「トイ・ストーリー4」の魅力を 語りたい女子が集結! it girl座談会

『トイ・ストーリー4』の魅力を 語りたい女子が集結! it girl座談会

新たな冒険の先でウッディを待ち受けていたのは、運命的な出会いと想像を超える世
界だった。はたして彼が最後に選んだ“驚くべき決断”とは…?

©2019 Disney•Pixar. All Rights Reserved.

公開からわずか3週間あまりで、すでに500万人を動員し、早くも歴史的大ヒットと評されている『トイ・ストーリー4』。ティーンや 20~30 代の友人同士、カップル、中高年層、そしてファミリー層と幅広い客層に支持されている本作。幼少期からトイ・ストーリーを観て育ち、早速、最新作も鑑賞した4人に今作の魅力ついて語ってもらいました!

<座談会メンバー> 左から:鈴木凪沙さん、奥田紗都さん、高橋美紅さん、伏屋璃乃さん

◆前向きな気持ちで泣いてしまう…。 なんとも言えない感情を呼び起こすストーリー

Q:『トイ・ストーリー4』を観ての率直な感想を教えてください。

高橋:いろんな別れや旅立ちも描かれているので、寂しいっていう気持ちはもちろんあるんですけど、そこにあたたかさや前向きさがあるところが、今作の好きなところでした。

奥田:ただ悲しいというだけじゃなく、前向きな感情で泣けちゃうんですよね。今までに味わったことのない不思議な感情だったので、自分でもどう受け止めればいいのか、分からなかったです(笑)。

伏屋:今回は、“持ち主の居ないおもちゃ”という存在が、物語の中ですごく大きい気がして…。長い間、子供と遊ぶのを夢見てアンティークショップで眠っている子や、子供と遊びたいのになかなか手に入れてもらえない景品のおもちゃがいたり。今まではアンディやボニーが所有する持ち主のいるおもちゃが話の中心だったので、今作は世界が広がったような感じがしました。

高橋:その“誰のものでもないおもちゃ”にもそれぞれ、「子供と遊びたい」とか「もっと広い世界をみたい」とかいろいろな感情があるところも、スケールの大きさを感じました!

高橋:あとは、映像の美しさ! 今までのトイ・ストーリーを観てきた中でも圧倒的だなと思いました。 移動遊園地でのラストシーンは、どこか懐かしさも感じるファンタジーな雰囲気に飲み込まれました!

鈴木:ボーの肌も、陶器の質感がすごくキレイに描かれていて、見入っちゃいましたね。

奥田:最初に雨が降るシーンがあるんですが、そこはどうみてもリアルにしか見えなくて。そこで一気に世界観に引き込まれていった感じがします。

◆ 成長したウッディたちと 個性豊かな新キャラクター!

Q:『トイ・ストーリー4』で初めて登場するフォーキーや、ギャビー・ギャビー、ダッキー&バニーの印象は?

高橋:フォーキーはキャラクターとしてすごく面白くて、出てくるシーンはずっと笑って観ちゃいました(笑)。

鈴木:歩きにくそうにしてるところも、道路を歩く足音の軽さもすごいかわいかったよね。

伏屋:でもいちばん好きだったのは、ギャビーギャビーかな。アンティークショップでの登場シーンとかは、どこか怖かったりしたんですが、「子供に愛されたい」っていう気持ちの強さが観ていて伝わってきて、最終的に大好きになりました。本当に優しい子なんだなと思って。

伏屋:ダッキー&バニーは、掛け合いがめちゃめちゃ面白いんですけど、声がチョコプラさんだ!って分かってからは、余計に笑いがこみ上げてきました(笑)。もう一回映画館で観たい(笑)!

Q:今回も大活躍のウッディ。その姿はどう映りました?

奥田:やっぱりかっこいいですよね!

伏屋:仲間のためを考えてしまうがゆえに、まわりが見えなくなってしまうこともあったりするけど、“自分が、自分が!”って、自分中心になることは決してなくって。とにかく仲間のために動いているのが印象的でした。普通は自分のことを考えがちになっちゃうけど、人のことをあそこまで思いやれるのはすごいなと思いました。

鈴木:正義感のかたまりだね!

奥田:あとはフォーキーが自分のこと“ゴミ”って思い込んでいたのに、ウッディと話していくうちに、だんだん自分は必要とされていることに気づくところとか、ウッディともだんだん仲良くなってくところとか、すごく印象的でした。

◆言わなくても伝わる関係って 最高の相棒なんだと思う!

Q:今作のウッディとバズの関係はどう映りましたか?

伏屋:ウッディが大変そうなときには、ちゃんとそれを見ていて、声をかけてくれるバズの姿をみて、ふたりの安定した関係性にほっこりしました。交わし合う言葉は少ないけど、どちらもお互いのことを思って行動していて…。喋らなくても伝わる強い絆を感じました。

奥田:ウッディは思っていることを口にしていないのに、バズはちゃんとウッディの気持ちをわかっていて、背中を推してくれたシーンは、本物の友情を感じましたね。

鈴木:1〜3と観てきて、今までのふたりの関係性の積み重ねも知っているので、これからもこの絆は変わらないだろうなと確信しました。

高橋:最高の相棒であり、最高の家族なんだろうな〜!ボー・ピープとウッディの関係も素敵だったなあ。特に再会シーンは、恋愛映画みたいなときめきがありました!

伏屋:あのふたりは、お互いを尊敬しあっている部分が大きいのかなって思いました。ボー・ピープがたくましく生きている姿をウッディは尊敬しているし、ボー・ピープは“友達思いなところが素敵なんだ”ってウッディのことを言っていて。お互いのことをすごく分かり合っている気がしました。

◆フォーキー作りを体験♡

ボニーが手作りで作ったおもちゃのフォーキーを実際に作ってみました!! 久々に触る粘土に苦戦しながらも、顔をつけると「愛着がわいてくる!」、「どんどん愛おしくなってくる!」と、実際に作ってみるとボニーの気持ちが分かってくる…♡

 

みんなそれぞれ、表情の違うフォーキーを作って、大事に自宅へ持って帰りました♪

ウッディたちの新たな旅立ちと冒険を描く『トイ・ストーリー4』。 ぜひこの感動を映画館で味わってみてください♪

INFORMATION
『トイ・ストーリー4』大ヒット上映中! シリーズ史上最大の感動アドベンチャー。 驚きの結末を秘めたウッディの冒険に、世界が感動で満たされる…!

★「トイ・ストーリー4」公開記念!石川 恋のピクサー・スタジオ見学 in San Francisco♡

★大人気「トイ・ストーリー4」を生んだピクサー・スタジオの知られざる社内を恋ちゃんが調査!

>>CanCam.jp TOPへ戻る