「縁結び」で、すべきこと・絶対NGなことリスト【11月5日は縁結びの日】

11月5日は「縁結びの日」です。

島根県の「神話の国・縁結び観光協会」が制定したもので、旧暦10月(=現在の11月頃)に、出雲大社に全国の神が集まる、ということと、「いい(11)ご(5)えん」(いいご縁)の語呂合せから生まれたものです。

Woman Insightでは、これまでに何度か「出雲」や「縁結び」について特集してきました。その中から、「いいご縁を招くためにすべきこと、絶対NGなこと」をまとめてご紹介します♪

%e3%81%8a%e7%a5%88%e3%82%8a

 

【出雲大社に聞いた、絶対NG事項】

「縁結び」と言えば、出雲大社をはじめとした「ご縁」に効く神社にお参りに行ってみる、という方も多いのではないでしょうか。でも、「逆に運気を下げてしまう行動」もあるのです。出雲大社の方に直撃した、その行動は、コチラ。

 

1.手水をしない
→神前に進む前には、必ず両手と口を清めるのがマナーです。

2.お賽銭を投げて入れる
→遠いところから投げるのではなく、そっと入れましょう。

3.おみくじを木に結ぶ
→「おみくじを結ぶための場所」に結びましょう。おみくじを木に結ぶと、神社の木を傷めてしまうことに繋がります。

 

手水

どれも「あ、やってる……」という方も多いのではないでしょうか。神社でこれらの行動をすると「運気アップ」どころか、逆効果になってしまうこともあるようです……ご注意ください!

★さらに詳しくはコチラ→ 出雲大社に直撃!「運気が下がる、神社で絶対にしちゃいけないこと」って?

 

【じゃあ、いいご縁を招くためにすべきことは?】

%e3%81%8a%e5%8f%82%e3%82%8a

せっかく縁結びの祈願に行くなら、効果を最大限に高めたいもの。そのために心掛けたいのは下記リストです。

 

1.まずは自分のことを心の中で名乗る
→お願いごとをするときは、最初に住所・氏名、生年月日を心の中で名乗りましょう。自分の所在地や、自分が何者か、を明らかにすることで、願いが叶いやすくなるとのこと。

2.「お礼参り」をする
→願いが叶ったら、その神社に「ありがとうございます」とお礼を言いにいきましょう。できる限り早く行くのがベストですが、遠方の場合はよきタイミングで。お礼参りをしないと、神様がヘソを曲げちゃうそうです……。

3.「直会(なおらい)」をする
→神社付近のお食事どころで、その土地のものをいただくことで、より神様の力を体に取り込むことができるのが「直会」。美味しいものを食べて運気アップなんて最高ですね♪

4.そして、心を清らかに
→願いごとをしにいくのですから、「神様はいる!」と思う信心は忘れずに。さらに「もっと優しくなろう、正しくなろう」とできるだけ清らかな心を持つことで、神様に愛されやすくなるようです。

★さらに詳しくはコチラ→ 「秘密結社 鷹の爪」作者が語る”良縁を招く方法”とは!

 

ここに載っていることをできる限り守れば大丈夫。是非今年こそ、「いいご縁」ゲットしてみてくださいね♪(後藤香織)

 

【あわせて読みたい】

※行くなら今でしょ!縁結びの聖地・出雲大社&出雲グルメを要チェック!

※【心理テスト】恋愛体質、出会いの場所、結婚相手…すべてがわかる!

※自分の誕生日でわかる!ご利益のあるパワースポットの選び方

※出会いで一番大切なのは洋服でもメイクでも仕草でもなくコレだった!

※「いい出会いがあった」ランキング1位「友達の紹介」、2位が意外なアレ!