ヘアアレンジやファッションにも◎バンダナ(スカーフ)のおしゃれな巻き方

バンダナ巻き方

バンダナやスカーフは、ヘアアレンジに使うのはもちろん、ファッションアイテムとして使ってもコーデを格上げしてくれる優れもの。ただ、せっかくかわいいバンダナを持っていても、巻き方がダサいと残念なコーデになってしまうことも…。基本のバンダナ(スカーフ)の使い方から、トレンドの巻き方までご紹介します。

バンダナやスカーフのおしゃれな巻き方とは

■首に巻いたり、ヘアアレンジやアクセサリーとしても使える!

ヴィンテージSHOPスタッフ Ritikaさんのスカーフコレクションの中からお気に入りを3つ、アレンジと共にご紹介♪

 

■首に巻いたり、ヘアアレンジやアクセサリーとしても使える!

黒のタートルニット×オレンジメッシュのカーディガンコーデには、ブラウンベースのスカーフで色に統一感を持たせて。

「スカーフのボリュームが邪魔しないように、後ろでリボン結びにしました♪ 後ろから見るとカーディガンの上にリボンがかかっていて、バックスタイルもかわいいんですよ♡」(Ritikaさん)

 

■首に巻いたり、ヘアアレンジやアクセサリーとしても使える!

「ブラウスにあるグリーンのレースパイピングが際立つように、首回りはスッキリさせてヘアアレンジにスカーフを使ってみました! ストライプなど程よく柄が入っているから、ブラックでも重くなりません」(Ritikaさん)

 

■首に巻いたり、ヘアアレンジやアクセサリーとしても使える!

「コーデのアクセントとして、ネックレス感覚で前でリボン結び。ブルーのタートルニットだったので、お花をモチーフにしたスカーフで春をイメージしてみました♪」(Ritikaさん)


おしゃれなスカーフの巻き方を動画でもご紹介!

■超簡単!おしゃれテクニック!【おしゃべり スタイリスト たなべさおり】

おしゃれなスカーフ(バンダナ)の巻き方を動画でご紹介! CanCamスタイリストたなべさおりのテクニックをチェックしてみて!

 

 


ショートヘアも◎バンダナ(スカーフ)のかわいいヘアアレンジ

■頭に巻くスカーフの基本のたたみ方

基本の巻き方を覚えれば、ヘアアレンジの仕上がりもキレイに! どんどんアレンジに活用してみてくださいね♡

How to ■頭に巻くスカーフの基本のたたみ方 ①まず、自分から見て斜めの角度でスカーフを置きます。上下の角を中心に向けて折ります。 ■頭に巻くスカーフの基本のたたみ方 ②さらに上下を中心に向けて折っていきます。 ■頭に巻くスカーフの基本のたたみ方 ③それをさらに半分に折ります。 ■頭に巻くスカーフの基本のたたみ方 ④さらに半分に折ります。 これで完成♪

 

■ターバン風に見えるスカーフのヘアアレンジ

トゥーマッチにならないように、ワンカラーのコーデに合わせるのがオススメです。

How to ■海賊風に見えるスカーフのヘアアレンジ

①正方形のスカーフを三角形に二つ折り。幅が10cmくらいになるまで折りたたみます。

②スカーフの中心部分をうなじにあて頭頂部で1回結びます。

③両手で持っているそれぞれのスカーフの端を、左右持ち変えるようにしてねじります。

④スカーフの端を耳の後ろに持っていき、巻いてあるスカーフの下に耳側から入れ込みます。 ■海賊風に見えるスカーフのヘアアレンジ

完成♡ 耳はしっかり出さず、スカーフが耳にほんの少しかかるように調整すると雰囲気が出せます!

 

■長め前髪さんにおすすめなスカーフの巻き方

前髪がふくらみがち、伸ばしかけでまとまらない…という人にもおすすめのスカーフアレンジ。横分けにした前髪はピタッと横に流すと、前髪を全部上げてしまうよりもクラシカルなムードを楽しめます♡

How to ■シースルー前髪を応用したスカーフの巻き方

①前髪は多めに残し、後ろは低い位置でひとつ結びに。

②前髪を9:1の横分けにして、毛先をねじってピンで留めます。

③ハチ周りにスカーフを結びます。 ■シースルー前髪を応用したスカーフの巻き方 完成♡

 

■くるりんぱ×バンダナですっきりまとめ髪

夏にもぴったりの華やかなヘアアレンジ。カジュアル大人スタイルにおすすめです。

How to ■くるりんぱ×バンダナですっきりまとめ髪

①両サイドを少し残し、バックの毛を上下ふたつに分けます。

②バックの上の髪と残りの毛束を、それぞれくるりんぱします。

③下の毛束を内巻きに巻き付けて、結び目あたりでピンで留めます。

■くるりんぱ×バンダナですっきりまとめ髪

④サイドの毛は前髪を残して、それぞれねじりながら下の結び目に巻きつけてピンで留めます。バレッタを結び目につけるとピンが目立たなくて◎。

 

■くるりんぱ×バンダナですっきりまとめ髪

⑤スカーフを下から通して写真のように2回結んで、全体のバランスを見ながら顔周りの毛と後れ毛を出してコテで巻きます。

 

■くるりんぱ×バンダナですっきりまとめ髪

完成!

 

■リボン結びが可愛いヘアアレンジ

忙しい朝でも簡単♡即できるスカーフアレンジ。シンプルなファッションのアクセントに。

How to ■リボン結びが可愛いヘアアレンジ

①髪全体をラフに巻いてからワックスをなじませ、顔周りの髪を下ろしつつざっくりとひとつ結びに。

②おくれ毛の中間から毛先を巻き足します。こめかみ、耳前、襟足におくれ毛を出し、手ぐしでひとつ結びに。 ■リボン結びが可愛いヘアアレンジ

③おくれ毛を巻き足してから、結び目にスカーフをリボン結びして、完成!

 

■ポニーテール×スカーフのヘアアレンジ

普段のポニーテールも、スカーフを使ったアレンジ技でこなれたスタイルに。

How to ■ポニーテール×スカーフのヘアアレンジ

①ゴムに、折ったスカーフを通します。

■ポニーテール×スカーフのヘアアレンジ

②耳を半分隠しながら髪を集め、表面の毛束を引き出してデコボコさせます。耳のラインくらいで結ぶのがポイント、 スカーフ部分が下にくるように結びます。

■ポニーテール×スカーフのヘアアレンジ

③スカーフを結び目の上からかた結びして、完成!


バッグに巻くときはどうする?

■手持ちのバッグにつけるたたみ方

バッグに巻くスカーフは、中判サイズがおすすめ。小判や大判のスカーフは、結んだときに短すぎたり、布が余って形のバランスが悪くなってしまうことも。

How to ■手持ちのバッグにつけるたたみ方

①スカーフの裏を上にして半分に折ります。

■手持ちのバッグにつけるたたみ方

②三角の頂点が、底の部分にそろうように半分折ります。

■手持ちのバッグにつけるたたみ方

③逆三角形の部分が隠れるように、半分折ります。

■手持ちのバッグにつけるたたみ方

④さらに内側へ半分折れば完成! ここからバッグに巻いていきましょう。

 

■バッグの結び方おすすめアレンジ

カジュアルなコーデがグッと華やぐ1本結び♡

How to ■バッグの結び方おすすめアレンジ

①スカーフを巻くためにたたんだら(たたみ方は上記参照)、半分に折って、ハンドルの付け根に当てます。このとき向かって左の部分に、右の先端を通せるくらいの輪っかを作ります。

②先端を輪の中に通し、先端を引っ張る スカーフの先端を、向かって左側にできた輪の部分に上から下へ。結び目を押さえて、先端を引っ張ります。

③形を整えて完成! 引っ張ると結び目が全面に出てくるので、巻き付いている部分を右上に引っ張って形を整えます!

■バッグの結び方おすすめアレンジ
↓ほかにも、初級・中級・上級の3つの結び方をご紹介↓

 

■トートバッグのアクセントにも♡

シンプルなスタイルやラフなスタイルにおすすめ。

■トートバッグのアクセントにも♡


コーデのアクセントになるバンダナの巻き方をチェック!

■髪型が乱れがちな湿気多めの季節にも◎

優しげなワントーンコーデには、華やかなバンダナや小物でスパイスを効かせて。

■髪型が乱れがちな湿気多めの季節にも強い味方♡

CanCam2020年6月号より
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/UTUWA、AWABEES、PROPS NOW 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香 WEB構成/久保 葵

 

■甘めワンピのヘッドアクセとしても

顔まわりがぱっと明るくなるカラーワンピに、バンダナやパープルの巾着バッグを合わせて、HAPPYなコーデに♡

■甘めワンピのヘッドアクセとしても◎

CanCam2020年6月号より
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/UTUWA、AWABEES、PROPS NOW 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

■いつものデニムスタイルをアップデート

スカーフを腰に巻くワンテクで、いつものデニムスタイルをアップデート。ヴィンテージ感溢れるオールドミッキーのイラストが、絶妙なアクセントをプラスしてくれます。

■いつものデニムスタイルをアップデート

■いつものデニムスタイルをアップデート

撮影/石川純平 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/菊池かずみ(P-cott)モデル/トラウデン直美(@naomi_tora )ディレクション/石黒千晶 WEB構成/尾身綾子