「彼女いるの?」と聞くのは「好きの匂わせ」になりますか?男子100人に聞いてみたら…

対面で女性に「彼女いるの?」と聞かれたときの男性心理


趣味の話に仕事のこと。相手のことを知るために、いろいろなことを聞くのは当たり前。恋愛の話もそのうちのひとつですよね。

しかし異性から「恋人いるの?」と聞かれたら、ちょっと照れてしまいますよね。気になる相手ならば、「脈アリなの?」と淡い期待をしてしまうこともあるでしょう。そこで今回は、女性に「彼女いるの?」と聞かれたときの男性の心理をご紹介します!

Q. 【対面で】女性に「彼女いるの?」と聞かれたらどう思いますか?


自分のことを好きなのではないかと思う 17%
完全にシチュエーションによる 32%
特に何も思わない、雑談の一環 51%

雑談の一環であると考える方は半数。しかしシチュエーションによっては3割の方が、また2割の方は聞かれて期待するようですね! 気になる男性にアピールする方法としては、もしかすると効果的かもしれません。さらに詳しく理由やシチュエーションの詳細を聞いてみました。

自分のことを好きではないかと思う理由


【1】興味ないと聞かないから

自分のことが気があるかなと思う」(回答多数)
「脈アリだと感じます」(23歳・高知県)
「自分に興味がなければそんなこと聞いてこないから」(34歳・東京都)
「探りを入れている」(28歳・宮城県)
気になる人しか聞かない」(38歳・宮崎県

誰だって気になる相手の彼女の有無は気になるもの。彼女がいなければ、恋人になれるチャンスがありますよね。またなんとも思っていない相手の恋愛事情には興味ありません。探りをいれているのかな、自分に興味があるのかなと期待してしまうようです。

シチュエーションの詳細


【1】その場の人数・雰囲気による

「その場の雰囲気による」(21歳・千葉県)
「聞く人の表情や雰囲気によって真意がわかると思うから」(39歳・兵庫県)
「質問をした時のいる人数や場面によって判断は異なると思う」(38歳・埼玉県)
「大勢の中や合コンなどなら社交辞令だが、ふたりきりの中でわざわざ聞いてきたら脈ありだと思う」(30歳・岡山県)

大勢での飲み会なのか、ふたりきりのデートでなのか。またふたりきりのとき、相手は真剣な表情で聞いてきているのか。その場の人数や雰囲気によって、相手が本気で自分のことを気になっているのかを考えるそう。もしも相手に意識してもらいたいのであれば、ふたりだけの空間で聞くことはマストですね◎

【2】話の雰囲気による

「話の雰囲気による」(37歳・兵庫県)
「話の前後によるため。自分の事に対してよく質問するようなこと(休日何しているのですか?、趣味は何ですか?、学生時代に部活とか何かされていたのですか?など)があれば、自分に対して好意があるのではないかと推測できるから」(25歳・鹿児島県)
「ただ聞いているだけかもしれないから」(37歳・熊本県)
「こんにちは程度の意味しかないと思う」(25歳・東京都)

人数や雰囲気も大事ですが、話の前後の内容もポイント。誰かの恋愛話から「そういえば彼女いるの?」と聞かれても、ただ聞いているだけと思ってしまうよう。ありきたりな質問ではありますが、休日の過ごし方や趣味など「相手のことをもっと知りたい」と分かる質問であれば、自分に興味があるのかなと感じてしまいます。

【3】相手による

「人による。言いたくない人には言いたくない」(28歳・東京都)
「相手による」(39歳・山梨県)
「どうでもいい人には適当に答えるから」(21歳・福岡県)
「関係性によると思うから」(37歳・長野県)

お互いに異性として意識していそうな関係性なのか、それとも相手に恋人がいたり、何人かと普段から遊ぶような友人であったりするのか。その話の相手との関係性にもよりますね。

雑談の一環だと思う理由


【1】話を広げる雑談ネタのひとつ

「会話の糸口や雑談ネタのひとつ」「他愛のない日常会話」「定型文の質問」「興味本位」(回答多数)
「会話の流れで聞くことが多いと思うから」(24歳・北海道)
「彼女いるかどうかは普通に聞かれる内容だと思うから」(27歳・京都府)
「そこでは期待せず普通の会話として受け取ります」(25歳・東京都)
「流れによっては普通になんの感情もなしに聞くこともあると思うから」(34歳・埼玉県)
そもそもその様なことは聞かれたことがないので、ただの雑談だと判断した」(34歳・神奈川県)

「彼女いるかどうか」というのは話を広げるための定型文の質問。「雑談中に気になったから聞いてみたのではないか」と思うようですね。たしかに友人との会話の中では、「恋人と今どうなの?」と聞くことは多いもの。ただの興味本位であり、何気ない会話だと思うようです。

【2】彼女の有無だけではわからない

「これだけで好意があるかわからない」(27歳・千葉県)
「有無を聞かれたくらいでなんとも思わないから」(37歳・和歌山県)
「ふたりきりで聞かれたら好きなのではと思うけど3人以上なら雑談」(22歳・千葉県)
「深く聞かれたら好きなのかと思うかもしれないが、いるかいないかだけならただの世間話。自分も世間話として聞くことがあるから」(38歳・福岡県)

やはり「ふたりきり」「深く聞く」など、話の雰囲気や人数は重要になってくるようですね。いるかいないかだけでなく、「どういう人がタイプなのか」など相手の恋愛観を気になるのは恋心があるかもしれませんね。

 

対面であったとしても、その場の雰囲気や人数によってドキッと思うかどうかは変わってくる模様。もしも気になる相手に意識してもらいたいのであれば、ふたりきり話す空間を作って、深く相手のことを聞くと効果的かもしれませんよ♡ (齋藤有紗)