「細魚」読めたら超すごい!今が旬のあの魚です!

「細魚」読める? 今が旬の魚です!


春夏秋冬、季節ごとの旬の味覚を楽しめる日本。みなさんも食べる機会も多いのではないでしょうか? しかし、ごはん屋さんのメニューが読めないと話になりませんよね。

例えば「𩸽」「公魚」「鰙」などは全てある魚を表す漢字です。みなさん読めますか?

今回も魚にまつわる漢字を出題! お題はコチラ。

細魚

「細魚」

「ほそざかな」ではありません。ですが文字通り、確かに身が細い特徴がありますよ。

小学館デジタル大辞泉によると

「ダツ目サヨリ科の海水魚。全長約40センチ。体は細長く、下あごが突き出し、先が赤い。背部は青緑色、腹側は銀白色。沿岸の表層にすみ、汽水域にも入る。刺身、吸い物種とされる」

とのこと。

解説にもあった通り、お寿司として食べられることが多いこの魚。実はこの冬が旬なんですよ! みなさん分かりましたか?

 

正解は……

細魚の読み方

「さより」でした。(針魚と書くことも)

見た目は美しい魚ですが、お腹の中が黒いのが特徴。ですので、見た目は美しいが実は性格が悪い人のことを「細魚のように腹黒い」と比喩に使われるようになったそうです。

細魚のように腹黒い人間にはなりたくないものです。漢字クイズは毎日更新中♪ 他の問題にもぜひチャレンジしてみてくださいね! (齋藤有紗)

 

 

★他にもチャレンジしてみる? 漢字クイズ 記事一覧はコチラ

 

★「公魚」読める?冬の風物詩にもなっている、おなじみのあの魚

>CanCam.jp TOPにもどる