今旬シルエットが叶う♡ワイドパンツの秋コーデ14選

秋のワイドパンツコーデを大特集!

人気継続中のワイドパンツは秋コーデにも取り入れたい!デニムのワイドパンツをはじめ、カラー別ワイドパンツの着こなしを紹介します♡

【目次】
デニムワイドパンツ秋コーデ
黒ワイドパンツ秋コーデ
ネイビー(紺)ワイドパンツ秋コーデ
ブラウン(茶色)ワイドパンツ秋コーデ
ベージュワイドパンツ秋コーデ

デニムワイドパンツ秋コーデ


【1】上品かつ華やかな小花柄の大人っぽブラウスが主役

上品かつ華やかな大人っぽ小花柄ブラウスが主役のコーデ

お出かけモードを盛り上げてくれる、華やかでハッピーな花柄ブラウスをチョイス♡ ふわりと揺れる袖が女性らしさを上げてくれるだけでなく、白まじりの小花柄なら全体がパッと明るい印象に。ヴィンテージ感漂うブラウンだったり、襟周りが大きく開いているデザインが、女子っぽすぎずに着こなせるポイントです。ボトムは、ウォッシュがかったワイドデニムを合わせてレトロガーリーな着こなしに♪ ほどよく体にフィットするシャーリングのおかげで、細見えが叶うのも嬉しい。スッキリとしたトップスを選んだ日は、少しワイドなボトムを合わせてこなれたバランス感も意識して。ブラウスとパンプスをブラウンでまとめて、統一感だけでなく秋っぽさもプラスすれば、よりオシャレ度がアップします♪

★【今日のコーデ】レトロガーリー♡秋の花柄ブラウスが主役の着こなし

【2】季節の変わり目に活躍するブラウスでフレンチガーリーに

季節の変わり目に活躍するブラウスでフレンチガーリーに

襟元のフリルとボリューム袖が可愛いブラウスは、一枚着るだけで大人っぽさと華やかさをプラスしてくれます。サラリとした着心地は、温度の変化が気になる今の時期にぴったり♪ ハイライズデニムにインして、フレンチガーリーな着こなしを楽しんで。全体のアクセントにチョイスしたのは、レオパード柄のバレエシューズ。ポインテッドトウなら、派手になりすぎず女度アップが狙えそう♡

★【今日のコーデ】季節の変わり目にぴったり!定番デニムのちょい足しコーデ

【3】大人顔のフラワー柄でデニムコーデを甘めリッチに♪

大人顔のフラワー柄でデニムコーデを甘めリッチに♪

シワ加工されたブラウスが、渋色の小花をこなれた印象にアップデート! 切りっぱなしのワイドデニムで、きれいめなブラウスを今っぽくカジュアルダウンするのがおしゃれです♡ ファー付きバッグで、季節感を先取りするのも上級テク。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ロマンティックなヴィンテージ風コーデで感度の高い秋スタイルに

ロマンティックなヴィンテージ風コーデで感度の高い秋スタイルに

ゆるっと感がかわいいローゲージのカーディガンは、アンティーク調のボタンがアクセント。シンプルなデニム合わせでも、ワイドなシルエットやステッチ使いなど、どこか〝ヴィンテージライク〟を意識したアイテムを選ぶのが正解です。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

黒ワイドパンツ秋コーデ


【1】女っぽさ格上げのレディなラメカーデで差をつけて

女っぽさ格上げのレディなラメカーデを主役に

キラキラ素材が特徴のラメカーディガンは、一枚で着こなしが華やぐ便利アイテム♪ インナーにブラックのレースキャミを合わせることで、シャイニーなアイテムをレディな着こなしに落とし込めます。ボトムはちょっぴりモードな黒のワイドパンツをチョイス。同系色の中にラメ素材を取り入れることで、こなれたカジュアルスタイルが完成します。

★【今日のコーデ】こなれた上品さをプラスする「ラメカーデ」が主役のコーデ♡

【2】ドット柄の甘さと調和するピンクグレーのライダースが気分

濃い色デニムとロゴTで70’Sスタイルに

ピンクグレーのスエードジャケット×ドット柄のワイドパンツで、今年らしさ満点な着こなしに。絶妙なピンクとグレーの中間色は、甘すぎず程よくクールにきまるから羽織るだけでおしゃれ見えが叶います♪

CanCam2017年10月号より 撮影/江原英二(Astro) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/田中絵理子

【3】フリルたっぷりのブラウスはモードな黒パンツで糖質OFF!

フリルたっぷりのブラウスはモードな黒パンツで糖質OFF!

デコルテや袖口に大ぶりのフリルが付いた、ロマンティックな一枚♪ ステッチ入りのワイドパンツでちょっぴりエッジを効かせれば、かわいいだけで終わらない印象的なItスタイルが完成します!

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】トレンドのジャケットは、どれだけ着崩せるかが鍵!

トレンドのジャケットは、どれだけ気くずせるかが鍵!

きちんと感のあるジャケットは、中をヘルシーなキャミソールにして肌の抜け感をプラス。ボトムはワイドをチョイスすると360度こなれて見える!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

ネイビー(紺)ワイドパンツ秋コーデ


【1】どきっとするほど華やかなレースブラウスが主役

どきっとするほど華やかなレースブラウスが主役

暑さが気になる日は、繊細なレースブラウスで涼しさと華やかさを楽しんで♡ 夜の肌寒い気温に合わせてGジャンを羽織れば、季節感を意識したコーデに。 秋へと変わる今の時期には、ライトアウターを持っておでかけするのがオススメです。鮮やかピンクのレースブラウスは、顔周りをパッと華やかに見せてくれるのも魅力のひとつ。トップスがフェミニンなので、シックなネイビーのワイドパンツを合わせて甘さの引き算を心がけて。 トップスとリンクさせたピンクのパンプスで、統一感のあるスタイルに仕上げるのもおしゃれ見えのコツなんです。

★【今日のコーデ】お得すぎ!プチプラに見えない華やかレーストップスが主役

ブラウン(茶色)ワイドパンツ秋コーデ


【1】ブルー×ブラウンの大人配色が映える上品カジュアル

ブルー×ブラウンの大人配色が映える上品カジュアル

一枚で主役級の存在感を放つ鮮やかなブルーニットには、ブラウンのコーデュロイパンツを合わせて秋らしさをプラス。足元にこっくりカラーのパンプスを合わせて、女性らしさも忘れずに。この秋注目されているエコファーバッグは、片方の持ち手でラフに持つのがトレンド。 存在感たっぷりのファーが季節感をアップさせてくれるだけでなく、カジュアルなスタイルにもしっかりとマッチするのが人気の理由です♡ くすみブラウンのリップや、ヴィンテージ感溢れるアクセサリーで大人レトロな着こなしを楽しんで。

★【今日のコーデ】ブルー×ブラウンの大人配色が映える上品カジュアルコーデ♡

【2】女性らしいオフショルには ×パンツくらいの抜け感を!

女性らしいオフショルには ×パンツくらいの抜け感を!

永遠に大好きな肌見せトップス×ワイパンを、スエットが程よくカジュアルダウン♪ いつものコーデにスポーティなアイテムをひとつ投下するだけで、装いがグッと〝自由(ロゴのLibertyのとおり)〟に広がります!

CanCam2018年10月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

ベージュワイドパンツ秋コーデ


【1】ニットカーデ×チノパンの秋旬カジュアルで今っぽく

ニットカーデ×チノパンの秋旬カジュアルで今っぽく

厚手のニットカーディガンをトップス風に着たスタイルでラフな女らしさを満喫♪ 太めのリブカーディガンは、レイヤードスタイルも楽しめるVネックのデザインが魅力的。同素材のスカートとセットアップで展開されているアイテムですが、ボトムをカジュアルなチノパンに合わせることで全く違った雰囲気が楽しめます。

★【今日のコーデ】厚手ニットカーデをさらりとチノパンで着こなす、こなれカジュアル

【2】可憐なドットブラウスはワイドパンツでちょいハンサムに

可憐なドットブラウスはワイドパンツでちょいハンサムに

透け感のあるシアー素材なら、黒の長袖ブラウスも涼しげな印象に。シンプルなタックパンツでなくハイウエストのワイドパンツを選ぶことで、コンサバなブラウスもグッと今っぽく着こなせます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ウエストディテールのキレイめパンツで美スタイルに

ウエストディテールのキレイめパンツで美スタイルに

ワイドパンツは、スタイルよく見える着こなしがいちばん大事。ベルトが映えるハイウエストなデザインなら、脚長効果も抜群です。トップスには、コンパクトな赤ニットをINにして、さらにスタイルよくまとめましょ♪ 足の甲が見えるように計算された丈感も、スタイルアップのポイントです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/八木橋佳世