黒セーター×白ダウンジャケット×ブルースカート

ダウンコートはショート丈&カラーを選べば、むしろ今どきアウターです!『長めボトムともバランスのよいショート丈、かわいめカラーを選べば、ダウンコートはむしろトレンド! あったかい上に洒落感までアピールできちゃう♡』

カジュアルなダウンジャケットも上品な白を選べば、スカートやブーツ合わせのキレイめコーデにすんなり。黒ニット×ブルースカートのクールな配色も冬らしいシーンに映えます♡

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

★シルエットが美しい黒トップスの着こなし


シンプルな黒セーターは小物合わせでおしゃれ度アップ

黒セーターを取り入れた冬コーデをご紹介しました。シンプルでどんなアイテムとも合わせやすい黒セーターは、トレンドのワントーンコーデにも必須! オールブラックやモノトーン配色など、落ち着いたカラーは存在感のある小物をプラスするとグッとおしゃれに仕上がります。