絶対やめて!非モテ女子が送りがちな「甘え下手LINE」

絶対やめて!非モテ女子が送りがちな「甘え下手LINE」


モテる女子は、自分の出しどころがうまい。
逆に、非モテ女子は、自分の出し方が下手な人が多い。
今回はそんな「非モテ女子」たちが男性たちについうっかり送りがちだけど、男性たちからの評判があまりよろしくない「甘え下手LINE」についてご紹介します。

◆甘え下手LINEとは


たいてい、非モテ女子たちは「自分に自信がない」。そしてモテ慣れていないというか、男性から好意を向けられることに不慣れなので「私でいいの?」「本当にこれは好意なの?」という「考えすぎ現象」が発生します。そこから、結果的に「相手の好意を無下にする行動」や「自分から相手の心を折る行動」そして「俺にあまり気がないのかな……?と思わせるような行動」に発展していきます。
もちろんそれはLINEでも現れ、自身の甘え下手を存分に発揮していきます。

◆甘え下手LINEその1「大丈夫です!」


大丈夫です

あまり人に優しくされ慣れていないため、向こうが何かをしようか?と言ってきても「悪いんで大丈夫です!」と断ってしまいがちな、甘え下手な非モテ女子たち。

頼んでもないのに向こうから言ってきている時点で、むしろその好意を断るほうが相手にとっては悲しく感じてしまうものです。「悪いから」とは思わずに、相手から向けられた好意は素直に「ありがとうございます!」と受け止めていきましょう。悪いからとムダに遠慮して断るより、してくれたことに喜びましょう。

 

◆甘え下手LINEその2「なんでもいいです!」


なんでもいいです

基本的に考えすぎる非モテ女子たち。本当はなんでもいいわけじゃなかったり、こだわりがあったり(こだわりがある場合は、尋常じゃないくらいのこだわりがあることが多い)、いろいろ思うところはあるけれど、「ここで自分の要求を伝えるってワガママじゃないかな?」と、相手の好みに合わせてしまったり、自分をうまく出せなかったりする。
でも、たとえば「何か食べたいものある?」に対し「なんでもいいです!」って、どういうものが好みかもわからないし、男性に完全に丸投げ状態。気を遣っているつもりで、むしろ男性は困ってしまうことも。
会話も終わってしまいがちなので、できるだけ「なんでもいい」は控えるようにしましょう。

 

◆甘え下手LINEその3 考えすぎて返事のタイミングを逃す


返事のタイミングを逃す
そもそも恋愛の場数を踏んでいない(自ら敬遠していることもある)ので、送られてきたLINEに対して、それが社交辞令なのかどうなのか、好意で返していいのかわからなくなって遠慮した結果、自らもどう見ても社交辞令のようなLINEを返してしまう、あるあるです!
しかも考えに考えすぎて返事までやたらと間を空けてしまうので、向こうからしたら余計に「気がなくて、社交辞令なのかな」と思われてしまう。そんなことないのに!
変に「駆け引き」や「これは社交辞令なのかどうか」を意識せず、自分が良い人だと思ったら素直に好意をぶつけましょう。それでダメなら、次にいけばいいのです。ダメ元精神!

他にも褒められたら「そんなことないです!」からの自虐トークを繰り広げるとか、何かをしてもらったら「ありがとう」ではなく「すみません」と言ってしまいがちとか、さまざまな「やりがちLINE」があります。
これから新しい出会いも増えてくるであろう季節、ついうっかりこんな「甘え下手LINE」を送ってしまわないよう、ご注意ください!(後藤香織)

 

★LINEにまつわる記事一覧はコチラ

★モテ女のLINEテクまとめ!男子をキュンとさせるLINEの11つのテクニック

>CanCam.jp TOPにもどる