流行色であか抜ける!【グリーンスカートの人気コーデ18選】|トップスの色合わせを解説

色のバリエが豊富!グリーンスカートのコーデ集

グリーンスカートコーデ

トレンドカラーでもあるグリーンのスカートは、コーデがグッと今っぽくなる人気アイテム。色モノは苦手…という人も、清潔感のあるミントや差し色にも使える鮮やかな緑など、色味のバリエーションが豊富なグリーンなら似合うカラーが見つかるはず! 今回はグリーンのスカートを使ったトレンドコーデのほか上品フェミニンな着こなしをご紹介します。

グリーンスカートに合うトップスの色は?

グリーンスカートコーデ

色合わせに悩みがちなカラースカートですが、人気のグリーンスカートは、白や黒、ブラウンなど定番カラーに合わせるだけでコーデがおしゃれっぽい雰囲気に仕上がります。

グリーンスカートコーデ

グリーンは派手さよりおしゃれ感が強調できるカラーでありながら、コーデ次第で主役にもなれる色。ちょっぴりファッションに気合いを入れたい♡ そんな日にもぴったりです。

グリーンスカートコーデ

今季は同系色アイテムのワントーンコーデも旬なので、柄物を取り入れたり色味の違いを意識してコーデを組むのがおすすめです。

グリーンスカートコーデのポイント

グリーンスカートコーデ

  1. ベーシックカラーのトップスが合わせやすい
  2. ミント系のグリーンスカートで爽やかな印象の着こなしに
  3. くすみグリーンは上品で大人っぽいコーデに仕上がる
  4. 今季っぽい着こなしならワントーンコーデもおすすめ

グリーンスカートを合わせるトレンドコーデ

【1】旬のワントーンはグリーン系で上級者見え♡

Keyword1 カラーワントーン

トレンドのグリーンは全身で取り入れるのも上級者っぽく見せるコツ。グリーン系チェックスカートにくすみグリーンのアンサンブルをなじませ今どきに。チェック柄やニットの素材感でメリハリをつけると、同じ色を合わせてものっぺり見えが回避できます。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

【2】ミントグリーンのスカートを淡色アイテムでなじませて

SAGE GREEN×CAMEL,BEIGE,BROWN like aピスタチオタルト

かわいい印象のミニスカはグリーン系の洒落カラーが新鮮! スカートもウエストにインしたシャーリングブラウスも適度にくすんだ色味なので大人っぽさもキープできます♪ 短すぎない丈感とコーデュロイ素材もこなれて見える秘訣。靴はベージュのブーツでマイルドな配色に。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】ニュアンス配色は足元の黒ブーツで引き締める

SAGE GREEN×CAMEL,BEIGE,BROWN like aピスタチオタルト

シアー感のあるスカートで、トレンドのくすみグリーンを軽やかに投入。グレーがかったブラウンのふんわりタートルを合わせると、やわらかな印象がまとえます♡ 素材感に差があるアイテムを合わせることで淡い配色に奥行きも。ブーツは見えたときに洒落感がUPするレースアップでコーデをさりげなく引き締めて。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【4】チェック柄スカートでシンプルの地味見えを回避!

03 太ストレートロングブーツ『すっと履ける筒太デザインが狙い目』

グリーン×黒のブロックチェックスカートを黒カーデや黒ブーツでかっこよく! スリットから覗くツヤレザーが色っぽさを、くるぶしのたぷっと感がこなれ見えを叶えます。スリットスカートから見える肌感とのギャップで、奥行きのあるおしゃれを堪能して。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/浜田麻衣

【5】ビタミンカラーで鮮やかなお出かけコーデ

6 ズバリ秋、何色が気分?『カジュアル派は…はっきりグリーン』

ボリューミーなスカートとフィット感のあるリブニットでメリハリを。鮮やかなグリーンのスカートは、まろやかイエローとのフレッシュ配色でトレンドを楽しむのがおすすめ。カラフルコーデに軽さを加える白スニーカーで爽やかカジュアルに落とし込めば抜け感もばっちりです♡

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【6】ミント色のミニスカートで大人なかわいさを

2 今季お世話になりたい新顔スカートは?『カジュアル派は…台形ミニスカート』

コンパクトに収まるミニ丈スカートは、トップスにブラウス×ニットのレイヤードをチョイス。ネイビーとミントグリーンの配色が控えめで大人っぽい甘さを添えてくれます。バッグを短めに掛けたりミニマムなボトムですっきり見せると流行のロングブーツとのバランスも抜群!

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【7】チョコミント配色がおしゃれなスカートコーデ

Q.一瞬で洒落見えする、初夏にオススメの柄モノは?『A.レトロムードなギンガム&ドットをモードに着こなして!』

ミントベースに白ドットを散らしたナロースカートが、甘すぎず爽やかな雰囲気。トップスにダークブラウンのニットを合わせれば、新鮮おしゃれなチョコミント配色が完成します♡ 女っぽいマーメイドラインや抜け感のある白のバッグ&サンダルで洗練度を高めて。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【8】オンオフOK!ミントグリーンのプリーツスカート

10きれいめカットソー×映えフレア

通勤にもデートにもシーンレスに活躍するミント色のスカートは、シックな黒で引き締めると美人なムードにイメチェン! プリーツスカートのきれいな揺れ感を引き立てるため、トップスは程よくフィットするリブカットソーを選んで。バッグは黒で締めつつ、足元は同系色のフラットパンプスでなじませるのがポイントです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ミントグリーン×ベージュのフェミニン配色コーデ

02肌見せニット×マーメイドスカート

あざときれいな肌見せなら、バックシャントップス×ロングスカートがおすすめ。ベージュとミントグリーンのやわらかな配色を邪魔しないベージュ小物で、色気がトゥーマッチにならないペールトーンコーデを完成させて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子  ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】くすみ系カラーを合わせる今っぽ配色の着こなし

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Lime Green』

グリーンスカートとくすみピンクのトップスを組み合わせた絶妙なニュアンス配色コーデ。今年っぽいグリーンのスカートは、フレアシルエットのレディ感とチノ風素材のカジュアルさが今っぽさのカギ。スモーキーな色合わせに馴染むグレーのGジャンでこなれムードもUPします。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【11】爽やかなミントグリーン×白の好感度スタイル

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『Pistachio  Green』

ナロースカートとBIGシャツでこなれ感たっぷりのバランスに。爽やかな白×グリーンで大人っぽいきれいめ配色を意識しつつ、メンズライクなBIGシャツとIラインスカートとのギャップで脱コンサバな着こなしが完成します。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

大人っぽいくすみグリーンスカートの着こなし

【1】カーキグリーンのスカートに白トップスで明るさを

3 クロシェニット×ボリュームスカート『ニュアンシーな〝まろやかシルエット〟で優しく♡』

ランダムフリルがかわいいスカートは渋めのカーキグリーンで甘さを調節。ボトムをダークカラーでまとめるときは白のトップスや小物で軽さを出して全身のバランスを。靴はゴツめのブラウンブーツで足元を重たくすると今っぽく仕上がります。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】辛口なグリーンスカートは甘めトップスと好相性♡

01 タートルINで今っぽレイヤード『レースブラウス×タートルカットソー』

辛口なカーキスカートやブラウンのインナーなど、落ち着いた色を加えることでカットワークレースのブラウスを大人の甘さに昇華。ふんわりした袖とタイトなウエストの対比で、メリハリのきいた女っぽシルエットに仕上がります。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】マーメイドスカートは甘さ控えめなくすみグリーンで

03 トレンド見えして、あざとかわいい♡一石二鳥なマーメイドスカートから目が離せない!

レディなマーメイドスカートも、渋めのカーキグリーンならマニッシュな雰囲気に着こなせる。トップスはロゴT×締め色のゆるカーデを合わせて、ユニセックスなリラックス感もばっちりです。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】くすみ系のカラーなら色を重ねても馴染みやすい

Katoshi Meets SAGE GREEN

あいまいカラー同士ならカラーミックスも簡単! カーキの延長で取り入れやすいグリーンのレザースカートは、フリル襟のガーリーなブラウスと合わせて甘辛MIXに。ピンクとグリーンなど、色を重ねてもやりすぎないのは、くすみのあるあいまいトーンでそろえているおかげです。

CanCam2021年11月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】ゆったりトップスはタイトスカートでメリハリを

『きれいめ派は…肌見せレイヤーニット』

清楚な白のアンサンブルにグリーンのタイトスカートをコーディネート。きれいめな合わせながら、ドキッとさせるカーデの透け感が目を惹きます♡ ONの日はかっちり着て、OFFならゆるっと肩を出してみるのもおすすめ。ちらっと見える肌感で女っぽさをアピールして。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【6】グリーン×グレーのニュアンス配色が新鮮!

Q.ベーシックカラーが好きだけど飽きてきちゃいました…『A.ブラウン・カーキ・ベージュのアースカラーで大人っぽく♡』

明るいオリーブグリーンのフレアスカートにグレイッシュなカーキのカットソーをなじませる配色が新鮮♡ ツヤのあるきれいめスカートはグレーのGジャンや黒小物でピリッと辛口に仕上げて。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】ラフな着こなしが洒落るくすみグリーンのスカート

MURUA『トレンド服もひとクセありでおしゃれに差がつく』

シンプルなパーカは、女の子らしいライトベージュで品よくかわいく♡ コーデにおしゃれな奥行きが加わる異素材のプリーツスカートを合わせて、甘さのあるフェミニンカジュアルに仕上げましょう。ゆるっとしたパーカと縦ラインが強調されるプリーツスカートは全身バランスも◎。淡色小物を合わせて全身のやさしいトーンをキープして。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

今季は色を合わせたワントーンコーデもおすすめ!

グリーンスカートは、黒やブラウンなどシックなベーシックカラーを合わせて大人カジュアルに、白トップスを合わせて好感度高めのコーデに…など、手持ちのトップスにも合わせやすいアイテム。派手な印象になりすぎないので、オフィススタイルにもおすすめです♡ 人気のワントーンに挑戦するなら、色味の違うグリーンを合わせるとおしゃれっぽく着こなせます!