帽子やブーツ合わせもカギ♡気温14度におすすめの服装【レディースコーデ22選】

トレンド感も防寒も♡気温14度の着こなし例

もこもこボアブルゾンを黒で引き締め!

春や秋に多い気温14度は、薄着をして出かけると朝晩や日陰では肌寒く感じるので要注意。最高気温が14度であれば、10度以下に気温が下がることも想定してアウターやストール、機能性インナーがマスト最低気温14度の日は、日中の最高気温を確認したうえで、長袖トップスに軽いアウターを足すかどうかを見極めて。アウターを着込むほかに、帽子やブーツも上手に使ってさりげない防寒対策をするのもおすすめです。それでは早速、着るものに迷う気温14度のコーディネートを特集します♡

【目次】
最高気温14度の服装
最低気温14度の服装

最高気温14度の服装

【1】ブラウンコート×花柄ワンピース×ベージュパンプス

甘い花柄ワンピにはこっくりブラウンで大人顔に♡

ピンク×ブラウンの花柄ワンピは、大人かわいいストロベリーチョコ配色で今っぽムードに。明るめブラウンのコートをはおれば、たった2枚でトレンドコーデのできあがり。ブラウンの色味がピンクと花柄の甘さを抑えてくれるので、今どきのこなれ感もGETできます。

【2】ベージュコート×ラベンダーニット×ブラウンワイドパンツ

コンパクトなリブニットにハイウエストパンツでスタイルアップ

キレイ色ニット×ワイドパンツの大人コーデに上品なアウターをプラス。清涼感のあるラベンダーのリブニットなら、きちんと感はKeepしつつ顔周りをパッと華やかにしてくれる効果も。ガウンコートをゆるくはおって、今どきな抜け感も意識して。

【3】ベージュニット×ブラウンレーススカート×バイカラーパンプス

ベージュ×ブラウンでシャレ感たっぷりの大人コーデに

ベージュ×ブラウンの配色なら、シンプルな合わせでも大人っぽいシャレ見えコーデに♡ 派手色を使わないからこそ、ケーブル編みやヴィンテージ風レースなどの素材感を盛り込んで表情豊かに仕上げています。ほっこりしがちなざっくりニットには、マーメイドシルエットのスカートで女っぷりをひと盛り。晴れた日中ならざっくりニット+長袖インナーで出かけるのもOKです。

【4】黒キャスケット×黒ニット×レオパード柄スカート×黒ブーツ

ロング丈ニットからレオパード柄ミニスカをチラ見せ♡

マンネリしがちな黒ニットは、×柄ミニスカで着こなしをアップデート! 裾からチラリ、なバランスにするとレオパード柄もかわいく攻略できるんです。ニットをアウトして、ミニスカをゆるっと着るのもこなれ感がUPする秘密。出かけるときは羽織りやストールで防寒対策もぬかりなく。

【5】ベージュボアジャケット×黒スエット×黒スカート

もこもこボアブルゾンを黒で引き締め!

トレンドのボアブルゾンを主役にしたいなら、もこもこのボアのボリュームと甘さを黒コーデでキリリと引き締めるのがおすすめです。バッグやアクセも辛口のものを選べばバランスが取れて◎。ボリュームのあるアウターはコンパクトな黒ミニと合わせれてスタイルよく着こなして。

【6】ベージュコート×白カーディガン×グレーワイドパンツ×黒スニーカー

きちんと見えトラッドスタイルにはスニーカーでこなれ感を

かっちり見えがちなシャツ×トレンチのトラッドスタイルは、スニーカーを投入してこなれ感をプラス。冷える朝晩に備えて持ち歩きたいカーディガンは、コートの上にぐるっと巻くとシャレ感がUPしておすすめです。ブーツ感覚で履けるハイカットコンバースでワイドパンツとのボリューム感も合わせましょ。

【7】白ニット×チェック柄スカート

どこか懐かしさも感じるレース×レースのエモい組み合わせ♡

注目のクロシェレースを投入するなら、濃いめブラウン×ベージュのスカートが取り入れやすい! レース襟のトップスは白を選んで、品よくシンプルに着こなすのがおすすめです。甘めの素材を着こなすときは、色味を減らして糖度をおさえて大人のかわいげを手に入れて。

【8】ベージュワンピース×ベージュバッグ×ブラウンパンプス

やわらかなベージュ×ワッシャープリーツで自然体なかわいげが叶う

プリーツに加えて、たゆ~ん袖やベージュで優しさを高めたワンピースはラフにも着られて重宝。質感のあるワッシャープリーツなら一枚で着ても表情豊かに着こなせます。エクリュやブラウンの小物を散りばめて、洒落っ気たっぷりのワントーンコーデに。同系色のアウターをさらっと羽織れば春のお出かけにピッタリです。

【9】ベージュシャツジャケット×黒インナー×ブルースカート

CPOジャケット×くしゅスカートでトレンド感たっぷりに

CPOジャケット×くしゅスカートでトレンド感たっぷりの着こなしに。スカートの光沢感がカジュアルコーデを上品に仕上げてくれます。寒色を取り入れたいときは、×ブラウンでやわらかさをプラスして。ゆるっとしたバランスも今っぽく着こなせます♡

【10】ベージュトレンチコート×ボーダー柄カットソー×デニムパンツ

ボーダー×トレンチでパリっぽく♡

流行に左右されないベージュトレンチを今っぽく着こなすなら、ロング丈をセレクトするのがオススメ! ボーダーとデニムに合わせてフレンチカジュアルを完成させて。定番の白スニーカーは、すっきりとしたシルエットのものを選んで大人っぽく。白のキレイめBAGをリンクさせれば、きちんと感もキープできます。

【11】ブラウンコート×ブラウンニット×ブラウンスカート×ブルーストール×白ブーツ

人気のノーカラーで通勤コートにこなれ感を

ブラウンのニットを同色のエコレザースカートにIN。親しみやすさときちんと感のバランスが魅力のノーカラーコートは、優しげなブラウンをセレクトすればロング丈でも重厚すぎず軽やかに着こなせます。差し色に大判のストールをざっくり巻いて今っぽさもON。白ブーツの抜け感もポイントです。

【12】イエローコート×ブラウンニット×ドット柄スカート×黒ブーツ

コーデにイエローを効かせてHAPPYオーラをまとって

Aラインシルエットがフェミニンなコートは、なじみやすいライトイエローが今旬。ベージュニットと白スカートを合わせたきれいめグラデ配色で上品さもしっかりキープ。ぼやけた印象にならないように、ブラック小物で美人に引き締めるのも上級テクです。

【13】ベージュジャケット×ベージュカーデ×白スカート×ベージュブーツ

まろやかなワントーンをニットの肩巻きで立体的に

ロゴトップス×ニットスカートに同色のジャケットを投入。旬のワントーンコーデは、締め色をひとつも使わず異素材MIXや肩に巻いたニットでメリハリをつけるのが最旬テク。優しげな配色で仕上げるのが品良くシャレ感を高めるコツなんです。

最低気温14度の服装

【1】ブラウンシャツ×ピンクニット×ベージュパンツ

やわらか素材を投入して夏を先取り

リネンパンツを投入するなら、ダスティなピンクニットとブラウンシャツのくすみワントーンで全身をまとめて。ニュアンスブルーのバッグやシャイニーサンダルなど、モダンな小物使いでピリッと盛り上げるのがおしゃれ見えの秘訣。肌寒いときはシャツを無造作に羽織ってゆるっとリラクシーなコーデに切り替えて。

【2】花柄キャミワンピース×シアーインナー×黒パンプス

キャミワンピで女のコらしい華奢さをアピール

かわいいだけじゃない、繊細でどこか懐かしいエモさが漂うキャミワンピは、合わせるインナー次第で印象がチェンジできるのもいいところ。トレンドの透けトップスに重ねれば、センシュアルな魅力がたっぷり♡ ちょっぴりモードにシフトできるブラックをインナーと靴に選んで、コーデにスパイスを効かせて。

【3】ブラウンリブニット×チェック柄スカート×オレンジサンダル

ブラウンコーデは、柄で遊ぶのがこの春の気分

しなやかな素材が女らしいロングスカートとリブニットは、どこかヴィンテージらしい雰囲気でブラウンコーデの鮮度をUP。柄や色で奥行きを持たせるのが、ワントーンコーデをのっぺり見せないコツなんです。ビタミンカラーのサンダルやスカーフでコーデに春らしい華やかさを加えて。

【4】ピンクジャケットセットアップ×白Tシャツ×白スニーカー

マニッシュなセットアップは、くすみピンクで優しげに

ダブルジャケットのセットアップは、くすんだピンクがトレンド感抜群。シャープな襟などきちんと見えするスタイルには、ロゴTやスニーカーでカジュアルダウンするのがこなれ見えの裏ワザです。白T×白スニーカーなら軽やかさもばっちり。

【5】チェック柄ジャケットセットアップ×黒トップス×白バッグ

春に引き続き大活躍のセットアップはチェック柄で秋らしく

きちんと感のあるダブルブレザーのセットアップは、オフィスでも活躍してくれそうなブリティッシュ調グレンチェック柄。ひざ丈のスカート見えキュロットも注目度高めのアイテムです。トラッド感のあるセットアップには、黒ニットを合わせてハンサムにまとめたい。

【6】赤ニット×黒デニムパンツ×黒パンプス

華やかな赤は大人カジュアルに取り入れて

ざっくり感がかわいい主役ニットには、×デニムとぺたんこ靴のシンプルな合わせが洗練見え。ニットの赤を引き立てるなら、他のアイテムは黒でそろえてシックに着こなすのが◎。足元にほんのり甘いディテールのリボンシューズを合わせれば、カジュアルになりすぎず女のコらしいかわいさもキープできます。

【7】チェック柄ニットワンピース×黒レースアップブーツ×ブラウンバッグ

ニット×チェックのドッキングワンピで秋気分を満喫

ほんのり体のラインが出るレディなニットワンピに、イレヘムのチェック柄ワンピがドッキング。存在感のある不規則なデザインで、モード感のあるコーデが楽しめます。レザーの黒ブーツが辛さを加えるアクセントに!

【8】ブラウンビスチェ×ブラウンシアーインナー×デニムパンツ

トレンドのビスチェは×シアーブラウスが今年流!

ベージュのシアーブラウスに、コーデのアクセントになるスエード風ビスチェをON。スエード素材がカジュアルな中にも上品さを出してくれるから、デニムスタイルも大人っぽく着こなせる! パンプスにもスエードを投入すれば、コーデの統一感もばっちり。

【9】白トップス×ベージュカーディガン×ベージュパンツ×グレーキャスケット

ベージュデニムで大人の上品カジュアルに

トレンドのベージュワントーンは、ニットやパンツなど重ためのアイテムを合わせても軽やかな印象に。カジュアルすぎず程よく甘さを抑えてくれるベージュデニムを軸に、こなれ感たっぷりの大人カジュアルを堪能して。小物はパンプスやスクエアトウのブーツと合わせて品よく仕上げて。