今日はムリ!「仕事のやる気が出ない日」みんながやる気を出すためにしてること8選

生活をしていくためには、お仕事をしてお金を稼ぐことは必要不可欠です。

そんな当たり前のことはよくわかっているけれど、だからと言って、いつでもやる気満々で、「よし、やるぞ!」という気持ちがみなぎっているわけではありませんよね。特に季節の変わり目はどうしてもだるくなったり、憂鬱になったりしがち。

「今日だけはどうしても無理……」とやる気が出ない日があるほうが、むしろ自然。

というわけで、「仕事の日、やる気が出ないときどうしているか」という対処法を、18歳から35歳の女性を対象にアンケートしました! その結果を発表します。

仕事,やる気,出ない

まずは「やる気が出ない頻度」について見ていきましょう。

Q.「仕事のやる気が出ない…」ということが、どれくらいの頻度でありますか?


 

「仕事のやる気が出ない…」ということが、どれくらいの頻度でありますか?
●1位「週1~2回ある」……26.8%
○2位「毎日のようにある」……24.1%
●3位「週の半分以上ある」……23.2%
○4位「月1~2回ある」……11.6%
●5位「ほとんどない」……9.8%
○6位「2~3カ月に1回ある」……4.5%

 

約75%の女性が、少なくとも週に1回以上はやる気がない日があると回答! よかった、みんな意外と「毎日キラキラ! 仕事楽しい!」ってわけじゃないんですね……とホッとしています。

では、そんなやる気の出ない日を、皆さんがどう乗り越えているか聞いてみました。その結果をご紹介します!

【みんなが仕事のやる気を出すためにしていること、まとめました】

■「好き」の力で癒される


「愛犬の写真を見て癒される」(25歳・会社員)

「関ジャニ∞のクリアファイルを手元に置く」(26歳・会社員)

「仕事の日の朝に、好きな人のInstagramを見る」(23歳・その他)

「お昼に好きな海外ドラマやアイドルをyoutubeで鑑賞して、午後その妄想に浸る」(25歳・会社員)

「ミッキーのぬいぐるみをハグして元気を出したり、ミッキーの写真を見たり、ディズニーソングを聴く」(21歳・学生)

やはり「好き」の力って、偉大です。好きなアイドルや大好きなペットなどの写真をそばに置いたり、朝やお昼休憩に好きなものを見たり聞いたり……それだけでパワーってみなぎってくるものです。やる気が出ない日は意識的に「好きなもの」を身の回りに置いてみましょう。

 

 

■メイクや服装に気合いを入れる!


メイク

「いつもより丁寧にメイクして、一番好きな服を着て気分を上げる」(23歳・学生)

「気に入ってる洋服を着たり、メイクを変えたり、靴を変えたり、好きな音楽を聴く!」(22歳・会社員)

「やる気を出すためにメイクと洋服に気合いを入れて出勤する!そうすると、気持ちもシャキッとするので!」(26歳・会社員)

「あえてじっくりスキンケア、しっかりメイク、きちんとおしゃれ!」(27歳・会社員)

やる気が出ない日だからこそ、少しでもテンションを上げるために、メイクや服装に気合を入れるという女子、多数! 見た目が決まっていると、不思議とやる気もわいてくるものです。

 

■朝の時間を充実させる


「スタバでコーヒーを買ってから出社」(29歳・会社員)

「朝早くに職場に行ってコーヒーを飲みながらほっとする」(28歳・その他)

「朝ごはんを豪華なものにしてゆっくり過ごす。美味しいドリンク、スタバなどを会社に持ち込んで飲みながら仕事をする」(25歳・会社員)

「出勤前に好きなショップによって服やアクセサリーなどをみる。お店がオープン前の時はネットで欲しいものなどをみてそれを買うために頑張る」(22歳・学生)

1日の充実度を決める「朝」の時間。好きな飲み物を飲んだり、美味しいものを食べたり、出勤が遅いなら楽しいものを見てから仕事に行ってみたり。ちょっとの行動で、グッと「今日も1日頑張ろう!」と思えます。

 

■スイーツを食べる!


「甘いものを食べる。ご褒美」(35歳・専門職)

「ランチにスイーツを買って糖分補給! かわいい8カ月の甥っ子の動画を見る!」(29歳・その他)

「朝からコンビニチョコを食べながら出勤!」(25歳・会社員)

「ランチ、飲み物やお菓子を豪華に」(30歳・会社員)

疲れていてやる気が出ないときは、甘いものを食べることも有効的です。ストレス解消にもなりますし、肉体的にも満たされます。ただし、食べ過ぎにはご注意を!

 

■楽しみな予定を立てる!


「夜のドラマを楽しみに頑張る!」(24歳・専門職)

「その後の楽しい予定を立てる」(20歳・学生)

「仕事終わりの予定を入れる」(30歳・アルバイト)

「終わった後の楽しみを考えながらする」(19歳・学生)

「仕事(私の場合は勉強)を頑張ったらスタバにに行くとか、ケーキを買って帰る、とか自分への御褒美を考えます」(19歳・学生)

「ひとりでカラオケに行き、大好きなアーティストの曲を熱唱してストレス発散が一番! 時間がないときは部屋を暗くして、家庭用プラネタリウムとキャンドルをつけて、癒される音楽をかけて自分を甘やかします」(27歳・フリーランス)

「これが終われば楽しい予定がある!」という日って、仕事がサクサク終わりませんか? 自分にブーストをかけるために、デートや友達との食事の約束を入れたり、プチご褒美を買って帰るなどの楽しい予定を先に立て、それを目標に頑張る、というのも手です。

 

■音楽を聴く


「イヤホンで洋楽を聴きながら作業をする」(30歳・会社員)

「自動車通勤しているのですが、元気になれる曲をリピートしています」(27歳・会社員)

「車で通勤中、好きなアーティストのDVDを音量上げて歌いながら運転します」(26歳・その他)

もちろん職場で音楽を聴いてはいけない場合もありますが、問題がないようなら、好きな音楽、シチュエーションに合った音楽を聴いてリフレッシュをしてみるのもいいかもしれません。

 

■飲み物で気分爽快!


「栄養ドリンク。ほぼ毎日飲んでる」(27歳・フリーランス)

「エナジードリンクを飲む!!!」(28歳・その他)

「ハーブティーを飲んで気合いで乗り切る」(30歳・専業主婦)

カフェイン入りのエナジードリンクや、すっきりミント系のハーブティーなどは、飲むだけで目が冴えて、やる気が出てくるきっかけになるかもしれません。コーヒーなどもいいですよね。

 

■そんな日もあるさ!


「欲しいものや楽しいことを考えてみる! それでダメならそのまま過ごします」(27歳・派遣社員)

「そんな日もあると思って、特別頑張らない!」(26歳・会社員)

「やる気がないなりに手は動かすようにすると、自然とやる気になる」(24歳・会社員)

 

やる気が出ないことをぐるぐる考えて落ち込んでしまうよりは、「そんな日もある!」と、あまり気にせず手だけとりあえず動かしてみる。そうするといつのまにかやる気が出てくる、ということもありますよね。

 

他には「毎日ジャンプする」「外回りの営業中に少し遠方までドライブ」など、皆さんさまざまな方法でリフレッシュしているようでした♪

 

仕事へのやる気はいつも一定で、著しく落ちることはない、という人も世の中にはいるでしょうが、圧倒的に「やる気が出ない……」という経験をしている人の方が多いことでしょう。やる気がなくてもどうにかなるときは良いとして、やる気を出さなくてはならない「ここぞ!」というときは、自分に合った対処法で、やる気を呼び起こしていきましょうね!(柴田美香)

 

★「もうイヤだ…」人生や仕事に疲れたとき、元気をくれる12の気分転換法

【あわせて読みたい】

※「月曜が憂鬱…」を和らげる。日曜夜と月曜朝を楽しくする、11の方法

※朝起きるのがツライ方へ。ラクに早起きするための4つの方法

※これはダメでしょ…職場で「仕事できないな~」と思われる人の言動5選

※予定があって…職場から早く帰りたいときにめっちゃ使える「上司を納得させる」言い訳5つ

※今年の目標、頑張れてる?読むだけでやる気が出る、みんなが頑張ってることリスト