イエベorブルベってどう見分けるの?簡単に診断する方法はコレ!【パーソナルカラー連載2】

▼イエベorブルベってどう見分けるの?簡単に診断する方法はコレ!


もっともっとメイク上手になりたい! パッと垢抜けて可愛くなりたい! そんな願いを叶えてくれる「パーソナルカラー×メイク」のコツをプロに教えて頂くシリーズ、第2回。
前回に引き続き、月間150人超のコンサルティングを手がける人気サロンの経営者、パーソナルカラーのスペシャリスト・三輪詩織さんにお話を伺っていきましょう。

前回は、パーソナルカラーの4つのタイプを教えて頂きました。今回は、その中から自分に似合うグループを見つける具体的なやり方について伺います。ぜひ実践してみてくださいね♪

パーソナルカラー

▼おさらい…「春夏秋冬」パーソナルカラー4つのタイプ


パーソナルカラーでは色を4つのグループに分けて考えます。前回お伝えしたとおり、分類の基準は「色相」「明度(明るいor暗い)」「彩度(鮮やかor穏やか)」「清濁(クリアorソフト)」という、4つの要素です。

パーソナルカラー総合

それぞれのタイプについて、特徴をおさらいしておきましょう。

◆タイプ1「春(Spring)」

春の色

「黄みベース×高明度×高彩度×クリア」の色のグループ。暖かみのある明るい色合いが特徴。花畑のように色とりどりで明るい色合いです。

◆タイプ2「夏(Summer)」

夏の色

「青みベース×高明度×低彩度×ソフト」の色のグループ。柔らかく涼しげな色合い。パステルカラーが代表的です。

◆タイプ3「秋(Autumn)」

秋の色

「黄みベース×低明度×低彩度×ソフト」の色のグループ。深いオレンジカーキや黄み寄りのグリーンといったアースカラーに代表される、比較的大人っぽい色合いです。

◆タイプ4「冬(Winter)」

冬の色

「青みベース×低明度×高彩度×クリア」と、「青みベース×高明度×低彩度(=白にほど近い、アイシーカラー)×クリア」の2種類が存在する色のグループ。ハッキリとした発色が特徴で、コントラストが強めです。

 

▼イエベorブルベのセルフ診断は大変?


パーソナルカラーのセルフチェック法としてよく知られるのは、幾つかのチェック項目に回答していく方法です。肌や瞳の色などでタイプ分けしていくこの手法は、サロンや美容室でプロがパーソナルカラーを診断する際にも、見極めのためのひとつの判断材料として取り入れられています。

もちろんこの方法でセルフチェックできれば問題ありません。ただ、実際に鏡を覗いてみても、自分では「私の肌って黄み? 青み?」「この瞳の色は結局明るいほうなの? 暗いの?」と迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?

「手持ちの服には◯◯色が多いけど、それが本当に似合っているのかどうかはイマイチ分からない(だから診断したいわけで!)」……と迷った挙句、間違った診断を下してしまっては意味がありません。

もうひとつ気をつけたいのが、思い込み。「こうなりたい」という願望や「これは似合わないだろう」という思い込みが、セルフ診断を間違った結果に導いてしまうことも多いのです。

そこで、【より簡単でわかりやすい】セルフ診断の方法を教えて頂きました!

 

▼三輪式・超簡単パーソナルカラーセルフ診断のやり方


自分がイエベなのかブルベなのかは、次のやり方で簡単に見分けることができます。

◆手順1「黒or茶色、どっちが似合う?」

「黒(orグレー)」「黄み寄りの茶色(orベージュ)」の服をそれぞれ選び、交互に顔に当ててみてください。どちらの色がより自分に馴染み、顔と当てた服の色が1:1の状態(どちらも主張することなくフラットな状態)に見えるかを比較してみましょう。

黒と茶色とを比べてみて、あなたの顔映りはどう見えますか? 黒を当ててなんとなくきつく見えたり、顔が黒の強さに負けてしまうような印象なら、イエベ(黄みよりのカラーが似合う)タイプ。逆に、黄みよりの茶色を当てて顔がくすんで見えたり疲れて見えてしまうなら、ブルベ(青みよりのカラーが似合う)タイプの可能性が高いと言えます。

「いまいち分からない」という場合は、他の人の目を借りましょう。友達同士で「どっちが似合う?」とチェックし合うと、より正確に判断できます♪

これだけでもイエベorブルベはざっくり判定できますが、さらに「自分が4つのうち何タイプなのか知りたい!」という方は、手順2へ!

◆手順2「明るめor暗め、どっちが似合う?」

記事冒頭のカラーチャートを参考に、手持ちの服を4つのタイプに振り分けてみましょう。その中から、イエベの人は「春」と「秋」、ブルベの人は「夏」と「冬」を選び、交互に顔に当ててみてください。

<イエベ組>

【春タイプ】は、イエベの中でも明るめの色が似合います。オレンジ、黄色(とくにタンポポやひまわりのようなイエロー)、コーラルピンクなどを当てて顔色が活きるなら、春タイプです。本人の髪や瞳もどちらかと言えば黄みよりのライトブラウン系であることが多いです。

【秋タイプ】は、イエベの中でも比較的暗めの色が似合います。カーキやダークブラウン、深みのあるオレンジ、アースカラーなどがなじむ人は、秋タイプです。本人の髪や瞳もどちらかと言えば黒に近いダークブラウン系であることが多いです。

<ブルベ組>

【夏タイプ】は、ブルベの中でも明るい色が似合います。パステルカラーや、青みがかったピンク(またはグリーン)、ラベンダーなどが似合うなら、夏タイプです。本人の髪や瞳はどちらかと言えば明るい茶色か柔らかい印象の黒い瞳であることが多いです。

【冬タイプ】は、ブルベの中でもどちらかといえば暗めの色が似合います。とくに黒が最も似合うなら冬タイプの可能性高し。発色のハッキリした色を当てると肌が綺麗に見えます。本人の髪や瞳も黒々としていることが多いです。

 

「そんなざっくりでいいの!?」と思うかもしれませんが、セルフ診断では、あまり複雑な手順を踏むとかえって目が混乱してしまいます。
まず【黒or茶色】のどちらが似合うかを見る。それから【明るめor暗め】のどちらが似合うかを見ていく。このくらいざっくりと判断した方が分かりやすく、タイプを導き出しやすくなります。

 

▼イエベorブルベ、ありがちな二大誤解とは


イエベorブルベを見極めるときは、ありがちな誤解も生まれやすいので注意が必要です。
たとえば「ブルベは肌が透き通るように白い人」というもの。これは誤解で、実際はそうとは限りません。また「肌が黄色いから、私は絶対にイエベ」というのも実は正しくない思い込みです。

日本人に意外と多いのが「黄み肌ブルベ」というタイプ。【肌の色は黄み寄り】かつ【似合う色はブルーベース】という人です。
このタイプは「自分はブルベではない」と思い込んでしまいがち。でもパーソナルカラーでは、黄み寄りの肌だからこそ青みよりのメイクやファッションで色を補調する、というやり方でうまくいくケースも多いのです。
(※もちろんこれは全員ではなく、黄み肌でイエベ、色白でブルベの方もたくさんいらっしゃいます。)

セルフ診断するときはいったん思い込みを捨てて、あくまでも「どの色を当てるときれいに見えるか」に集中しましょう!

 

▼パーソナルカラーを見つけるための5つのポイント


パーソナルカラーをセルフ診断する際のポイントをおさらいします。

・まず黒or黄みよりの茶色で「ブルベorイエベ」を見分ける
・次に「春or秋」「夏or冬」のどちらがより似合うかを見分ける
・わかりにくい場合は友達とお互いに確認する
・「黄み肌ブルベさん」は意外と多い
・思い込みを捨てて「顔が綺麗に見えているか」に集中する

ちなみに、パーソナルカラーが分かったからといってひとつのタイプに縛られる必要はありません。「パーソナルカラーは自分の魅力を『最大限に引き出す色』。でも、そのほかの色とも上手に付き合っていただくことで、ファッションやメイクの幅はもっと広がります。苦手なシーズンタイプについても取り入れ方のコツを押さえれば大丈夫です!」と三輪さん。

ここでちょっと気になるのが「苦手なシーズンタイプ」です。

そこで、次回は「苦手なシーズンをセルフ診断する方法」について詳しく伺います。

次回はコチラ→ 美人への道が遠くなる!あなたが苦手な色が生む「4つのK」の恐怖【パーソナルカラー連載3】

 

★パーソナルカラー連載 記事一覧はコチラ

■三輪詩織
日本パーソナルカラー協会認定アドバイザー。化粧品検定1級。
法人営業・広報・取締役を経て、パーソナルカラーを軸にしたイメージコンサルティングを行う株式会社Style Worksを設立。経営者・広報担当者をはじめ、ビジネスマン・OL・主婦・学生など幅広い層を対象に、東京・名古屋にて月間150名以上のコンサルティングを手掛けるサロンを運営。さらに2017年12月末、パーソナルカラーに特化した国内初の会員制美容メディア「COLOR ME(カラーミー)」を企画立案した、パーソナルカラー×メイクの力を活かすプロ。

■隠れ家サロン『Style Works』 http://styleworks-s.com

(取材・構成/豊島オリカ)

撮影/BOORO(BIEI) ヘア&メイク/佐藤亜里沙 モデル/中村麻美(CanCam it girl)

 

【あわせて読みたい】

※「本当に似合う服」はこう選ぶ!プロが教える似合う服の見つけ方【準備編】

※美容師が語る「髪型でイメチェン」に成功する人・失敗する人の違いはコレ!

※プロが語る、美人に見える「似合わせメイク」の簡単なコツ【パーソナルカラー連載4】

>CanCam.jp TOPへもどる