ベージュニットの秋冬コーデ10選|リブ・カシュクール・バックシャンなど

ベージュニットのおすすめコーデ集

秋に大活躍の「ベージュニット」を取り入れた、おすすめコーデをピックアップ。こなれたワイドパンツや、クールフェミニンなロングスカートなど、トレンドアイテムとも相性バッチリのベージュニット。今どきのおしゃれ感が手に入るベージュコーデで、上品&好感度高く着こなして♡

ベージュニットを合わせる秋コーデ


【1】ベージュニット×白パンツ

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

後ろで裾を結ぶタイプの変形カシュクールニットに、ひざ下からふわりと広がる美シルエットのフレアパンツ。ミニマルなコーデも、今っぽディテールを効かせるとグッと素敵な雰囲気になれる! 

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ベージュニット×緑プリーツスカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

女の子らしさを詰め込んだ、ふわふわニットがコーデの主役♡ パールボタン付きのバックシャンデザインが、センシュアルな魅力を高めてくれます。ボトムは微光沢のフェードプリーツスカートでお育ちよさげに仕上げましょ。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ベージュニット×水色フレアスカート

03[あやうげ肌感ニット]『見えるの? 見えないの? 思わせぶりなニットからのぞく素肌は、ダイレクトな肌見せスタイルよりも、色気があって、親しみやすくて♡今秋トライするなら、おしゃれにキマるこの2大デザインがいい感じ!』

胸元が開いたざっくりニットで目指したいのは、肩ひじ張らないエフォートレスな色気♡ カジュアルになりすぎないよう、サテン素材のスリムフレアスカートできれいめにまとめて。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【4】ベージュニット×水色ロングスカート

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

前はシンプルだけど後ろはレースアップになった、二面性のあるニットデザインで色っぽさを後押し。コーデュロイ素材のアイスブルースカートで、甘さ控えめのクールフェミニンを目指して♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】ベージュニット×ベージュシャツ×花柄スカート

01[あいまいベージュ]『どっちつかずの色合いでやさしげなムードをメイク♡』

ヴィンテージ風の花柄スカートに、コーデュロイ素材のCPOシャツ。今っぽさたっぷりの組み合わせこそ、あいまいベージュのワントーンで、上品&好感度高く着こなして。ハイネックなど、露出度控えめなアイテムを軽快に見せてくれるところも心強い♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【6】ベージュニット×ベージュパンツ

優しさに包まれるたおやかベージュ『気張らない女らしさと今どきのおしゃれ感が手に入るベージュは、きちんとした服にはやわらかさを与え、ガーリーな服には品格を携えてくれます。肌なじみのいい優しげなベージュを重ねてムード作りを。』

気張らない女らしさと今どきのおしゃれ感が手に入るベージュコーデ。ダボッとしたニットにパンツ、キャップをかぶったカジュアル度が高いスタイリングも、しなやかなベージュトーンなら好感度もばっちりです♡ 締め色には角が取れた穏やかなブラウンで、程よく色香が漂う着こなしに。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/Flamebike 構成/浜田麻衣

【7】ベージュニット×ベージュワンピース

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

落ち感がキレイなとろみワンピは〝美人見え服〟の代名詞。ブラウンを差して甘さを抑えた着こなしが、ムードたっぷりでおしゃれです! のっぺりしがちなベージュワンピは、インナーのニットやベルトで奥行きのある着こなしに♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【8】ベージュニット×ピンクロングスカート

1位 「着るだけで女らしく見える」と全方位から好感度MAX!ベーシックカラーニット×秋色フレア『一番人気は、どんな場面でもどんな人からも愛される、鉄板の上品かわいいワンツーコーデシンプルなニットも、秋色フレアとのコンビなら大人っぽさと華やかさの両方が手に入る♡』

一枚でサマになるくすみピーチのフレアスカートに、シンプルなオフ白ニットをコーディネート。華奢見えするデコルテ開きのリブニットと合わせれば、甘さ控えめなレディスタイルにまとまります。

CanCam2018年11月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/伊藤舞子 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【9】ベージュニット×花柄スカート

クラシカルな花柄スカートで作る優しげなワントーンスタイル

フラワー柄のプリーツスカートにあしらわれた部分レースと、まろやかなベージュトップスの合わせがエレガント。ベージュピンクやオフホワイトで作る、やわらかなトーンでいい女っぽさも演出して。足元はツヤのあるパテントパンプスで、女らしさをもうひと盛り♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

【10】ベージュニット×ベージュオールインワン

ベージュを重ねて、洗練されたワントーンスタイルに♡

オールインワンとニットを同色でまとめて、おしゃれ上級者っぽく! ラメ入りニットなら華やかさ&奥行きが出せるので、ワントーンでものっぺりせずに着こなせます。黒サンダルやシルバーアクセでキレよく仕上げて、きれいめなアプローチをするのが正解♪

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

大人可愛いくもクールにも着られるベージュニットは、秋冬の着こなしにマスト! ダスティカラーとも相性がいいので、旬のなじませコーデにも活躍します。ざっくりニットはもちろん、引き続き人気のリブやモヘアなどバリエーションも豊富です♡

★あの人オシャレ♡と思われる!帽子のおすすめコーデ27選

>>CanCam.jp TOPへ戻る