SMAP、三代目J Soul Brothersにも楽曲提供!森大輔、音楽とDIYの意外な共通点【インタビュー】

森大輔,森の音楽会,mori daisuke,インタビュー,久保田利伸

MISIA、EXILE ATSUSHI、SMAP、三代目J Soul Brothers、Sexy Zoneなど、数多くのアーティストに楽曲を提供し、自身もシンガーソングライターとして数多くのライブを開催している森大輔さん。Woman Insight では、インタビューを行い今年を振り返ってもらいました。また、趣味のDIYと音楽に意外な共通点があることなどをお届けします。

Woman Insight(以下、WI) 少し早いのですが、今年を振り返っていかがでしたか?
森大輔(以下、森) 今年はライブが多く、頭のなかの向いていた方向も8割~9割ライブだった1年でした。特に、前半はゴスペラーズの黒沢(薫)さんと一緒にライブで歌わせていただいたり、またこれからですが、J-WAVE LIVEやFM COCOLOのイベントでいろんな方とご一緒させて頂くので“人との繋がり”が今年を象徴する出来事だと思います。

WI “人との繋がり”とは?
 自分の中で「変わってきた」と思うんです。今までよりも人のアイディアや意見を受け入れやすく、お願いしやすい性格になってきました。

WI 例えば?
 いままでは、ライブを作るときは頑なで、ライブで聞かせる『価値』を決めつけていた部分があったんですね。でもデビューして年を重ねていくと、ライブの“面白さ”として自分の頭の中にストックしていたアイディアだけでは足りなくなるんです。なので、周りのスタッフに演出の相談やアイディアの意見をもらったり、音楽的なところでは自分ひとりでアレンジを決めるのではなく、ミュージシャンのかたに“素直に”相談ができるようになりました。それが、今年の『象徴』につながるんですが、人とのかかわり方“持ちつ持たれつ”という関係をこの歳になって、気づけるようになってきた感じです。

WI 今までの価値観が変わった感じでしょうか?
 いままでが「間違っていた」とは思っていないんです。ひとりで部屋に籠って作るのが好きなんです。それは自分自身に合っていると思います。でもそれだけでは乗り越えられないところがあって、その時に“人の力を借りられるかどうか”が変わったところです。ライブのみならずレコーディングでも、いままで「迷っているのが恥ずかしい」的な気持ちが、素直に人に聞けるようになりました。

WI 鋭かったものが、柔らかくなった感じですね。
 扉に例えて言うと……。僕は、扉全開タイプじゃないんで、いままで厳重にロックしていたけど、鍵を開けておくくらいに。ドアは閉まっているかもしれないけど「すぐに開けられる状態」になってきたという心境です(笑)。

WI ライブが変わったと感じますか?
 変わったと思うんですよね。見てくださっているかたが、どう感じているかは分からないんですが、僕の中では「いい音楽を届けよう」という気持ちだけのライブから、もっといろいろなことを考えるようになりましたし、ライブをやっている最中の嫌な緊張感がなくなりました。

WI 嫌な緊張感とは?
 レコーディングとライブが僕の中で同じ感覚で「どちらも高いクオリティーのものを見せたい」という気持ちです。でも、ライブってなにが起きるかわからない。ライブ中にハプニングが起きたらとか、お客さまの雰囲気が違ったらとか……。あらゆることに対処できる心づもりで、究極の心配性状態になって、ステージ脇で待っているんです。でも、その考えが自分自身を追い詰めて、ライブ自身を楽しみ切れてなかったというのがあったんですね。「心配事はステージ袖に置いていく」という風になれたのは、この1~2年なんですよ。