「回転寿司」で食べる皿の数は?いくら使う?1000人調査

突然ですが「お寿司」大好きですか? 調査によるとお寿司を食べる方法として「回転寿司店」を利用している人が約7割にも昇るんですって! 確かに、昔ながらの「寿司店」よりも「回転寿司店」をよく見かけますよね。

(c)shutterstock.com

マルハニチロ株式会社が関東と関西に住む15〜59歳の、月1回以上回転寿司店を利用する男女1000人に「回転寿司店に関する調査」を実施。私も子どもが生まれる前は「寿司店」でしたが、今はもっぱら「回転寿司店」を利用してます。子どもがちょっとしたアミューズメントパーク気分になってくれるので大活用です(笑)。

人気の回転寿司店の前はいつも大行列ですが、一体どのくらいの頻度で行っているのでしょうか?
回転寿司店の利用頻度を調査。

「週に1回以上」5.2%
「月に2〜3回」9.3%
「月に1回程度」20.7%
「2〜3か月に1回程度」31.3%
「半年1回程度」18.7%
「1年に1回程度」8.4%
「それ以下の頻度」6.5%

「月に1回以上」回転寿司店に行っている人は35.2%に! 昔はお寿司屋さんに行くとなると、記念日など特別な日に、という家も多かったハズ。でも回転寿司店はリーズナブルだし、特別な日でなくても行くことができますよね。

ではどんな「回転寿司店」へ行くことが多いのでしょうか?
「格安均一価格店」と「更によって値段だ違う店」どちらを多く利用している?


「格安均一価格店が多い」40.5%
「どちらかといえば格安均一価格店が多い」30.2%
「どちらかといえば皿によって価格が違うお店が多い」17.2%
「皿によって価格が違うお店が多い」12.1%

「格安均一価格店が多い」と「どちらかといえば格安均一価格店が多い」を合わせれば、70.7%の人が「格安均一価格店」を利用していることに。最近では「格安均一価格店」で会っても新鮮なネタを食べられますよね。

では回転寿司店を選ぶ際に、重視しているのは?

1位 「おいしい」49.2%
2位 「価格が安い」47.5%
3位 「ネタが新鮮」39.9%

どれも僅差で「美味い、安い、新鮮」の三拍子が揃いました。回転寿司店のレベルも上がり、消費者としてはどんどん欲張りになってしまいますよね。

こうなると回転寿司店で、何皿食べるか気になりませんか?

<男性>
1位 「10〜14皿」
2位 「5〜9皿」
3位 「15〜19皿」

<女性>
1位 「5〜9皿」
2位 「10〜14皿」
3位 「4皿以下」

男性はやはり枚数が多いですよね。格安均一価格店だけで調べたら、もっと数が増えるかもしれません。ちなみに私は、お寿司は6皿くらいで収めてサイドメニューを頼みます。

そのサイドメニューを頼む人は何皿くらい食べるのでしょうか?

1位 「1皿」
2位 「2皿」
3位 「3皿」

唐揚げや果物、アイスなどいろいろあるのになんだか少ない結果に。私は「汁物」と「デザート」が鉄板です。

ではそろそろ締めに、ひとり当たりいくら支払っているのか見てみましょう。

1位 「1,000円〜2,000円未満」
2位 「2,000円〜3,000円未満」
3位 「1,000円未満」

平均すると1,519円になりました。お寿司だけ食べるとこのくらいの値段ですよね。私はお寿司にお酒が絶対なので、もっといってしまうかも。。。3位の「1,000円未満」の人は、サクッと食べて帰るパターンの人ですよね。昔、先輩に「飲み会前に回転寿司を詰め込んでいくと酔わないよ」と連れて行ってもらったことがあります。こんな利用の仕方もありますよね。

ちょっと気になるみんなの「回転寿司事情」を見てみました。お寿司は5〜9皿でサイドメニューは1皿、¥2,000未満の利用が平均でしたね。これならお腹も満足だし、お財布の負担にもなりません。これを知ってしまうと、もっと回転寿司店へ行く頻度が増えてしまいそう(笑)。

情報提供元:マルハニチロ

【あわせて読みたい】

※The Tabelog Award 2017が発表!寿司、フレンチ、イタリアン…予約の取れない名店を一挙ご紹介!

※初デートで「回転寿司」ってアリ?ナシ?男女の答えが意外な結果に

※男女別「初デートで行きたくない場所」ランキング、女子の約半数が選んだ1位は…身近なあの場所

※「おあいそ」の正しい意味を知らないと恥ずかしい!寿司屋のルール4つ

※家族旅行に人気の温泉地ランキング…2位は那須温泉、1位はあそこ!