今年こそは三日坊主回避!「新年の目標」を達成する5つのコツ

今年こそは三日坊主回避を。目標を達成する5つのコツ


新年が始まると、気持ちが引き締まるからか「今年は何か成し遂げたい」「こんな人になりたい」という目標を立てたりするもの。最初が肝心というように、きちんと目標をたてればいい1年の幕開けになりそうですよね。

しかし「今年こそ」と思っていても、気づいたら三日坊主になるのはよくあること。続けようと思っても、なかなか難しいのが実情ですよね。そこで今回は「目標達成のためにしていること」を調査。まずは今年どんな目標を立てたか見ていきましょう!

Q.今年の目標立てましたか?


立てました! 48%
まだです… 52%

今年の目標を既に立てている方は48%! ちょうど半々のようですね。目標をしっかり立てた方が、自分のためにもなるはず。では、どんな目標を立てたのか聞いていきましょう。

Q.どんな目標?


【1】お金系

「貯金を増やす」「50/100万円貯金」(回答多数)
「資産運用をする」(37歳・専門職)
「ふるさと納税をする」(24歳・専門職)
「子供のために貯金100万」(29歳・会社員)
「投資で昨年より資産を大幅に増やしたい」(37歳・公務員)

貯金をしたり、お金をふるさと納税や投資で上手く活用したり。お金関係を目標にしている方は多数! 貯金は「○○のために」という目的、「○○円貯金」という明確な数値設定があれば、ゴールが見えて頑張れそうですよね。また投資やふるさと納税は、一度始めてしまえば活用していけるもの。1月中など思い立ったら早く始めるのが吉ですよ◎。

【2】勉強(資格・受験)

「資格取得(FP・英検準2級・宅建・簿記)」「第一志望に行けるように受験勉強頑張る」(回答多数)
「勉強をすること」(17歳・学生)
「字を綺麗にしたい」(35歳・その他)

資格があれば、それだけ自分の可能性も広がるもの。学生から社会人まで、自分のために「この資格を取得する」と決めている方が多いようでした。何歳になっても、学ぶことは自分のスキルや魅力アップに繋がりますよね。また学生の中では、特に受験勉強を頑張る方が多数。第一志望に合格するために、悔いなく勉強をしたいですよね。

【3】自分磨き

「健康」「ダイエット」「痩せる」(回答多数)
「自分磨き」(36歳・派遣社員)
「体重キープ」(38歳・無職)
「綺麗で可愛くなる」(18歳・学生)
「歳を感じさせないための努力をする」(31歳・派遣社員)

なりたい理想の自分になるために、痩せたり、自分磨きをしたりするよう♡ ダイエットこそ三日坊主の宿敵ですが、続ければスタイルアップすることはもちろん、自分に自信がつくこと間違いなし。またバランスのよい食事や適度な運動など、健康的な生活を心がけるだけでも、綺麗で可愛くなれそう◎。

【4】仕事

「就職」(回答多数)
「転職する」(31歳・会社員)
「仕事を頑張る」(31歳・派遣社員)
「就活を頑張って内定をもらう」(20歳・学生)
「企画やイベントを通して、仕事での自立した自分のスタイルを確立させること」(39歳・その他)

就職活動を頑張ったり、転職をしたりと新しい仕事生活をスタートさせようとしているかが多数! 環境を変えるだけでも、自分の転機になりそう。また今の仕事でももっと活躍できるように、自分のスタイルを確立させるなど頑張る方も。「こんな仕事がしたい」「こういう人を目指したい」と軸を立てるだけでも、仕事の成果が変っていきそう◎。

【5】子育て

「子育てをがんばる」(回答多数)
「強い母親になる!」(24歳・パート)
「怒らないままになる」(29歳・会社員)
「子供にイライラして怒らない」(38歳・会社員)

子育ては精神的にも肉体的にも大変なもの。それでも「強い母親になる」「怒らないようにする」と目標を立てている方が多いようですね! 目標を言語化するだけでも、頑張ろうという気持ちが芽生えますよね。

【6】恋愛

「恋をする」(29歳・会社員)
「恋人を作る」(37歳・パート)
「好きな人と結ばれる」(25歳・会社員)
「結婚に向けた相手を探す!」(27歳・福岡県)

「恋はするものではなく、落ちるもの」という言葉がありますが、そもそも気持ちが恋愛に向いていないと恋のチャンスに気づきません。「恋人を作る」「好きな人と結ばれる」と考え、自分磨きをしたり、出会いの場に積極的に行くことで、恋をすることができる確率は格段にUPしますよ♡

【7】考え方を変える

「柔軟に考える」(21歳・学生)
「いいと思ったことはやる!」(38歳・パート)
「マイナス思考を少しでも無くす」(39歳・会社員)
「嫌なことがあったら、6秒違うことを考える」(27歳・無職)

「いつもこんな考え方をしてしまう…」「こんな自分が嫌」と、自分の嫌な部分や直したい部分は誰しもあるはず。しかし自分の弱みに気づいているのだけで十分すごいことです。あとは行動するのみなので、少しずつ考え方を変えていけるように心がけることを目標にしてみるのも◎。

【8】趣味

「自分の時間をつくる(買い物、映画鑑賞など)」(回答多数)
「推し活」(26歳・会社員)
「趣味を一つ増やす」(21歳・無職)

趣味がある人、なにか好きなものがある人ってなんだか素敵に見えますよね。趣味が多ければ自分の時間も充実しますし、また色々な出会いもあるでしょう。そのために「趣味」をテーマに今年の目標を立てる方も多数。また趣味をするにも時間が必要なので、自分の時間を少しでも作れるよう、時間の遣い方を見直す方も!

【その他】

「楽しく笑って生きる!」(回答多数)
「現状維持」(26歳・その他)
「日々精進」(31歳・会社員)
「兄を越える」(16歳・学生)
「自由になる」(19歳・学生)
「大学生になるので友達を作る」(18歳・学生)
「人の話を聞くこと、言い訳をしないこと」(17歳・学生)
「あったかいごはんを毎日つくる・言いたいことをしっかりつたえる」(27歳・無職)

他にはこのような回答がありました。なによりも楽しく笑って生きることが一番。そんな中で、それぞれが現状維持や精進できるように目標を立てているようですね。

Q.ちなみに、去年の目標は達成できた?


だいたいできました! 8%
半々くらいです 25%
達成できませんでした… 22%
去年は特に目標がなかったです 45%

ちなみに去年の目標は達成できたのかというと、出来た方は8%のみ。半々くらいの方をいれても、3割くらいのようですね。目標を立てても達成するのが難しいもの。そこで達成するためのコツを教えてもらいました。

Q.目標を達成するためにしていることは?


【1】計画をする

意識して計画的にする」(28歳・無職)
「細かくいつまでに達成か決める」(26歳・会社員)
期間を決めて、余裕を持って行動する」(15歳・学生)

まず、いつまでに達成なのか期間を決めます。その後「月ごとの目標」を決め、その上で「今日すること」のtodoリストを作成していきます。このように月々の行動に落とし込み、また毎日の予定を考えた行動計画を立てることで、少しずつでも余裕をもって行動に起こせますよね。まずは無理のない計画を立てることから始めると◎。

・そのために…

「todoリストを作成する」(25歳・会社員)
「無理のない計画を立てる」(32歳・無職)
「メモアプリでスケジュール管理」(38歳・専業主婦)
「月々の行動に落とし込み、日々精進」(31歳・公務員)
「スケジュール帳に毎日の予定と目標を書き込む」(18歳・学生)

【2】達成可能な目標と具体的な目標を立てる

「達成できそうな低すぎず高すぎない目標にする」(回答多数)
「できるだけ細分化する」(25歳・会社員)
「あまり大きな目標は立てない」(35歳・専業主婦)
「大きい目標に向けて具体的な目標を作る」(34歳・専業主婦)
「ほんとに些細なことでもひとつずつクリアしていく!」(31歳・派遣社員)

目標の立て方として大事なのが、達成できそうな目標を立てること。簡単すぎても、難しすぎても意味がありませんよね。そしてその目標を達成するための、具体的な目標を立てます。出来るだけ細分化した目標を立てることで、些細な目標でも達成感を覚え、目標をクリアしていくことが出来ます◎。

【3】目標を書いて見返す

「メモにやりたいことを書いておく」「紙に書いて見返す」(回答多数)
「待ち受けにする」(25歳・会社員)
「目標を忘れない」(17歳・学生)
「目標を可視化する」(19歳・学生)
「こまめに思い出す」(24歳・パート)
「目標を意識できるものを買う」(27歳・無職)

「こうなりたい」という気持ちが強ければ強いほど、達成しようと行動できるもの。そのため、目標を立てたときの気持ちを忘れないためにメモや紙に書くことをオススメします。このように目標を可視化することで、こまめに思い出すことができますし、目標を忘れることはありませんよ!

【4】毎日継続する

「毎日出来るだけ続ける事」(回答多数)
「継続、根気」(31歳・派遣社員)
「継続は力なり」(27歳・無職)
「三日坊主にならない」(35歳・専業主婦)

小さなことでも継続することが大切。「今日は疲れたから」などと1度言い訳をしてやめてしまうと、そのままズルズルと休み、結局続かなくなった経験をしたことがあると思います。1日5分など、少しでもいいので続けることで、目標に一歩ずつ近づけるはずです◎。

【5】周りに宣言する

「周り(親・身近な人)に宣言する」(回答多数)
「口にする」(25歳・会社員)
「SNSで宣言する」(24歳・会社員)

言霊というように、言葉の力は偉大なもの。宣言をすることで、仲間や応援してくれる人が出来ることはもちろん、自分の中で目標が明確になったり、途中で諦めることがなくなるはずですよ!

【その他】

「いつも前向きに」(回答多数)
「体調管理」(29歳・専業主婦)
「向上心を忘れない」(18歳・学生)
「欲に負けそうな時一呼吸おく」(29歳・会社員)
「反省はしない、一つ頑張れたら自分を褒める」(38歳・専業主婦)
「できるだけ、やる、がんばる、精一杯やることです」(17歳・学生)

他にはこのような回答がありました。1つ達成するごとに自分を褒める、出来るだけ頑張る、など無理せずに達成に近づこうとする方が多いようですね。また体調を崩してしまっては意味がないので、体調管理はしっかりしたいもの。
それぞれの目標達成のためにどんなことをするかも具体的におしえてもらいました。

・それぞれの目標達成のために…

「内定獲得のため面接練習など積極的に行う」(20歳・学生)
「100万円貯めるため、月々の貯金と節約をする」(26歳・会社員)
「少しずつでもいいから、インプットだけでなくアウトプットも行う」(26歳・その他)
「仕事で自分のスタイルを確立するため、常に自問自答をし、仲間や周りの人たちのことを考える」(39歳・その他)

 

年初の今だからこそ、目標を立てて何かを始めやすいかもしれません。今年こそ目標達成するために、どんな自分になりたいのか今一度考えてみるのはいかがでしょうか。 (齋藤有紗)