着回しできる!おすすめのTシャツコーデ24選|Tシャツ×オフィスカジュアルも人気

一枚でもインナーとしても楽しめるTシャツコーデ

Tシャツ夏コーデ

夏のヘビロテアイテムNo.1♡と言っても過言ではない「Tシャツ」。選びや合わせ方次第で夏のおしゃれを左右するからこそ、旬の着こなしをしっかりチェックしておきたいですよね♪ Tシャツが映える夏は、その日の気分やシーンで色んなTシャツスタイルを堪能しましょう。

シンプルな白Tシャツってこんなに着回せる♡

CanCamの誌面でも活躍中のスタイリスト・たなべさおりさんにプロのおしゃれテクを使った「白Tコーデ」を教えていただきました!

■白Tシャツをきれいめに着るなら…女っぽい小物を散らす!

Tシャツ夏コーデ

Tシャツコーデをフェミニン系にまとめるなら、ボトムはロングスカートが推し! さらに、華やかな小物を添えるのがTシャツコーデをきれいめ&きちんと見せるポイントです。スカーフは、瞬時にシャレ感がUPし顔周りが明るくなるのでおすすめ!

■白Tシャツをガーリーに着るなら…個性派小物でおしゃれっぽく!

Tシャツ夏コーデ

スポーティな白Tシャツで甘さのあるガーリーなボトムをカジュアルダウン。それだけだとつまらいので、ちょっぴりクセのある小物を加えて今っぽさをもうひと盛り。光沢感のあるシェルBAGで夏らしさを加速させたり、サンダルは常夏イメージのオレンジをチョイス! 涼しげなクリアヒールはおしゃれ女子の間で人気です。シンプルな合わせのときは小物の存在感を十分にアピールすることで、周りと差がつくお洒落コーデが完成。

■白Tシャツをラフに着るなら…シャイニー小物でツヤ感を

Tシャツ夏コーデ

今季、大注目のサロペットのインナーにも白Tシャツは適任! うまくコーデになじみつつ主役のサロペットを引き立たせてくれます。ただ、Tシャツもサロペットもカジュアルなアイテムなので、小物を工夫してお出かけコーデに昇格させることが重要。シルバーの大ぶりアクセやバレエシューズなどツヤ感のある小物を足すだけで、部屋着感が払拭できる&コーデが立体的に仕上がります。

存在感バツグン!フォトTシャツがおしゃれ

Tシャツ夏コーデ

フォトTとは、photo(フォト=写真)がプリントされたTシャツのこと。カラープリントをはじめ、モノクロやコラージュなど様々なデザインのものが登場しています。いつもの無地TをフォトTにするだけで、シンプルコーデが今っぽくアップデートされる注目アイテム。1枚で存在感があるので、ベーシックなアイテム合わせやモノトーン配色で着こなすのがおすすめです。

Tシャツコーデの着こなしポイント

Tシャツ夏コーデ

  • シンプルなTシャツコーデは夏小物や個性派小物でシャレ感UP!
  • トレンドのティアードスカートで今っぽいフェミニンな着こなしに
  • 存在感のあるフォトTはワントーンコーデにもおすすめ
  • 無地Tシャツはジャケットのインナーにしてオフィスにも

カジュアルに着るTシャツの夏コーデ

【1】白Tシャツ×デニムスカート×クリアバッグ

Tシャツ夏コーデ

きゅっとベルトで絞ったウエストとゆるやかなAラインが女っぽいラップ風スカートは、華奢なロゴT合わせで大人カジュアルに。小さめバッグとヌーディなサンダルで小物を品よくまとめるのも大人見えのポイントです。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】白Tシャツ×グレーデニムパンツ×シルバーパンプス

Tシャツ夏コーデ

大人っぽくてきれいめな淡いグレーデニムはデートにもぴったり! ロゴTを合わせた超シンプルなスタイルに、デニムとトーンが近いブルーのストライプシャツを巻いて顔周りにアクセントをプラス。シンプルだけどちゃっかりおしゃれな、きれいめカジュアルの出来上がり♪

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】白Tシャツ×チェック柄フレアパンツ×黒ベレー帽

Tシャツ夏コーデ

懐かしさを感じる白のロゴTシャツ×チェックパンツのレトロな着こなし。仕上げはバレエシューズやベレー帽をかぶって、ブリティッシュ気分のモノトーンコーデに。ほんのりフレアに広がるパンツのシルエットが、ヴィンテージっぽくておしゃれです♡

CanCam2020年9月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/kika モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【4】白Tシャツ×ブラウンハーフパンツ×ブルーパンプス

Tシャツ夏コーデ

ロゴTシャツ×ショートパンツの大人カジュアル。スカートライクなフレアシルエットのショートパンツならカジュアルすぎずおしゃれっぽい雰囲気に仕上がります。地味にまとまらないようにブルーのパンプスでアクセントを♡

CanCam2020年9月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】白Tシャツ×黒スキニーパンツ×パイソン柄パンプス

Tシャツ夏コーデ

トレンドのフォトTシャツを主役に、黒パンツやパイソン小物でクールにまとめて♡ ゆるっとした白Tシャツを選んで黒の面積を少なくすると、軽やかなモノトーンコーデに仕上がります。ボトムはスキニー合わせでタイト&女っぽいシルエットに。フラットシューズを合わせるときは、視線が上がる斜め掛けのショルダーバッグでバランスUP!

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【6】白Tシャツ×ピンクシャツ×ピンクパンツ×ピンクパンプス

Tシャツ夏コーデ

くすみピンクのパンツ×白Tで今っぽい配色に。ベリーカラーのシャツや薄ピンクのパンプスなど、ニュアンシーなワントーンでまとめると大人なピンクが楽しめます。かわいい印象が強かったピンクだけど、トレンドのくすみカラーを選べばヘルシーでほんのり色っぽさも漂います♡

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】白Tシャツ×ラベンダーパンツ×ピンクスニーカー

Tシャツ夏コーデ

ビビッドなカラーパンツにヴィンテージっぽいTシャツをIN。足元は、もうひと盛り欲しいな〜ってときに効く、キャッチーなピンクのコンバースが気分です♡ 締めのバッグもカーキ色を取り入れて、あえてのカラー多めが今っぽい!

CanCam2020年8月号より スタイリスト・ モデル/たなべさおり 撮影協力/田邉理沙、木谷成良 構成/田中絵理子

【8】白Tシャツ×白スカート×白ブーツ

Tシャツ夏コーデ

フォトプリントのTシャツに、エクリュ系のミニスカートを合わせた同系色コーデ。足元に悩むミニスカートは、〝ドクターマーチン〟などのゴツめ靴を合わせると今っぽく仕上がります。全身をオールホワイトでまとめて、軽やかさをキープするのがポイント!

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【9】白Tシャツ×チェック柄スカート×白サンダル(中央)

Tシャツ夏コーデ

ノースリのフォトT×チェック柄スカートで程レトロな夏コーデに。スカートと同系色のフォトプリントTシャツなら、甘さ控えめに仕上がります♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】白Tシャツ×デニムパンツ×白スニーカー

Tシャツ夏コーデ

Tシャツ×デニムのド直球コーデは、小物で調節するこなれ感が必要不可欠! メガネ・バングル・バンダナ柄のBAGを取り入れて手抜きコーデに見えないように仕上げましょ♡

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【11】黒Tシャツ×白パンツ×ラベンダーサンダル

Tシャツ夏コーデ

古着風のTシャツに白デニムを合わせて、カジュアルだけど清潔感のある着こなしに。配色が無難に見えないように、パープル小物を2点差しして彩りをプラス。これだけでおしゃれ感が上昇します♪

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【12】白Tシャツ×デニムパンツ×かごバッグ

Tシャツ夏コーデ

万能に使えるストレートデニムに古着っぽい白TをIN! 白×ブルーの配色なら、ヴィンテージっぽい着こなしも爽やかに決まります。かごバッグやターバンで、あえての昔っぽさをプラスするのもおしゃれテク♡ スニーカーは元祖コンバースをチョイスして、ベーシックなのに新鮮なデニムスタイルを楽しもう。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【13】ベージュTシャツ×デニムパンツ×ベージュサンダル

Tシャツ夏コーデ

濃いめの色合いほど、きちんと感がアップするグレー系の黒デニム。カジュアルなチャコールグレーなら、ゆるフォトTやスポサンも幼く転ばずヘルシーに着こなせます。黒とベージュでまとめた配色も大人っぽカジュアルのポイント!

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【14】ネイビーTシャツ×ピンクスカート×クリアバッグ

Tシャツ夏コーデ

Tシャツ×ミニスカートの甘カジュアル。無地Tシャツだと、なんだか素っ気ない!? そんなときはロゴを足すだけで、コーデの〝説得力〟が見違えるほど増すんです♡ 女性らしさが盛り上がるピンク系のサテンスカートとボーイッシュなロゴTのバランスが絶妙です。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

きれいめなTシャツの着こなし

【1】白Tシャツ×グレージャケットセットアップ×黒パンプス

Tシャツ夏コーデ

テーラードジャケット×ショーパンのセットアップは、さらりと着るだけで今っぽモードな印象に。インナーにロゴTシャツを合わせればラフなムードで着こなせます。足元は黒のポインテッドトウでキリッと締めて、きれいめなこなれコーデを完成させて。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】白Tシャツ×ミントパンツ×ラベンダーカーディガン×黒パンプス

Tシャツ夏コーデ

ラベンダーのニットにニュアンスグリーンのパンツを合わせたカラーMIXコーデ。インナーは白のロゴTシャツを選ぶと、程よいカジュアル感がプラスできます。靴とリンクする黒のロゴが締め色的な役割もしてくれます。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【3】ネイビーTシャツ×ネイビージャケット×グレーデニムパンツ×パイソン柄パンプス

Tシャツ夏コーデ

王道のネイビージャケットは、ロゴT×グレーデニムでクールかつこなれ感を。知的なネイビージャケットを今っぽくラフに着るなら、キャッチーなロゴTやグレーデニムでカジュアルダウンするのがおすすめです。仕上げは、パイソン靴やカラーバッグなどエッジの効いた小物使いで盛り上げて。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ベージュTシャツ×花柄スカート×ベージュカーディガン

Tシャツ夏コーデ

流行のマーメイドスカートは、イエローベースの小花柄、さらに裾の切り替えフレアが表情豊か。トップスに白Tを合わせると柄のかわいさが全面に出すぎてしまうけど、ライトベージュのロゴTなら全体のトーンがしっとり落ち着き大人な魅力がUPします。イエローシャツを肩に巻いて、顔周りも華やかに♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】白Tシャツ×ベージュジャケット×イエローパンツ

Tシャツ夏コーデ

ゆるっとしたシルエットと春めいた淡い配色など、今どきムード全開のジャケパンコーデ。ベージュジャケットのインナーは白Tでラフな抜け感をプラスして、全体の淡いトーンはそのままキープ。ほんのり甘いイエロー系のボトムなら、マニッシュなジャケット×パンツも優しげな雰囲気に仕上がります♡

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ブラウンTシャツ×ストライプ柄スカート×黒サンダル×かごバッグ

Tシャツ夏コーデ

コンパクトTシャツ×サーキュラースカートの組み合わせは、レディなメリハリシルエットが作りやすい♡ シックなブラウンTシャツとストライプスカートの大人コーデで、好感度の高い上品カジュアルを完成させて。かごバッグや肌見せサンダルなど抜け感のある小物合わせもおしゃれです。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】白Tシャツ×ミントパンツ×ビーズバッグ

Tシャツ夏コーデ

タック入りのキレイめテーパードでカジュアルなTシャツを品よく投入! 通勤服としても使えるハリのあるカラーパンツは、キュッと結ぶだけでワンポイントになるリボンベルト付き。アクセなしでも手抜きに見えないフォトTシャツとビーズバッグで、今っぽいシンプルコーデが完成します♪

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】白Tシャツ×ピンクジャケットセットアップ

Tシャツ夏コーデ

トレンドのセットアップは、シンプルなロゴT合わせでカジュアルに落とし込んで。きちんと感よりこなれて見える着こなしを意識♡ ロゴカラーとセットアップの色をリンクさせてオシャレ上級者を狙いましょ。

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【9】白Tシャツ×グレージャケット×黒スキニーパンツ×黒パンプス

Tシャツ夏コーデ

脚の形をキレイに整えてくれるスキニーデニムを、×黒ヒールパンプスでよりスタイルアップ! 白Tシャツとジャケットのシンプルな合わせでも、抜群の美シルエット&華やかオーラがUPします。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/MAKI(Linx) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

【10】ブラウンTシャツ×ピンクスカート×白バッグ

Tシャツ夏コーデ

ガーリーなクロシェ編みスカートは、カーキのTシャツで甘さをおさえつつ、大人っぽい小物合わせで幼さを払拭! ブラウスでなくラフなTシャツを合わせるのがピンクベージュのクロシェスカートを今っぽく着こなすポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

小物やボトムをチェンジしてオンもオフも着回して♡

夏コーデに欠かせないTシャツの着こなしを紹介しました。デニムボトムやティアードスカートと合わせてトレンドの着こなしにしたり、夏小物を合わせて季節感を演出してもおしゃれ♡ 無地のベーシックカラーTシャツなら、×ジャケットやきれいめボトムに合わせてオフィスカジュアルにもおすすめです。