10連休の過ごし方。みんなの理想と現実のギャップが切ない

10連休の過ごし方。みんなの理想と現実のギャップを調べてみた

もうGWまで1週間を切りました。様々なメディアでも取り上げられているように、今年は最大10連休。今から何をしようかワクワクしちゃいますよね。

10日間も休みだと、たくさん遊びに行けますよね。どれだけ外出するのか尋ねたところ、約半数は「3日以内」だそう。これは、最大6連休だった昨年のGWの外出日数と大差なかったんです! 実際、みなさんはどう過ごすのか、スカパーの調査リリースを基に見ていきましょう。

◆現実と理想が浮き彫りに

「休日が増えた分、家にいる日数が増えただけ」というGW。10連休の恩恵を受けている人は案外少ないようです。GWの過ごし方について、現実と理想を聞いてみました!

【現実】

1位「ショッピングに行く」38.4%
2位「家でテレビを見る」36.9%
3位「国内旅行に行く(帰省をのぞく)」28.4%

【理想】

1位「国内旅行に行く(帰省をのぞく)」52.6%
2位「海外旅行に行く」41.0%
3位「ショッピングに行く」33.1%

理想と現実のギャップが明らかになりました。本当は旅行でのんびりしたくても、実際は家にいる事実。現実はそう甘くないようです。お金もかかるし、どこも混雑していて出かけたくなりませんよね。海外旅行に何度も行く人はどこからお金が出ているのか謎です…。

◆何もしない=罪悪感?

家でくつろぐのって至福の時間ですよね。10日間でも早起きしなくてもすむのは、誰にとって最高です。でも何もしなさ過ぎて、罪悪感を感じることはあるのでしょうか?

75%の人が罪悪感はないと回答。連休なら、何もしなくてもいいですもんね。せっかくの連休はくつろぐべきです…! しかし、あると回答したのは子供を持つ親ということが判明。どうしてなのか理由を聞きました。

「子どもが家で退屈しているとき」(未就学児の母親)
「良い天気のときは、家族を連れて外出しなくてよいのか? と思う」(小学生の母親)
「子どもたちが揃っているのに、どこにも連れて行ってやれない時。思い出を多く作ってやりたい」(中学生の母親)
「子どもをどこにも連れて行かないと、GW明けの話題に困ってしまうし、お土産交換もできないので、罪悪感が少しある」(高校生の母親)

子どもに対して申し訳ないという気持ちがあるようです。家族でまとまった時間は取りにくいので、家での時間の使い方がカギになりますね! 家族で料理を作ったり、映画を借りてきたり、様々な家での過ごし方ができそう♡

 

実は家で過ごす時間の多いGW。例年以上に「家における過ごし方・充実度」が大切になりそうですね。家族の時間をつくるも良し、一人の時間を楽しむも良し。家でも10連休は楽しんだ者勝ち! (齋藤有紗)

情報提供元/スカパーJSAT株式会社

 

★まもなく10連休!旅行しなくても旅行気分を味わえる「旅行記本ランキング」

>CanCam.jp TOPへ戻る