「知恵熱」の意味、正しく説明できる?73%が間違えて覚えてた!

■「知恵熱」は乳幼児期特有の発熱?それとも頭を使ったあとにでる発熱?


知恵熱,意味,日本語,雑学,クイズ

(c)shutterstock.com

みなさんは、自分の言葉の使い方は絶対に正しい、と自信をもって言えますか? 言葉の意味をきちんと理解するのって、意外と難しいですよね。

今回は、「言葉の意味を勘違いしやすい日本語」に関するクイズを出題します。普段よく耳にするあの言葉の本当の意味が分かるかも……?

 

「知恵熱」の意味を説明できる?

 

次の2つのうち、「知恵熱」の正しい意味はどちらでしょう?

1「乳幼児期に突然起こることのある発熱」

2「深く考えたり、頭を使ったりした後の発熱」

 

意外と耳にすることが多いこの言葉。一体正解はどちらなのでしょうか?

 

■「知恵熱」の本当の意味って…?


「知恵熱」の本来の意味は……

 

1「乳幼児期に突然起こることのある発熱」

 

でした!

 

文化庁が発表した平成28年度「国語に関する世論調査」によると、

20代の男女のうち、「乳幼児期に突然起こることのある発熱」という意味合いで使っている人は、全体の15.6%。

一方、「深く考えたり、頭を使ったりした後の発熱」という意味合いで使っている人は73%という結果になっています。

 

このように、20代のほとんどが「知恵熱」の意味を勘違いして覚えてしまっているようですね。「知恵熱」は頑張りすぎたときにでるものだとずっと思っていたのに……という方も多いのではないでしょうか。

 

本来は「乳幼児期の突然の発熱」を指す「知恵熱」。

くれぐれも、「勉強 / 仕事を頑張りすぎて知恵熱が出ちゃったよ」なんて誤用はしないように気を付けてくださいね! 大人になってしまったら、もう「知恵熱」は……。(萩原遥)

 

【あわせて読みたい】

※「Esc」「無変換」キーって何?今さら聞けないパソコン知識のおさらい【年間ランキング・PC雑学編】

※「かわる」の使い分けは?「世代がかわる」「土地がお金にかわる」「責任者がかわる」「色がかわる」全部違います!

※女子の正解率64%!「努々」って、読めますか?「つとつと」じゃないよ!

※「一斗」「一石」「一合」「一升」…どのぐらいの量で、どれが一番多いかわかりますか?

※ほぼ半数が使ってた!年賀状の「A HAPPY NEW YEAR」って、間違ってるって知ってた?