男性がやっていたらモテる趣味!2位は「料理」1位は、うん…納得!

どんな趣味を楽しんでいるのかには、その人の個性が表れるものです。自分と似た趣味を持つ人には自然と共感を覚えますし、まったく知らない世界を持っている人には、思わず憧れてしまいそう……!?

ギターを弾く男性

(c)shutterstock.com

では、女子が「もしも男性がこんな趣味を持っていたら、モテるだろうな」と思うのは、どんな趣味なのでしょうか。アンケートで具体的に聞いてみました。

Q.男性がやっていたらモテるだろうな、と思う趣味はどれですか?

では、5位から順番に、その魅力と共に見ていきましょう!

【男性がやっていたらモテる趣味ランキング】

■5位「ランニング」

「ランニングしている人は体が細くてきれいだから着こなしがいい」(28歳・会社員)

「そこまで女の子と関わるようなスポーツではないから」(25歳・会社員)

スポーツマンは魅力的。しかし一方で、華やかな異性関係が気になってしまう……!という方はいませんか? よりストイックな雰囲気があるのが、ランニングです。忍耐強さや計画性にも優れていそうです。

■同率5位「ダンス」

「男女問わず周りにやっている人がいないから。私もダンスが趣味なので一緒に踊りたい」(19歳・会社員)

「踊れたらかっこいいから」(17歳・学生)

若い世代に人気が高いのが、ダンスでした。見ているだけでもカッコイイですが、一緒に踊れたら、もっともっと楽しいのかも!? 華やかな趣味ですから、異性の注目を集めるのは必至。文句なしでモテそうですよ。

■4位「ドライブ」

「運転がうまい人は好かれそうだから」(23歳・公務員)

「色々連れて行ってくれそうだから」(26歳・会社員)

ドライブが趣味なら、ごく自然に「デートで行ってみたい場所」の話題も盛り上がりそう! 話が盛り上がれば、そのまま一緒に行くこともできるでしょう。ドライブ中には、ぜひ運転手への気遣いをお忘れなく。

■3位「アウトドア」

アウトドア
(c)shutterstock.com

「バーベキューとかで、テキパキ準備とかしてるとかっこいい」(23歳・会社員)

「なんでもできる感がでる」(35歳・専門職)

「自分もアウトドア派だから一緒にいたら楽しそう」(21歳・専門職)

「一緒に楽しめる」だけではなく、「どんな状況でも生き残れそうな力強さ」もアピールできるのが、アウトドアの魅力です。男らしくみんなを引っ張る姿は、やっぱり素敵! 楽しい一日の中で、自然と恋もスタートするのかもしれませんね。

■2位「料理」

料理
(c)shutterstock.com

「私自身がおいしいもの好きで、自分が相手にお料理を作るより、相手に作ってほしいタイプだから」(29歳・フリーランス)

「料理ができすぎても困るんですけど、多少できる方がいいと思います! 一緒に作ったりするのも楽しいし、作ってもらいたいです」(28歳・アルバイト)

「私にも教えてほしい。私も料理するけど、一緒に料理作ってコミュニケーションとりたい」(27歳・会社員)

将来の「生活」にまで目を向けて、より実用的な趣味といえば料理です。忙しいときでも、自宅でふたり一緒に満喫できるというメリットもあります。心を込めて作ってくれた料理は、彼女の心をキュンとさせてくれることでしょう。

■1位「スポーツ」

ジムでスポーツを楽しむ男性

(c)shutterstock.com

「スポーツをやっていると、自然と身体つきであったり、積極的な姿勢が見られるから」(21歳・学生)

「やっぱり、永遠の憧れ! 小さい頃に足が早かった男子がモテるのと同じ感じです(笑)」(22歳・会社員)

「がんばって、戦闘モードの顔はほんとかっこいい!」(25歳・会社員)

スポーツで鍛え上げたボディ、真剣なまなざし、そして清く正しいスポーツマンシップ! どこをとっても、爽やかなモテモテ男性をイメージする方が多いようです。スポーツによってもイメージは違うはず。どんな種目が好みなのか、身近な女子同士で盛り上がってみてはいかがでしょうか。

男性が異性にモテたい!と思ったら、まずは趣味の世界を広げてみるのもアリかもしれませんね。女子たちの意見も参考にして、自分が楽しめる趣味を探してみてください。人とのつながりも濃くなって、より良い出会いが期待できるのではないでしょうか。(朝比奈恵子)

【あわせて読みたい】

「趣味費は手取りの5~8%」。そんなの無理!な方へ、投資&節税で使えるお金を増やす術【オタクのためのマネー講座 応用編】

仲のいい夫婦の特徴、共通の趣味1位は?実践していることは?

※仲のいい夫婦の共通の趣味、3位は食べ歩き、1位は…

※「いつでも会える暇な男VS趣味に仕事に超多忙な男」彼氏にするなら?【究極の選択】

隠れオタクが一般人に「趣味は?」と聞かれたときの正しい答え方