男子に聞いた!「彼女と別れた原因」ランキング、まさかの1位は○○が判明したとき

◆恋人との別れを決意するきっかけは? 

8位 趣味が理解できない(222票)
7位 その他(223票)
6位 大きなケンカをしてしまった(344票)

まずは8位~6位をまとめてチェック。8位は彼女の趣味にドン引きしたコメントが多数あり、「重度のBL好きが判明して即、別れを決意した」などの声が。6位は別れるきっかけの定番・ケンカ。具体的には「ひどい言葉を投げつけられ、心が折れた」「自分の人間性まで否定されて、もう修復できないと思った」など、言い負かされて傷ついた男たちが多数。たとえケンカしても、言い過ぎには注意したいものですね!

 

5位 ときめかなくなった(941票)

  • 「5年つきあった彼女なのですが、年数を重ねるうちに女性として魅力を感じなくなってしまいました。一度冷めたら元に戻るのは難しいかも」(31歳・外資系コンサルタント)
  • 「ある日突然、髪をばっさり切ってショートになった彼女。清楚なロングヘアにひと目ぼれしたので、ガッカリ感が半端なかった!」(27歳・銀行員)

 

一番多かったのはつきあいが長くなり、マンネリ化してしまったという声。確かに年数を重ねれば重ねるほど、新鮮さを保ち続けるのって難しいですよね~。そのほか、上の「ロングヘア→ショートヘア」のように、見た目や性格が好みと違ってきた、という回答も。彼氏の“こだわりポイント”をしっかり把握しておかないと、取り返しのつかない結果になるかも……?

 

4位 自分に別の好きな人ができた(1,007票)

  • 「彼女とケンカして女友達に悩みを相談したら、だんだんその子のことが好きになってしまい……結局、彼女と別れてつきあってます」(28歳・マスコミ関係)
  • 「異動してきた後輩。彼女はしっかり者で姉御肌なのに対し、その後輩はおとなしくてひかえめ。『守ってあげなきゃ』といつのまにか好きになってました」(29歳・商社勤務)

 

「ほかに好きな人ができたから」、これはかな~りダメージの大きい別れ言葉! しかし回答をよく見てみると、きっかけはケンカだったり、彼女の性格にどこかで不満を感じていたり……恋人関係がうまくいっていないときが多いようです。別の女性が入り込むスキを与えないことが大事なんですね!

 

3位 連絡したり会う頻度の価値観が大きく違った(1,188票)

  • 「とにかく束縛が激しい。LINEの返信が少し遅れただけで『いま、誰となにしてるの?』。学生時代ならともかく、仕事も忙しいのにつきあっていられません」(27歳・営業)
  • 「つきあいはじめの頃、『週末は必ずデート』というルールを設定された。最初は自分も盛り上がっているからよかったけれど、落ち着いてくると友達と会ったり、ひとりでゆっくりしたい日もあるのに……と思うようになり、結局別れちゃいました」(30歳・サービス業)

 

回答を見ると、やはり束縛を嫌がる男性が多数! たいてい彼女が「もっと連絡して」「もっと会いたい」と言っていて、彼氏はウンザリ気味……という構図でした。束縛は愛情表現のひとつではありますが、やりすぎると嫌われてしまう可能性大なので、ほどほどにしておきましょう!

 

2位 欠点が我慢できなくなってしまった(1,342票)

  • 「最初は小悪魔っぽいところがカワイイなと思ったけれど、つきあってみたら自分勝手すぎて……。振り回され、疲れ果てました」(29歳・デザイナー)
  • 「面倒見がよくてしっかり者なんだけど、小言が多い彼女。よかれと思って言ってくれるのは分かるけれど、会うたび説教でウンザリ」(28歳・美容師)

 

恋は盲目と言うけれど、最初はあまり気にならなかった欠点がだんだん目につきはじめること、ありますよね~。彼氏の気持ちが冷めてきて欠点が許せなくなった場合もありますが、つきあううちに彼女の欠点がヒドくなり、耐えられなくなる場合も。いま一度、自分の欠点について考え直してみるといいかもしれません!