【夏のデニムコーデ20選】あか抜けカジュアルの作り方|人気のカラージーンズも紹介【2022レディース】

即あか抜ける♪デニムパンツの夏コーデを特集

デニム夏コーデ

どんなトップスにも合うデニムだけど、おしゃれを叶えるためにはちょっとしたテクニックも必要。カジュアルなデニムにガーリーなトップスを合わせたり、ワンピースとのレイヤードを楽しんだり、着こなしにちょっとした変化球が大切なんです♡ ブルー系デニムはもちろん、カラーデニムを使ったコーデなど、おしゃれ見えの法則を探ります!! 

定番のデニムをこの夏らしく着こなすなら?

Y2Kやヴィンテージブームが続く中、この夏はデコルテやお腹がのぞく肌見せトップスを相棒にして女っぽさを底上げするのが大人気! 今っぽいトップスを主役に迎えて、カジュアルなデニムコーデを盛り上げるのが今年らしいアプローチ♡

■シンプルデニムに少しの肌見せを取り入れて

デニム夏コーデ

ちょっとクールなリジッドデニムに短丈の白カットソー。余計な装飾を足さないデニムコーデから漂う女っぽさは、男性ウケもいいハズ♡ フラットサンダルやちっちゃめ巾着バッグなど、小物も張りきりすぎないのが今っぽい。流行中のお腹チラ見せはシンプルデニムでチャレンジしましょう!

■オーバーオールに透け素材をプラスして女っぽく

デニム夏コーデ

ブラックデニムのオーバーオールで、おしゃれ上手な印象に♡ グレージュのシアータンクから透ける肌が女らしさの決め手! リラクシーな休日コーデは媚びないデニムスタイルを楽しみたい♪

■白デニムにきれい色トップスを合わせて好感度UP

デニム夏コーデ

優しげムードではきたいアイボリーデニムは、きれい色タンクのレイヤードで洒落感がUP! 派手すぎないコーラルピンクなど、肌なじみのいいいいカラーがおすすめ。

夏はハーフ丈のデニムにも注目♡

デニム夏コーデ

難度高めのショートパンツですが、今シーズンはきれいめにはけるバミューダパンツが豊作! ラフにはけるデニム素材なら、ONもOFFもおしゃれっぽい着こなしが楽しめます。リネン素材のメンズシャツやざっくりニットの肩掛けなど、大人カジュアルに落とし込むと印象もきれいめに♡

デニムパンツコーデの着こなしポイント

デニム夏コーデ

  1. クロップド丈トップスを合わせて旬なY2Kムードに
  2. 今季は上下をデニムにする「デニムオンデニム」もトレンド!
  3. ショート丈デニムに抵抗がある人はハーフ丈のデニムもおすすめ
  4. 大人っぽくデニムサロペットを着るならグレーや白が推し

トレンドトップスを合わせる夏のデニムコーデ

【1】アイシートーンが夏っぽいこなれデニムコーデ

爽やかな色落ちジーンズに背中見せの技ありトップスを合わせたシンプルコーデ。新鮮な脚見せで、簡単ワンツーコーデの映え感がUP! サングラスやバッグはベージュで揃えて、夏らしいやわらかなトーンにまとめましょう。

CanCam2022年8月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】休日カジュアルはキャミワンピにデニムを重ねて

Tシャツ×デニムのカジュアルコーデにキャミワンピをさらっとプラス。おしゃれなのに動きやすいデニムレイヤードはアクティブに過ごしたい休日コーデにも◎。デニムを軸にすると、いかにもじゃない甘さがアピールできます。

CanCam2022年7月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【3】トレンドのショート丈トップスでスタイルアップ

美脚っぷりのいいストレートデニムにギンガムチェックのクロップド丈ブラウスを投入! きれいめな印象と今っぽいY2Kテイストが程よくMIXしていてトレンド感もばっちりです。ローファー&ハーフムーンバッグで動きやすいデニムコーデにきちんと感も。

CanCam2022年7月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】柄ビスチェでデニムコーデを今っぽく更新!

簡単にコーデ力が上がるボヘ風ビスチェがハズせない!『カジュアル感や程よい個性が出せるビスチェは、流行のデニムとも相性抜群なプラスワンアイテム!』

柄ビスチェを投入してデニムコーデをワンランク上の着こなしに。オレンジ×ブルーのハッピーカラーとフリンジが目を引くビスチェは、手持ちのタンクやTシャツに重ねるだけでトレンドのY2Kファッションが楽しめます。

CanCam2022年6月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】旬なデニム×デニムにレディな小物でアクセントを

ヘルシーに着るブルーデニムを持ってなくちゃ!『どちらかといえば受け手として慣れ親しんできたデニムが、今年は主役級トレンドとして大注目。アイテム数も豊富だから、今こそ色々なデニムスタイルを楽しみたい!』

この夏トレンド感を重視するならデニム×デニムのコーデがおすすめ。カジュアル度高めのクラッシュデニムは、メタリックバッグやきれい色サンダルなど小物で女っぷりを上げるとコーデ全体が洗練された印象に。インナーはベージュを選んで大人っぽく。

CanCam2022年6月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【6】ワイドなピンクデニムで甘めカジュアルに挑戦

02 まろやかトーン&プチプラでTRYしやすい 着映えするカラーデニムで作るチアフルコーデ『夏に向けて遊びゴコロのあるカラーデニムが人気! ちょっぴり挑戦なアイテムだけど、肌馴染みのいいやわらかな色合いを選ぶとグッと着やすく。POPなスタイリングも、大人顔で楽しめます。』

ロマンティックなピンクパンツ×花柄トップス×ピンクバッグもデニムの力を借りればヘルシーに。甘さとラフさのバランスがちょうどいいピンクデニムは、感度高めのカジュアルコーデにもってこい♡ こなれ感のあるシルエットも手伝って、花柄ブラウスとのコンビもスイートに傾きすぎずちょうどいいバランスに仕上がります。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】肌見せトップス×テーパードパンツの華奢コーデ

01 程ゆるシルエットでおしゃれに体型補整♡簡単にスタイルアップできる美脚デニムに注目!『デニムのバリエが豊富な今シーズン。体型カバー視点で選ぶなら、スッキリ見えつつもピタッとしすぎない絶妙フォルムを狙って。重心をアップさせるコーデを意識すると、さらにバランス美人に。』

スリムテーパードをピンクのボーダーニットでキャッチーにコーディネート。細身でありながらも脚のラインを拾わないフォルムと、軽快なアンクル丈で華奢見え! 夏は肌感のあるカラーボーダーとおちゃめ小物でデニムをテンション高めに着こなして。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】シアーシャツでほんのり色っぽいデニムコーデに

色っぽさとラフさをどちらも狙うなら、デニム×シアーシャツの色っぽカジュアルが正解。肩を落としたシアーシャツは夏の羽織りにもぴったり! ちょっぴり隙のある色気も、デニムを受け手にするとヘルシーでおしゃれっぽく仕上がります。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【9】きれい色トップスを合わせるカジュアルデニムコーデ

オレンジのコットンブラウスにハイウエストデニムを合わせたきれい色カジュアル。靴はトレンドのグルカサンダルを合わせてスタイリッシュな印象に。ゴツさをおさえたい人は、センターに縦ストラップが付いていたり、キャメルカラーのグルカがおすすめです。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【10】ビビッドなカラーを合わせてトレンド感を底上げ

最高にかわいくなれるピンクベースのキュン配色『発色がよく明度の高いピンクは、甘さがトゥーマッチにならないように、カジュアルな素材感やシルエットで抜けよく。そして「あいまいトーンで優しく」or「引き締め色でメリハリよく」着るカラーパレットが、今っぽくて推し!』

靴もブラウスもピンクでまとめた映えコーデは、×色落ちデニムでトレンドのヴィンテージ感も演出。ボトムにウォッシュデニムを合わせるとカジュアルなHAPPYオーラもGET。靴でピンクをリフレインすれば、統一感が増してよりおしゃれに仕上がります。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

大人っぽくてきれいめなデニムパンツスタイル

【1】トレンチワンピを羽織るデニムパンツコーデ

トレンチワンピを着回し!

着映え度の高いトレンチワンピをラフに羽織れば、ヴィンテージライクなデニムスタイルが即完成。クリーンな白とブルーデニムの爽やか配色でカジュアルでも好印象に。ハイウエストのデニムパンツなら、洒落感もスタイルアップも叶います。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】ラフなデニムはきれいめトップスを合わせて上品に

トレンドのデニム は肌見せを効かせて女っぽく『デコルテやお腹がのぞく肌見せトップスを相棒にして女っぽさを底上げするのが、カジュアルなデニムをデート向きに盛り上げる今年らしいアプローチ!』

あせたブルーのカジュアルデニムは、トップスで女らしさをちょい足してきれいめに♡ デコルテ&背中のスクエア開きトップスでヘルシーな色気がONできます。クシュッとしたギャザースリーブとピタッとしたラインのメリハリが上半身を盛ってくれる。

CanCam2022年8月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/岩附永子

【3】白デニム×ブラウントップスの配色が今っぽい

着回しやすい白デニムは、今年らしいショート丈カーデ×タンクのアンサンブルを組み合わせてきれいめに。デニムを合わせたりデザイン性のあるものを選ぶと、アンサンブルトップスの脱コンサバが叶います。オフ白とブラウンの配色もデニムを大人っぽく着こなすポイント。

CanCam2022年7月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【4】ゆるシャツはタイトなデニム合わせでバランスよく

ゆるシャツはとにかく着回す!『定番のゆるシャツは、はおるだけじゃもったいない!巻いたりしばったりして着回すことで、ワードローブが活性化できるんです♪』

シャツ+デニムの定番コーデは、トレンドのストライプ柄で新鮮見え。ハンサムなストライプ柄もワイドなサイズ感を選ぶことで、こなれ感も清潔感もあるデニムカジュアルが完成。メンズライクな組み合わせだから、小物はエナメルのストラップパンプスでガーリーに。

CanCam2022年6月号より 撮影/土山大輔 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/藤岡麻美、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【5】赤のトップスや靴でデニムコーデをガーリーに

03 さりげないディテールに差がつく♡ 今っぽきれいめカジュアルが叶うプレイフルデニム『大胆スリットや抜け感のあるシルエットなど、小技を効かせたデザインデニムで洒落っ気たっぷりに。デニム自体に存在感があるので、シンプルな合わせでも洗練された着こなしが完成♡』

レトロかわいいパッチポケットのデニムで作るフレンチルック♡ ポケットがアクセントになったブルーデニムに、赤のニットとミュールを効かせてパリっぽガーリーな印象に。コンパクトなV開きニットとミュールを赤でまとめたら、遊び心のあるカゴバッグでアクセントを。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】オフィスにも映えるきれいめデニムコーデ

セットアップのジレをきちんと&カジュアルに着回し!

ラフなデニムスタイルにトレンド感を添えてくれるのが旬のジレ。アウター感覚でゆるっとはおるだけで今っぽさが上昇して、テクニック要らずのおしゃれが仕上がります。きちんと感もアップするのでオフィスカジュアルやデートコーデにもおすすめ。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【7】クロップドトップス×ハイウエストデニムでスタイル良く

RULE1 クロップド初心者はブラウスなら間違いない♡『着慣れたブラウスなら、流行りのクロップド丈も手が出しやすい♡ いつものブラウススタイルも短丈にするだけで、即スタイルよく見える新鮮バランスに!』

定番のデニム×ブラックコーデもクロップドトップスなら自然とメリハリがUP。レトロな印象のカシュクールブラウスをクロップド丈で取り入れると今っぽいおしゃれ感もアピールできます。お出かけには、パールネックレスやかごバッグで上品な甘さも添えて。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【8】袖コントップスやヒールパンプスの女っぽデニムコーデ

カジュアルパンツでこなれ見え 肌見せトップスで一点突破!『上半身の女っぽさを引き立てるために、ボトムはラフなパンツで  カジュアルダウン。真逆のテイストを組み合わせることで程よく力が抜けて、嫌みのないヘルシーな色気に導いてくれます♡』

ヒールパンプスとぴったりトップスで定番デニムをドレッシーに刷新! 着るだけでメリハリボディを叶えるギャザースリーブトップスなら、いつものデニムがよそ行き顔に仕上がります。カップ付きだから、下着を気にせず1枚でサラリと着られるのもうれしい。

CanCam2022年5月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【9】赤サンダルや小物でラフすぎないデニムスタイルが完成

パリっぽムードでレディに 変化球デニムで一点突破!『ふんわりした袖やフィット&フレアのワンピなど、    この春はフェミニンなデニムがトレンドin。  クラシカルなバッグや女らしい靴で品よく 味付けて、パリジェンヌみたいな気分で着こなして。』

赤サンダル×デニムの今っぽいフレンチコーデ。着こなしが難しそうなイメージのあるデニムonデニムも、ガーリーなパフ袖トップス×ハイウエストパンツのコンビなら簡単。さらにブラックデニムなら、程よく大人っぽくて着こなしやすさもばっちりです。ヌーディなサンダルやパールピアスで、上品かつコケティッシュな魅力に。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【10】ニュアンシーなグレーデニムなら大人っぽい印象に

2

大きく開いた胸元とパフスリが目を引く肌見せニットを、古着風デニムでカジュアルダウン。ウォッシュがかったグレーデニムを主軸に全身をモノトーンでまとめると、ほんのり緊張感が漂う大人カジュアルが完成します。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

今季はニュアンスカラーのデニムもおすすめ

ブルーやブラックもいいけれど、グレーやベージュなどニュアンシーなカラーデニムが今季は豊作! ブルー系よりもラフさが抑えられて大人なカジュアルコーデが作れるので、オフィススタイルにもなじみます。デニムのサロペットは幼く見えない白やグレーを選んだり、今っぽさ重視ならフレアデニムがおすすめ。