ちょっとのコツで太らない!管理栄養士が教える、おやつを食べてやせる方法

「おやつ」と聞いたら、どんな印象を抱きますか?

ダイエットの天敵。本当は食べちゃいけないのに食べちゃうもの。体に悪いとわかっていながら手が伸びてしまう……。

おやつ

ご安心ください。そんな「おやつ=健康やダイエットに悪い」というのは過去の話です。最新の栄養学を踏まえると、「上手におやつを食べれば、食べるほど健康になれて、太らない」のです。
そんな「太らない間食のコツ」を紹介している書籍、『太らない間食 最新の栄養学がすすめる「3食+おやつ」習慣』より、いくつかのコツや、おやつを食べたほうがいい理由をご紹介します。

 

【おやつを食べたほうがいい理由 その1】

sub1
おやつはうまく付き合えば、体型維持やダイエットにつながります。

なぜか。そもそも「太ってしまう」理由はとてもシンプルで、「1日の総摂取カロリー>消費カロリー」になるからです。たったそれだけで、食べ過ぎなければ太ることもないのに、なぜ食べ過ぎてしまうのでしょうか。

それは「血糖値の上下」が関係しています。血糖値が急激に上がるものを食べると、下がるのも急激になり、下がるときに強い空腹感を覚えます。
この「血糖値を急激に上げない」ために、間食をうまく利用するのが有効です。
さらに、空腹のときに何かを食べると、体が「吸収して蓄えなければ!」と脂肪になりやすい説も。ナッツやドライフルーツなどの健康おやつを適度に食べることで、「空腹になりすぎない」=「一気に吸収しすぎない」という利点もあります。

 

【おやつを食べたほうがいい理由 その2】

sub2

間食の役割は、ただ空腹を満たすだけではありません。ストレスを解消し、集中力を維持するのにも役立ちます。
逆に、間食を食べたい気持ちをガマンしていると、その時間は脳の働きが鈍って、思うような成果が出せなくなってしまいます。
上手に間食をとることで、ストレスなく集中力を維持でき、仕事も勉強もはかどります。

 

【おやつを食べたほうがいい理由 その3】

sub3
3食の食事だけで、十分な栄養をとりきれている人は、実はそう多くはありません。つい「炭水化物ばかり……」「たんぱく質が少ない」「良質な油がとれていない」「野菜やフルーツが少ない」など、栄養バランスが偏ってしまっている傾向にあります。
そんな人こそ、足りない栄養素を間食で補いましょう。たとえばヨーグルトを食べる、ナッツ入りのチョコレートを食べる、フルーツを食べる……それだけで1日の栄養バランスを整えることができます。

それ以外にも本書では「50歳以上の女性」「血糖値が高めの人」など、その人に合わせたおすすめ間食なども紹介されています。

ナッツ

 

【最後に間食クイズ・賢い間食はどっち?】

・クッキーorチョコレート
・梅おにぎりor鮭おにぎり
・肉まんorあんまん
・ショートケーキorフルーツタルト

(c)Shutterstock
(c)Shutterstock

考えましたか?

これは、それぞれ「チョコレート」「鮭おにぎり」「肉まん」「フルーツタルト」です。

 

その理由は、含まれている栄養素。たとえば、おやつに含まれ、太る原因となっている「糖質」や「脂質」は、鮭おにぎりの“鮭”や、肉まんの“肉”部分に含まれている「たんぱく質」をとることで効率よく代謝できる(=体に蓄積されない)、生クリームたっぷりのケーキよりはフルーツたっぷりのタルトのほうがいい、チョコレートは食欲を抑える効果やストレス緩和効果がある……などなど、「おやつに向いている」間食が存在します。

 

が、もちろん時と場合によって「クッキーが食べたい!」「ポテチが大好き!」ということもあるでしょう。そういうときにも、「たんぱく質を含まれている食品を同時にとる」など、食べ合わせを考えればOK。

最新の正しいおやつ事情がまるっと紹介されているこの1冊、是非チェックしてみてくださいね。(後藤香織)

cover4c

太らない間食
最新の栄養学がすすめる「3食+おやつ」習慣
足立香代子 著
1,280円+税(文響社)

【あわせて読みたい】

※ダイエット中に最適!罪悪感ナシで食べられるおやつ5選

※ダイエット料理のプロに聞いた!夜遅くや食べ過ぎの翌日って、何食べたらいいの?

※女子大生のコンビニダイエットがすごい!断トツ1位の人気食材とは

※本当にやせたい人だけ読んでください。本気のダイエットの掟、7か条

※CanCamモデル土屋巴瑞季直伝、「太らない焼肉の食べ方」はコレ!