好きな人に送るLINEの話題!考えすぎは禁物?会話のきっかけ作りはシンプルに

好きな人に送るLINEの話題は?デートに誘ってもらう方法も

女性

好きな人に連絡したいけど、特に話すことがない……というとき、ありますよね。そんなあなたのためにモテる人はどんな話題を選んでいるのか、実際に調査してきました! メッセージだけではなく、電話したいときのきっかけ作りや、デートに誘ってもらいたいときのLINEテクもご紹介します。自分に照らし合わせてチェックしてみてくださいね♡

 

好きな人と盛り上がれるLINEの話題

女性

好きな人に送るLINEは、どんな内容にすればいいのか悩みがちですよね。LINEが盛り上がれば、その後の展開にも期待が持てます! その反面、メッセージがかみ合わないと、「この子はないな」なんて思われてしまう可能性も……! まずは盛り上がるLINEの話題をご紹介します♡

 

1.趣味トーク

■趣味トークLINE

  • 「共通の趣味の話題」(20歳・大学生)
  • 「相手が好きなこと。以前好きな人が漫画のワンピース好きで、私は一度も読んだことなくて、ひたすら1巻から読み進めた! わからないことは彼に聞いたりしながらLINEしたりしてとても楽しかったです」(31歳・パート)

 

普段あまりLINEをするのが得意じゃない……なんて方でも、自分の好きなことなら、ハードルも下がるはず! 共通の趣味なら、彼も間違いなく乗ってくるでしょう。共通の趣味なんてない!というときには、ぜひ積極的に探してみてくださいね。

 

2.グルメの話

  • 「食べたごはんの話」(27歳・会社員)
  • 「おいしそうな食べ物屋さんのInstagramの写真を送るとか」(23歳・専業主婦)
  • 「お互いの趣味であるラーメン食べ歩きの話」(39歳・会社員)

 

おいしいものの情報は、多くの人に通用する万能ネタです。好きな人が相手のときにも、ぜひ使ってみてください。相手の好きなものを選ぶのがベストですが、自分が好きな食べ物の話でも大丈夫です。「見て見て! 今日○○を食べたんだよ」なんて、軽い感じで送ってみてくださいね。

 

3.相手のことを褒める

誉めLINE

  • 「好きな人を褒めてあげる」(39歳・会社員)
  • 「特に決まった話題はないけど褒めてあげると喜んでくれる気がします」(23歳・会社員)

 

好きな人との距離を一気に縮めたいときには、褒め言葉を伝えるのもオススメです。唐突な印象にならないようにだけ、注意してください。周囲が見落としてしまうようなポイントを、さりげなく褒めるのがコツですよ。

 

4.流行トーク

  • 「今流行ってるメイクや服装など、ファッション関連」(25歳・大学院生)
  • 「最近流行りの食べ物、場所」(26歳・会社員)

 

流行中のファッションや音楽、場所や食べ物などは、「今気になっているもの」として盛り上がりやすい話題の一つです。相手が好きそうなものを探してみてはいかがでしょうか。デートのきっかけになるかもしれません。

 

5.デートのお誘い

  • 「一緒に行きたいところ」(28歳・会社員)
  • 「スタバのメニュー。これ飲みたいから一緒に行こうよと誘う」(32歳・専業主婦)

 

相手の方から誘ってくれるのがベストですが、なかなかそうはいかないことも……。こんなときには、自分の方から誘ってみるのも一つの方法です。きっかけはなんでも構いませんから、ぜひ勇気を出してみてくださいね。

 

どんな話題を投げかけても盛り上がらない……なんてときには、残念ながら相手に「その気がない」ということなのかもしれません。相手の気持ちをそれとなく確かめたいときにも、LINEは有効な方法です。好きな人に合わせて、盛り上がれそうな話題をチョイスするのがオススメですよ♡


好きな人にデートに誘ってもらいとき使えるLINE

女性

LINEで一盛り上がりしたら、次はデートといきたいところですが、自分からはなかなか言い出せないもの。そんなときにやんわりと女子たちが送っている「デートのお誘い待ってますLINE」を紹介します。女子のみなさんはデートに誘ってほしいとき、どのようにしてアピールしているのでしょうか? 

 

1.「今、何してる?」

  • 「すぐにでも誘ってほしいから」(25歳・アパレル関連)
  • 「うまくいけば今からデートできるかも!と思って」(26歳・派遣関連)

 

今何をしているかを聞くことで、そこからお誘いを待つパターン。「今から」や「今日中」に会うデートをしたい場合には、効果的な方法かもしれませんね。男性が暇だった場合、すぐにデートに繋がりそう。準備は万全にしておきたいですね!

 

2.「最近、暇なんだよねー」

  • 「お誘いを待ってますアピール(笑)」(28歳・出版関連)
  • 「時間はあるよ!と彼に知ってもらう」(25歳・IT関連)

 

最近暇と相手に伝えて、自分の予定は空いているというアピールをする方も。男子にとっては断られる心配が減り、誘いやすくなるのかもしれませんね。まずはこのようにして自分の時間があるということを伝えるのが良いのかも!

 

3.「あそこ、面白い(美味しい)らしいよ!」

  • 「あの映画、面白いらしいよ~とか言ってお誘いを待つ。誘われなくても映画話で盛り上がれることもあるし」(23歳・医療関連)
  • 「新しくできたスポットの話をする」(30歳・アパレル関連)
  • 「あそこのレストラン美味しいらしいんだよね~みたいな」(24歳・保育関連)

 

美味しいレストランや楽しいデートスポットなど、行ってみたい場所はたくさんありますよね。彼に提案することで、「今度一緒に行こうか!」という言葉を期待しちゃっていますね。具体的なイメージを沸かせることで、お誘いの確率アップの予感!

 

4.「〇〇に行きたいんだよね~」

  • 「行きたいところをアピールして、誘ってもらえるのを待つ」(26歳・IT関連)
  • 「〇〇に行きたい!と言えば脈アリなら一緒に行く?と言ってくれるはず!」(25歳・メーカー関連)

 

行きたいところをアピールすることで、彼の反応を見るのもアリ。なかには脈アリかどうかを見極める猛者も! 確かに、脈アリの子が「行きたい」とわざわざ言ってくれたら彼は確実に誘ってきてくれそう。デートのお誘いを待ちつつ、彼の気持ちを確かめることができるのはいいですね♡

 

5.「ドタキャンされちゃった」

  • 「ドタキャンされちゃったんだ~と言う」(29歳・アパレル関連)
  • 「ドタキャンされたことを伝えたら来てもらえるかも…」(27歳・出版関連)

 

「今、何してる?」と組み合わせて使うのが効果的かも! しかし、嘘をつく場合には本当に来てくれたときのためにきちんとすぐにメイク等バッチリで待ち合わせ場所に居られる用意をしておきましょう。

ストレートに自分からデートに誘うのもアリですが、やんわりと伝えて彼から誘ってもらえるのを待つのも恋愛を進める上では効果的かもしれません。相手が脈ありかどうかを見極めることもできそうですしね♡ うまく誘われたい気持ちを匂わせて、男性からデートに誘ってもらいましょう!


脈アリ?好きな人から来たら嬉しいLINE♡

 

1.褒める言葉が増える

ちょっと気恥ずかしいけど嬉しいですよね。男性ってあまり人のことを褒めない傾向にあると思うので、やたらこの人褒めてくれるな……と思ったら、脈アリの可能性はわりと高め。

 

2.好きなものを見て思い出してくれる

やはり気になる人に対しては「相手が好きだと言っていたものや趣味にまつわる内容」を思い出しては送ってしまうそう。その中でも「好きなものをきっかけに連絡をもらうと、私のことをちゃんと忘れないでいてくれたから嬉しい」という声多数。しかも自然な流れですし「連絡したいけどどうしよう…」という場合は、その人の好きなものを思い出すとよさそうですね♡

 

3.そこからお誘いにつながっても嬉しい

今の情勢だと久しぶりの人に会う…のはなかなか抵抗があるかもしれませんが、オンライン飲みに発展するかもしれませんし、未来の予定になるかもしれませんし、いずれにしても久しぶりの人との予定ってちょっとワクワクしますよね。


好きな人へのLINEの頻度を上げたい!会話のきっかけを作るテクニックとは

女性

気になる相手ともう少しLINEでコミュニケーションを取りたいんだけど、まだ親しくなかったり話題がなくてどうしていいかわからないことってありますよね。
こちらでは「会話のきっかけを掴むためのLINEテクニック」を脇田尚揮さんのLINE心理学としてご紹介いたします♡

 

1.「自分本位」から「相手本位」へ思考をシフト

LINEで会話のきっかけづくりをする上で一番基本になるのは、頭の中を「相手本位」に切り替えることです。
送る内容の話題の中心を「自分」にしていると、話が一方通行になってしまいます。そこで、相手にまつわる内容を中心に据えましょう。心理学的に、人は自分に関心を持ってくれる相手に好意を持ってくれるもの。相手から話題を引き出すためには、特に「過去を聞く」のが有効です。相手の学生時代や子供時代の話をLINEで聞けば、会話が尽きることはないでしょう!

 

2.共通の話題は何かを模索

LINEにおいて会話のキャッチボールを続けるには、同志意識、あるいは仲間意識が大切になってきます。心理学においては、秘密を共有することで「同志意識」が生まれ、距離感がグッと縮まるとされるんだとか♡ そのため、ある程度親しくなったらLINEで「実は……」と、秘密事や相談を相手に送信してみましょう。きっと相手も自分の深い話ができるようになって、話題が弾んでいくはずです。ただし、あまり重たい内容を送るのは、初期段階では避けましょう。

 

3.スタンプ使いは「笑い」をメインに

LINEスタンプは使いようによっては、毒にも薬にもなると言えます。自分の感情を相手と共有する上で、スタンプのような絵やイラストは、個人からワンクッション置くことができるため、受け入れられやすくなるのです! ただ、使いどころとしては、ジョークや笑いを誘う上で使用するのが理想的。好意を露骨に示すスタンプは、相手との関係がある程度できてからでないとマイナスに作用する場合も。しかし、話題を盛り上げるツールとしては、使えることも多いでしょう。

 

4.画像を用いて視覚情報を送るには、食べ物を

LINEにおいては画像の使い方が、話題作りにおいて重要になってきます! 言語情報だけでなく視覚情報を織り交ぜた方が、心理学的にもLINEにおいては効果的なのです。ここにおいては自分にまつわる画像をいかに相手にイヤミなく送れるかがポイントになってきます。
そこで「使える画像」を挙げるとすれば、すばり「食べ物」の画像。おいしそうなもの、手作り、珍しいものなど、これら食べ物の画像は、たくさんの話題の宝庫になってくれるはずです。“飯テロ”にならない時間帯を狙って送ってみましょう!


LINEだけじゃなくて好きな人と電話したい!話すきっかけはどう作る?

女性

 

1.悩みを聞いてもらう口実

「あくまで目的は悩み相談だから電話をかけやすいし、話題がとぎれることはない」(20歳・学生)

 

自然な流れで電話に持っていけるのが「悩み相談」。電話をする口実としても、わざとらしくないし、向こうにも自分の気持ちをあまり意識させずに電話ができそう。特に好きな相手が年上の人は、学業や就職、職場問題など相談する話題がたくさんあります! 好きだけど、気持ちがあからさまにばれるのが嫌な人はコチラの方法をぜひ使ってみて下さい♡

 

2.間違い電話を装って

「『間違い電話』という保険をつくることで電話をかけるハードルが下がる」(21歳・学生)

 

携帯を触っていると誤操作で違うボタンをタップしてしまうことありますよね。これを利用して好きな人に電話をかけてしまうというちょっと天邪鬼なこちらの方法! 素直に電話をしたい、と言うのはハードルが高いけれど、「間違い電話」であればわざとらしさを残さず、きっかけづくりができちゃう! もし電話に出てくれなかった場合、「間違えた」とすぐに伝えてしまうと、そこで解決してしまって折り返し電話をかけてくれる可能性が低くなってしまうため、相手の反応を待つことが必要です!

 

3.ストレートに

「言葉にすることで、向こうにも意識してもらえそう」(24歳・会社員)

 

やっぱり恋は直球勝負。「電話がしたい!」とあえて言葉にすることで自分の気持ちにも気づいてもらえるかも? 勇気はいるけれど、女子から素直に「電話がしたい」なんて言われたら男子も嬉しいに違いありません。またいきなり電話するのではなく、相手に電話ができるかどうか確認をとることで向こうの都合も考慮して、電話ができるので好印象も与えられそう。恋にまっすぐ全力でいきたい人にオススメの方法です!

動画でもチェック♡

 

 


【まとめ】

好きな人とのやりとりは、面と向かってなくてもドキドキするもの。ただ、あまり考えこみすぎず素直に直球勝負で挑んだ方が長続きするかも♡ LINEきっかけで距離が縮まりますように!