わりと簡単かも…「セックスレス」の悩みは、ちょっとの工夫で解決できる!

NHKのニュース番組でも報道された、「セックスレス」。日本家族計画協会の調査によると、夫婦のセックスレスの割合は、なんと44.6%という結果に。

さらに、男女問題に詳しいフリーライターの亀山早苗さんによると、「セックスレスで悩む夫婦を多く取材している私からすれば、7割超えのイメージです」とのこと。多くの人が悩んでいる問題なのです。

『Domani』4月号では、有識者たちが、“脱セックスレス”のために実践したい6つの方法を提案してくれています。中には「逆効果じゃないの!?」と思ってしまうような、意外な方法も! はたしてどんな方法なのでしょうか。

★前回の記事はこちら→ 「なぜしない?しれくれない?イマドキのセックスレス、最新事情!」

shutterstock_74801773

 

◆苦しくてつらいならカウンセリングを受けましょう
「ひとりで、あるいは夫婦だけで悩まないこと。男性は泌尿器科、女性は婦人科でカウンセリングを受けるのも、ひとつの手ですよ」(獨協医科大学 越谷病院泌尿器科 小堀善友先生)

確かにどちらかが、もしくはお互いに重く考えすぎてしまうと、逆効果になりかねません。適切なカウンセリングを受けて、心の負担をまず軽くすることが大切かもしれません。

 

◆キス・ハグ・会話でコミュニケーションを
「セックスに代わる親密な身体接触が必要です。また『何時に帰る』などは会話ではなく単なる報告。男女の会話を増やしましょう」(東京大学大学院 総合文化研究科 瀬地山 角先生)

セックスはひとつのコミュニケーション手段でもあるため、まずその前段階となるようなコミュニケーションがしっかりできていないと難しいこともありそう。こういった一見些細な部分から、意識的になる必要があります。