「ここまでに結婚したい年齢」って、何歳ですか?聞いてみたら男女差が…スゴい

みなさん何歳までに結婚したいと考えてますか? 周りが結婚するという話を聞くとどうしても焦り始めてしまいますよね。また理想の結婚相手の条件はありますか? 絶対にコレってものがないとしても、何となくこんな人がいいなって理想はありますよね。

結婚
(c)Shutterstock.com

そこで今回は結婚相談所サンマリエが、20~60代男女196名に行った“「婚活の日」結婚と婚活に関するアンケート2018”の結果をご紹介します。

◆Q.「ここまでに結婚しておきたい」と考える年齢は……何歳ですか?


◆Q.「ここまでに結婚しておきたい」と考える年齢は……何歳ですか?

【男性】

1位 35歳 40%
2位 30歳 26%
3位 40歳 11%

(以下、50歳 10%、25歳 8%、20歳 3%、45歳 2% の順)

【女性】

1位 30歳 41%
2位 35歳 29%
3位 50歳 9%

(以下、40歳 8%、25歳 7%、45歳 5%、20歳 1% の順)

『自分はこの年齢までには結婚したい、という年齢はいくつですか』という質問では男女ともに「30歳」「35歳」という回答が多くなりました。また回答者全体の8割近くが30代には結婚パートナーを得たいと考えているようでした。仕事も落ち着いてきたくらいの時期には結婚したいと考える人が多いのではないでしょうか。20代と答えた人は全体の1割程で、思った以上に少ない結果になりました。

男性は「35歳」が40%でトップ、女性は「30歳」が41%でトップ。やはり全体的な傾向として、女性のほうが少々早めに結婚しておきたい……という願望は強いようです。

 

では次に「最も重視するもの」を調査してみました。

◆Q.結婚相手を選ぶ場合に最も重視するものは、何ですか?


 

◆Q.結婚相手を選ぶ場合に最も重視するものは、何ですか?

 

【男性】

性格 70%
容姿 15%
年齢 3%
経済力 2%
職業 2%
学歴 1%
その他 7%

【女性】

性格 80%
経済力 12%
年齢 2%
職業 2%
学歴 1%
その他 3%

 

 

『結婚相手を選ぶなら最も重視するものは?』という質問に、『学歴』・『職業』・『容姿』・『性格』・『経済力』・『年齢』・『その他』の選択肢を設けています。男女とも圧倒的だったのは『性格』でした。年々、相手の「中身」を重視した意見が増えています。結婚するとなると、交際とは違って外見だけではなく性格の方を大事に考える人も多いように感じます。また2位は男女で異なる結果になりました。男性は『容姿』、女性は『経済力』となっています。男性は養っていく立場の方が多いので経済力を気にすることは少ないのでしょうか、その分容姿がランクインしました。女性は子どもが生まれたら、今の仕事が思うように出来るとは限りません。そのためパートナーの経済力を重視する傾向にありました。

また、その他の回答には『フィーリング』・『価値観』・『生命力の高さ』・『総合力』・『尊敬できるかどうか』・『雰囲気』というものがありました。いわゆる“スペック”ではなく、いっしょに人生を過ごしていくための「その人の中身」で相手を選ぶ傾向があるようですね。「その人の中身」を重視したほうが長く円満な関係を築けるような気もします。

最後に、女性の2位にもランクインした「経済力」について詳しく調査しました。

 

◆結婚相手に望む年収は……


Q.結婚相手に望む年収はどのくらいですか?

 

Q.結婚相手に望む年収はどのくらいですか?

【男性】

1位 こだわらない 43%
2位 300万円 32%
3位 400万円 14%

(以下、少数回答
200万円以下 3%
500万円 4%
600万円 2%
700万円 0%
800万円 1%
900万円 0%
1000万円以上 1%)

【女性】

1位 400万円 23%
2位 こだわらない 20%
3位 500万円 19%
4位 600万円 15%

(以下、少数回答
200万円以下 0%
300万円 2%
700万円 8%
800万円 8%
900万円 0%
1000万円以上 5%)

 

男性の回答で最も多かったのが『こだわらない』、2位が『300万円』でした。

「金額にはこだわらないが、ある程度は稼いでほしい」、「少なくても構わないので一緒にがんばりたい」と、少なくともある程度年収があるという前提で答えている人が多い印象でした。

女性では『400万円』という回答が1位。昨年は『500万円』・『600万円』が同数で1位でしたが、年収の希望が下がっています。さらに「こだわらない」が2位にランクインしていますし、働く女性が増えていることから、そこまで相手の年収にこだわる必要がない女性も同じくらい増えているのかも。とはいえ、「200万円以下」はゼロ。産休・育休など、自分が働けない期間のことを考えると、高年収ではなくてもいいから、ある程度は欲しいな……というのがリアルな声ですよね。

 

結婚に夢や幻想を抱くのではなく、極めて現実に即して、「一緒に結婚生活を過ごすうえで大事な本質」を見極める人が多いことがわかりました。個々の経歴や今の環境などによって結婚への考え方はそれぞれであると思いますが、みなさんに素敵な生涯のパートナーが見つかりますように。(ほんじょうみゆき)

 

情報提供元:結婚相談所サンマリエ

 

★【女子のリアル平均】20~30代の女性が結婚相手に求める「最低年収」は、なんと○○万円!

【あわせて読みたい】

※既婚者男女に聞いた「こんな相手とは結婚してはダメ!」2位は浪費癖がある…では1位は?

※自分より年収が低い人と、結婚できる?男女それぞれの本音を聞いてみた

※婚活のプロに聞いた「結婚できない人」にありがちな4つの特徴

※こんなに違うの!?親世代とアラサーが思う、結婚式の理想と現実

※「結婚してよかった」と思っている人はなんと●割!その理由も聞いてみた