夏の定番!絶対かわいい♡Tシャツのコーディネート38選

そのままでもインナーでも楽しめるTシャツコーデ

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

夏のヘビロテアイテムNo.1!と言っても過言ではないTシャツ。選びや合わせ方次第で夏のおしゃれを左右するからこそ、旬の着こなしをしっかりチェックしておきたいですよね♪ その日の気分やシーンで、色んなTシャツスタイルを堪能して♪

【目次】
着回し力ばっちりのTシャツコーデ
Tシャツで作るトレンドコーデ
カジュアルかわいい♡Tシャツ×スカート
黒Tシャツでカッコ良く決める!
Tシャツコーデは秋冬も活躍♡
メインにもインナーにもなるTシャツ

着回し力ばっちりのTシャツコーデ


たまには「ゆるさ」も欲しいもの♪カジュアル気分の日に着たいのは?『美月は…キャッチーなロゴT』

普段使いにも便利で、お出かけやレジャーにも大活躍のTシャツは、何枚持ってても使えますよね♪今回は、おしゃれっぽくてノンストレスな最新のTシャツコーデをまとめました♡

Point
・無地だと味気なく感じたら、プリントTシャツやロゴTシャツをチョイス!
・帽子やサングラスなど小物との相性も◎
・秋冬の重ね着は白Tシャツなど明るいカラーを差し込んで

Tシャツのトレンドコーデ


【1】ベージュセットアップ×ブラウンTシャツ

カーキベージュのロゴTとリネンベージュのセットアップをコーディネート。ドライなサンドカラーの組み合わせには、ドットスカーフやキャメルのバッグで明るめの秋色をプラスして。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/金子 綾 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ネイビージャケット×ピンクTシャツ×デニムパンツ

Item4 大人くすみピンク

ジャケットスタイルの定番インナー・Tシャツも、ピンクを取り入れるだけでコーデの鮮度が一気にUP! 女のコらしさもこなれ感も両方手に入ります♡

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】チェック柄セットアップ×グレーTシャツ

ジャケット×ミニスカのセットアップは、どう着る?大流行中のジャケットStyleは春もトレンド。カジュアルに着くずせるミニスカとのセットアップを選べば即今どき、コーデに迷う必要もナシ!

オーバーサイズのジャケットは、コーデのハズしにも最適。ドロップショルダーでゆるっと着られるジャケットをロゴTシャツでとことんカジュアルに着くずすのが気分です♪

CanCam2020年3月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】白Tシャツ×白パンツ

今っぽムードのフォトTをホワイトワントーンでまとめて、知的なカルチャーガール風に♡ ストリート感のあるフォトTは、ちょっぴりきれいめにコーディネートすると今年っぽく仕上がります。足元は白のビーサンをプラスして、軽快&楽ちんに。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/金子 綾 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】チャコールTシャツ×白スカート

クリアホワイトのコットンスカートを、プリントTシャツでカジュアルダウン。グレー×白のベーシックな配色は、ヴィンテージ風のスカーフ使いで差をつけて。こなれ感のあるPVCバッグやコンバースなど、今っぽい小物合わせもポイントです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【6】白ジャケット×チャコールグレーTシャツ×ブルースカート

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

ゆるTシャツ×ロングスカートでちょっぴりルーズな女っぽカジュアルに。ラフでこなれたマウンテンパーカをはおれば、ボーイッシュなムードはそのままにきれいめなおしゃれがキマる!

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【7】チェック柄ジャケット×ピンクTシャツ×デニムパンツ

ムードリーダーはカーデ感覚でジャケットを着る!ジャケット×ハイウエストボトム

シンプルなデニムスタイルに、お洒落ムードを足してくれるチェックジャケット。ベージュベースなら重くならず、淡い色や春夏小物ともなじみます。足元の赤をアクセントに、オジっぽいトラッド×女っぷりカジュアルのミックス感を楽しんで。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/佐々木玲奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【8】白カーディガン×グレーTシャツ×白スカート

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 3 素材やデザインで即おしゃれ顔♡[ プレイフルボトム ]『派手色や柄物を取り入れるならトップスではなく、顔から離れてるボトムに差し込むのが「ムードあるおしゃれ」的には正解!』

グレーTシャツ×ティアードスカートのラフで可愛い春コーデ。プリーツになったティアードスカートは、揺れたときのシルエットまで計算済みです♡ グレー×白のアイシー配色で、爽やかな甘さをKeepして。

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】白カーディガン×グレーTシャツ×黒スカート

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 3 素材やデザインで即おしゃれ顔♡[ プレイフルボトム ]『派手色や柄物を取り入れるならトップスではなく、顔から離れてるボトムに差し込むのが「ムードあるおしゃれ」的には正解!』

カジュアルなロゴTとボリューミーなチュールスカートで、ギャップのある着こなしに。ゆるっとしたカーデやモードなブーツで今年っぽさを盛り込んで、ちょっぴり個性的なコーディネートを完成させて。

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】黒キャップ×ブラウンTシャツ×柄スカート

おしゃれっぽいベージュTシャツに、キャップやボディバッグをプラス! ボトムはちょっぴりモードなミニスカートを合わせて、ボーイッシュな着こなしを女の子っぽくシフトして♡

CanCam2019年4月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/木村 晶

カジュアルかわいい♡Tシャツ×スカート


【1】ベージュジャケット×白Tシャツ×花柄スカート

コンサバになりがちなジャケットも、ロングスカート合わせで即こなれ。インナーには白Tを挟んでスカートの甘さをきりっと仕上げて。カラー小物で遊び心もONしましょ。

CanCam2020年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/Midori モデル/菜波(本誌専属) 構成/田中絵理子

【2】白Tシャツ×グレーインナー×黒スカート

定番のモノトーンをアップデートするなら、シンプルじゃなく〝ひとクセ〟がポイント。ビッグフォトTに透けタートルをレイヤードして、変形スカートからはカラーのダッドスニーカーをチラリ。ハズしを加えてテンション高めに着こなそ♪

CanCam2020年5月号より 撮影/MELON(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】黒Tシャツ×黒ロングスカート

重く見えないその秘密は、透け感のあるシアーTと軽やかに揺れるサテンスカート。ボトムにはサテンスカートをチョイスして、夏にオススメの異素材合わせを楽しんで。短めにアレンジしたスクエアバッグやカチューシャなど、全身黒でも退屈しない小物遊びもポイントです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/金子 綾 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】ブラウンTシャツ×ブラウンスカート

とことん今っぽさを狙うなら、くすみカラーのワントーンに挑戦! ベージュ系のワントーンは、プリーツスカートやチェックジャケットで立体的に魅せるのがポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ロゴTシャツ×ピンクスカート

たまには「ゆるさ」も欲しいもの♪カジュアル気分の日に着たいのは?『美月は…キャッチーなロゴT』

無地Tシャツだと、なんだか素っ気ない!? そんなときはロゴを足すだけで、コーデの〝説得力〟が見違えるほど増すんです♡ ボーイッシュになりすぎないよう、ツヤっぽいサテン素材のスカートを合わせて女性らしさも盛り上げて。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【6】ブラウンTシャツ×ピンクベージュスカート

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

ガーリー派のワードローブになじむクロシェ編みアイテム。カーキのTシャツを合わせてスカートの甘さをおさえつつ、大人っぽい小物合わせで幼く見えない着こなしに。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【7】ネイビージャケット×白プリントTシャツ×カーキスカート

渋谷シンプル茜のエモフェミ7days

カジュアルコーデと相性のいい紺ブレは、足元がスニーカーでもきちんと見えする優秀アイテム。プリントTシャツをインナーに仕込めば、こなれ感もアップします!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【8】キャスケット×パープルTシャツ×柄スカート

定番のピンクよりも大人めなライトパープルのTシャツは、ベタじゃない微糖な女の子らしさを演出できるのが魅力。ミモレ丈のドット柄スカートの足元には、秋にくる!と言われているソックスブーツを取り入れて。あえて重ためのバランスにするのが今っぽく仕上がる秘訣です。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【9】キャップ×黒Tシャツ×オレンジスカート

普通のシンプルスカートじゃ、ムードが足りない!モードフレアスカート×クルーネック

黒Tシャツ×ビビッドカラーのフレアスカートが眩しい夏コーデ。フェミニン要素の強いサーキュラースカートには、黒キャップのやんちゃ感でおしゃれっぽい遊びを加えて。シンプルなワンツーコーデもぐっと今どきに仕上がります。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【10】Gジャン×黒Tシャツ×花柄スカート

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 3 素材やデザインで即おしゃれ顔♡[ プレイフルボトム ]『派手色や柄物を取り入れるならトップスではなく、顔から離れてるボトムに差し込むのが「ムードあるおしゃれ」的には正解!』

黒TシャツとMIXプリントのスカートを合わせた、感度高めの春スタイル。秋冬に続きトレンドのアニマル柄は、花柄やプリーツとのMIXスカートで大胆に取り入れたい! シンプルな黒Tと合わせれば、インパクトのある柄も大人っぽく楽しめます。

CanCam2019年4月号より 撮影/伊原木美香 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

黒Tシャツでカッコ良く決める!


【1】ブラウンアウター×黒Tシャツ×黒スカート

冬アウターと合わせるならどう着る?まだまだ寒い時期は冬アウターと。ヘルシーに脚見せができるミニスカは、ボリュームのあるアウターも重く見せず、バランスよく着こなせるメリットが♡

ALLブラックのTシャツ×スカートで、旬のもこもこボアをキリリと引き締め! トレンドアウターNo.1のボアブルゾンは、コンパクトな黒ミニと合わせればスタイルよく着こなせます。

CanCam2020年3月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒Tシャツ×デニムパンツ×スニーカー

黒Tシャツ×デニムの定番コーデも、映え度満点のロゴ入りバッグとスニーカーで今っぽい印象に。〝BALENCIAGA〟のショッパー風バッグなら、感度の高さも今っぽさもアピールできます。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣<

【3】白ジャケット×黒Tシャツ×デニムパンツ

ーAkane's Private Fashion Part③ージャケットで〝大人シンプル〟を極めたい 今いちばんアディクトなファッションアイテムはジャケット。お気に入りの4枚はこう着ています!

ベルト付きジャケットできれいめカジュアルを堪能。黒Tシャツにはおってベルトを締めるだけで、おしゃれっぽく見えてしまう便利な一枚。定番のデニム合わせなら、白のテーラードジャケットもさらっとラフに着られます。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【4】ベージュジャケット×黒Tシャツ×デニムパンツ

ムードリーダーはカーデ感覚でジャケットを着る!ジャケット×ハイウエストボトム

すっきりとしたノーカラージャケットは、上からベルトをONして新鮮な着こなしに。ベーシックカラーとシンプルアイテムでまとめたコーデだからこそ、バランスを新しくして鮮度をUPするのがポイントです。足元は、ボーイズライクな黒コンバースで外しを加えて。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/佐々木玲奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【5】黒Tシャツ×黒スカート

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORD『こなれて見えるシルエット、今どき感のある色選び…etc. 春トレンドはたくさんあるけど、この4つを押さえておけばおしゃれな「ムード」は誰でも作れる♡』

透け感のあるドットのチュールスカートは、×黒のロゴTでクールなワントーンコーデに。1枚でサマになるジェニックなスカートさえあれば、シンプルなワンツーコーデでもおしゃれムードが漂います♪

CanCam2019年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】カーキジャケット×黒プリントTシャツ×デニムパンツ

Part04 シンプルコーデに映える「旬顔ボトム」なら?

デニムのフレアシルエットを引き立てるため、トップスはTシャツINですっきりと。小物は、抜け感のある白ブーツでワンランク上の着こなしに。黒小物を使わず、ベージュと白でまとめるのがコーデのメンズっぽさを中和させるテクニック。ロックテイストのハードさが、ちょっぴりマイルドに仕上がります。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【7】ターバン×ブルーシャツ×黒Tシャツ×白スカート

03 Oversize T-shirt 「ゆるっとTシャツ」で一気にこなれる!『この春は、Tシャツのシルエットに異変アリ! 五分袖やドロップショルダーなど、体が泳ぐオーバーサイズをあえてゆるっと着るのが最高にかわいい♡ 各ブランドから大豊作のバックプリントも見逃せません!』

ゆるTシャツにふんわりスカート、そして足元は重めのブーツ…ギャップのあるアイテム合わせでシャレ見え効果も抜群! 仕上げにBIGサイズのジャケットをルーズにプラスすれば、コーデのまとまりもばっちりです。

CanCam2019年3月号より 撮影/永瀬沙世 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】白ジャケット×黒プリントTシャツ×柄スカート

マウンテンパーカ×小花柄ロングスカート

花柄スカートのトレンドは、秋冬から引き続き「ロング丈」と「ヴィンテージっぽさ」がキーワード。新顔のマウンテンパーカとプリントTでカジュアルダウンすることで、感度の高い春コーデが完成します。小物はリュック×サンダルで、tooカジュアルにならないさじ加減を。

CanCam2019年3月号より 撮影/永瀬沙世 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/BACKGROUNDS FACTORY 構成/手塚明菜

Tシャツコーデは秋冬も活躍♡


【1】ブラウンカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

Acne Studiosといえば!見せるだけでおしゃれ感がアップするタグ&ロゴ♡『タグ&ロゴが見える巻き方をマスターしよう!』

Tシャツ×デニムのベーシックな着こなしも、ぐるぐるっとミニマムに巻いたストールでおしゃれ感アップ! ゆるっとカーデの女のコらしさもあいまって、カジュアルなのに男のウケも狙える、冬のモテカジュアルが完成します♡

CanCam2020年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】ブラウンコート×白Tシャツ×白パンツ

ヘルシーな雰囲気が手に入る!BANANA REPUBLICの コーデュロイパンツを着回し!『秋冬になると着たくなる、温かみのあるコーデュロイ素材が今季は特に流行ってる! ほっこり見えないように、クリーンなホワイト&ワイドパンツでキレよく取り入れるのが正解。』

ロゴT×ワイドパンツのカジュアルコンビを、ブラウンコートでシックに仕上げて。トレンドのコーデュロイパンツは、ほっこり見えない白をチョイス! トップスはINにしてハイウエストをアピールすれば、脚長効果もばっちりです。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】黒コート×グリーンニット×白Tシャツ×デニムパンツ

グリーンを差し色に効かせた、黒コート×デニムの冬スタイル。深めのVニットにオススメなのがこの合わせ方♡ 白Tシャツでカジュアルに着崩すことで、防寒できるだけでなく一気にこなれ感もアップします!

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】グリーンコート×白ロゴTシャツ×白スカート

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

上品なミントのノーカラーコートは、Tシャツ×コーデュロイスカートでカジュアルダウン。引き締め役の黒は小物でちょっとだけ、あとは白で軽やかにまとめると甘さの程よいこなれコーデに仕上がります♪

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】黒キャップ×黒コート×白プリントTシャツ×デニムパンツ

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

Tシャツにキャップにスニーカー…やんちゃなモノトーンカジュアルも、センタープレス入りのブルーパンツを投入すれば大人っぽい印象に。白小物を投入してさりげない抜け感を。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ライダースジャケット×白プリントTシャツ×黒スキニー

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『エナジー系男子とデートするなら、思い切りスポーティにスニーカーを履く!』

上級者顔のダッドスニーカーは、黒スキニーを合わせてこなれムードに。外でアクティブに過ごす日こそ、デニム×ダッドスニーカーの出番です。スニーカー自体に存在感があるので、×Tシャツのシンプルな合わせが正解。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(楓分)、神戸春美(松本大輝さん分) モデル/楓(本誌専属)、松本大輝  構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【7】ブルーカーディガン×白Tシャツ×黒パンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

素材自体が甘めのモヘアカーデも、サックスブルーなら程よくクールに。黒パンツなど、モノトーン合わせでシンプルにまとめるのがおすすめです♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【8】Gジャン×プリントTシャツ×白スカート

Saint Laurent

フォトプリントのTシャツに白スカートを合わせたワントーンコーデ。さらっとはおれるデニムジャケットで、メンズっぽさをもう少し。スニーカーはベーシックなフォルムに、エッジの効いたグリッターでスパイシーな味付けを。足元のキラキラ感がアクセントになっています♡

CanCam2019年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【9】チェック柄ジャケット×白Tシャツ×グリーンパンツ

Gucci

ベージュ系のジャケットにロゴTとグリーンのタックパンツをコーディネート。グッチのシグネチャーのひとつである、ダブルGのディテールが印象的なショルダーバッグで着こなし自体もクラスアップ! ベージュとブラックのバイカラーがレトロムードを高めます。

CanCam2019年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【10】グレーニット×チャコールグレーTシャツ×白スカート

カウチン×レーススカートでおしゃれなギャップを♡

コート代わりのカウチンニットで旬のヴィンテージスタイルに。ガーリーなレーススカート、やんちゃなプリントT、カントリー調のカウチンニットと、古着っぽいアイテムを大胆に組み合わせた上級コーデは、懐かしいのにどこか新鮮♡ 

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

メインにもインナーにもなるTシャツ


気温が高い春夏はそのままメインとして身軽なスタイルに、気温が低い秋冬にはインナーとして着るなど、様々な着回しができるTシャツのコーデ集をお届け♡ 無地、プリント、ロゴなど、取り入れやすいTシャツは季節問わずたくさん着回してみてくださいね!

 

>CanCam.jp TOPに戻る