【28歳、女、婚活中】マッチングアプリで見かけた「絶対ヤバそう」NG男の写真にありがちなこと

28歳、彼氏いない歴数年の女、あさのさつきと申します。
職場も趣味の場も、自分がかかわる場には女性か既婚のおじさんしかいません。

 

「結婚はまだ先でいいか」と思っていましたが、クリスマスの空気感にやられたり、友人たちが続々結婚したり、ふとひまをもてあましたりとさまざまな条件が重なって、「恋活アプリ」「婚活アプリ」とも呼ばれる、某マッチングアプリに登録してみました。

 

すると、登録した途端、検索か何かで私のプロフィールを見た男性から、どんどん「いいね!」が来まくるのです。お手軽にモテる気持ちを味わえます。こんなの人生初めてです。

そうして、「いいね」をしてくれた男性の中で、気に入った人に「ありがとう」という「いいね返し」をすると「マッチング」が成立し、メッセージのやりとりをできるようになります。
私もさほど選り好みができるような容姿でもありませんから、相手の男性の写真やプロフィールを見て「なんとなくアリかも?」という男性には、ひとまず「ありがとう」を押しています。

 

そう、私の基準はわりとそこまで厳しくないはずなのです。

けれど、それでも「……これはないかも」と思う男性、かなりの数います。

20代後半~30代の結婚適齢期の女性たちにも裏付け調査をしつつ、多くの女性が口をそろえて「ない」と言った写真の特徴をまとめてみました。

【マッチングアプリで「ない」と思ってしまう男性の写真の特徴】

【1】自撮りのTHE キメ顔

マッチングアプリ,男

「自撮りです! キメ顔です!」という写真をマッチングアプリのプロフィール写真に使っている男性、かなり多いです。
けれどこの男性の「上目づかい」をはじめとした「THEキメ顔」な写真が苦手、という女子の話を非常によく聞きます。「第一印象で引く」「ナルシストそう」と、かなり不評です。

「かっこいい自分」を見て欲しい、という気持ちは、すごくよくわかります。でも、「自分で思うかっこいい」と「人が思うかっこいい」は、ときにずれています。
他の人に撮ってもらった表情のほうが、よほどいい表情をしています。旅行に行ったときや、友達と遊んだとき。そんなときの写真を探してみると、実はナチュラルないい笑顔の写真、いっぱいあるものです。

 

【2】まったく顔がわからない写真のみ

マッチングアプリ,男
遠い×横顔×解像度低いの合わせ技。

顔に自信がないのか、「雰囲気イケメンっぽさ」をかもしだしたいのかわかりませんが、正面の顔がまったくわからないような

・横顔
・ものすごく遠くから撮った写真
・アプリか何かでぼかしまくった写真
・やたら解像度の低い写真
・すごく暗い写真

を使っている人、意外と多いです。
いや、もちろん、何枚か写真をアップしている中でこういう写真が混ざっているならいいのです。でも、これしかないと、何も判断できません。

さらに「写真はマッチングしてから」なんて自己紹介文に添えられていると、面倒なので敬遠してしまいます。「見てみたい」よりも「直接送られたら褒めなきゃいけないのかな」という面倒さが勝ちます。
実際女子が見ているのは「顔のつくり」よりも、表情がかもし出す全体の雰囲気や清潔感です。それさえも判断させる材料がなければ「さようなら」です。

 

【3】明らかなウケ狙い

マッチングアプリ,男

笑いのセンスが合えばいいのです。もちろん「そういう男性がいい!」という女性も一定数いると思います。でも「引く」という女性、かなり多いです。
変なかぶりものをしている、「なぜそれを載せようと思った?」と疑うような変顔、なぜか裸エプロン……などなど、そんな写真、そこそこ見かけます。
そこで「この笑いのセンスをわかってくれる女性だけマッチングできればいい」と思っているのであれば、それはそれでいいと思います。でもそういう意図がないのであれば、その写真、百害あって一利くらいしかないと思います。

 

【4】くわえタバコ

マッチングアプリ,男,タバコ

それを「プロフィール写真に使った」ということは、「それがその人にとっていいと思っている」ということとほぼイコールだと思います。
カート・コバーン気分なのか、タバコを吸う横顔をモノクロで……という写真、結構見かけました。というか「タバコの写真を使う」も、非喫煙女子からしたら「タバコいっぱい吸うんだろうな」と思ってしまいますし、「モノクロ×横顔」は、確かにかっこよくは見えますが、【1】のキメ顔自撮りと同様「ナルシストっぽい」印象を抱いてしまいます……。

 

【5】生気がない

マッチングアプリ,男
「24時間キラキラ輝いていろ!」とはいいません。肩ひじ張りすぎるのも疲れてしまうものです。
でも「明らかに姿勢が悪い」「目が死んでいる」「顔色がいくらなんでも悪すぎる」「二日酔いですかと思うような顔」の写真はいただけません。せめて、「生気」くらいは見せてください。あまりにも生命力がなさそうな男性には「頼れなさそう」「病弱そう」とつい思ってしまいます……。もう少し写真を探してください。

 

もちろん人によって「なんかヤダ」の基準はかなり変わってくると思いますが、このあたりは「嫌」という女性が多いようです。「あ、やってる」という男性がいたらご注意を……。(あさのさつき)

 

【あわせて読みたい】

※合コンより出会えると話題!「マッチングアプリ」の広報が教える「モテる」コツ3つ

※「いい出会いがあった」ランキング1位「友達の紹介」、2位が意外なアレ!

※25歳OLが「週5で合コン」より「出会い系アプリ」を選ぶ理由【東京砂漠女子の実態】

※【松本モテ道】これはドン引き…男子が引いちゃうLINEのアイコン5つ

※うわっ、やってる…。「出会いがない」「結婚できない」人が改善すべき4つのポイント