【新月】2021年上半期の恋愛運|星ひとみの天星術占い

【新月】芸術的な才能に恵まれた、心優しい寂しがり屋

天からの光に導かれる年。人生の大きな出会いが訪れる予感

◆基本性質

クリエイティブな発想に優れ、芸術的センスも抜群。相手の本心を見抜く感知能力にも長けています。繊細で警戒心が強く、人をなかなか信用しない面がありますが本質は寂しがり屋。好きになると男女問わず愛情を注ぎます。

◆全体運

’21年は天からの光が入る幸運期に突入。様々な出会いや新しい刺激が多く、ワクワクできる可能性大。「自分なんて…」と思わずに自信をもって前向きに過ごすことで、仕事や人生においての救世主に出会える予感!

◆“新月”の恋愛観

寂しがり屋で繊細、いつも誰かのぬくもりを感じていたいと願う新月の恋愛は純愛志向。心の底から愛し愛されたいと望んでいる反面、どこか冷めていて冷静。自分の心を見せることができず、癒やされる場所を探しています。

♥恋人がいる人の恋愛運

「幸せは自分で作り出す!」と意識して、前向きに行動できるかどうかで運命が変わる時期になりそう。「まぁいいやこのままで」と今の現状に満足せず、ふたりがどんなことでワクワクしたか、つきあいたての頃のフレッシュな気持ちを思い出して。「このお店で初めてデートしたよね」とか「このときの旅行、ハプニングがあったけど楽しかったよね」とか、そういう思い出をたくさん集めて、ふたりで話すとさらに愛情が深まります。その繊細さゆえにネガティブになりがちなところがあるので、恋人とケンカをすることがあっても、「なんで私のことわかってくれないの!?」はNGワード。ポカポカした太陽のように、ゆっくりじんわり恋人の心を包んで温めてあげて。

♥恋人がいない人の恋愛運

人の気持ちや物事を深く考え、センシティブなところがある新月。「自分のことを誰もわかってくれない」とか「どうせ自分なんて…」と臆病になったりネガティブになってしまうと、せっかくの幸運期でも良縁を逃してしまう可能性が。自分の優れているところをちゃんと認めて、もっと自分に自信をもつことが開運のカギ。人に気を使いすぎず、頑張りぎず、とにかく毎日を楽しむこと。いつも笑顔でいることがステキな恋を引き寄せます。根が寂しがり屋で、愛されたいという願望が本質にあるので、自分を包みこんでくれる人や守ってくれる人、わかってくれる人がおすすめ。自身の月モチーフのアクセサリーを身につけると、さらに出会い運がUPするでしょう。

* * *

みなさん、2021年上半期の恋愛運はいかがでしたか?

もう一度占う

星ひとみ先生初の開運エッセイ『幸せ上手さん習慣』から、ステキな恋を引き寄せる♡LOVE運アップな開運アクションも教えてもらいました。

出会い運をアップさせる! 開運KEYWORDS

片思いの恋を成就させる! 開運KEYWORDS

もっともっとLOVE運を上げる♥ インテリア

LOVE運が下がるNGアクション

監修/星ひとみ イラスト/古荘風穂 構成/手塚明菜