最新・夏生まれの女の子に人気の名前ランキング、1位が…え、その名前!?イマドキベビーの名づけ事情

子どもの名づけって非常に悩みますよね。子どもの名前は子どもの将来を左右しかねません。自分がいい名前と思っていても両親に反対されたり、字画が悪かったり、名字と合わなかったり……など素敵な名前を付けるのにはとても苦労するのではないでしょうか。

また、この時季に生まれた赤ちゃんであれば、夏っぽさのある名前にした方が良かったりと思ったりもしますよね。

子ども
(c)Shutterstock.com

そこで今回は株式会社ベビーカレンダーが2017年7月から8月に生まれたお子さん14,239人を対象に調査した、『夏生まれベビーの名づけ』に関する調査の結果をご紹介いたします。夏生まれの赤ちゃんはやっぱりアノ漢字が入ってる子が多かった……!?

まずは夏生まれの女の子に人気の漢字をお伝えします。

◆夏生まれの女の子人気の漢字ランキングTOP10


1位 夏(488件 昨年10位↑)
2位 愛(346件 昨年3位↑)
3位 莉(322件 昨年4位↑)

4位 花(321件 昨年7位↑)
5位 結(303件 昨年1位↓)
6位 美(276件 昨年5位↓)
7位 菜(266件 昨年6位↓)
8位 乃(248件 昨年9位↑)
同率9位 陽・葵(各220件 昨年13位・15位↑)

 

夏生まれの女の子に一番使われていた漢字は、やっぱり「夏」でした。年間ランキングは10位ですが、夏生まれの女の子の名づけでは、2位の「愛」(346件)に大きく差をつけて、圧倒的な人気という結果に。なんと7,069人の女の子のうち、488人の名前で使われていました。赤ちゃんが生まれた時のことを忘れないためにも、このように季節感のある漢字を使う親御さんも多いのかもしれませんね。

2位から順に「愛・莉・花・結・美・菜・乃」と8位までの名前は年間を通して人気の漢字ですが、9位「陽」、10位「葵」は年間順位10位以下からランクアップしています。これは、「陽葵」という名前が夏生まれの女の子に人気1位になっていることが影響しているようです。「陽」は太陽や光を意味し、草花の「葵」の葉は太陽を向くと考えられていたことから、これらの相性の良い漢字を組み合わせて「陽葵」と名づける親御さんが多いのかもしれません。また夏のイメージがある漢字としては、15位「葉」(172件)、24位「海」(94件)なども多く使われていました。

では続いて夏生まれの女の子に人気の名前ランキングの結果も見てみましょう。

 

◆夏生まれの女の子に人気の名前ランキングTOP10


1位 陽葵(67件 昨年2位↑)
2位 夏帆(41件 昨年17位↑)
3位 葵(40件 昨年3位→)
4位 莉子(31件 昨年9位↑)
5位 結愛(29件 昨年24位↑)

6位 結菜(27件 昨年4位↓)
同率6位 葉月(27件 昨年53位↑)
同率6位 凜(27件 昨年13位↑)

9位 ひまり(26件 昨年40位↑)
同率9位 七海(26件 昨年53位↑)
同率9位 紬(26件 昨年11位↑)

 

夏生まれの女の子の名前は、年間2位の「陽葵」(67件)が人気ナンバーワンでした。読み方は「ひまり」(44件)、「ひなた」(13件)、「ひより」(7件)の順で多い結果に。ひまわりを連想させますので、夏らしさがとてもあるように感じます。

2位は年間17位の「夏帆」(41件)。年間ランキングから15位もランクアップしている、「夏帆」はまさに夏の名前の王道のよう。この名前は全員「かほ」と読むようです。「帆」という漢字は船を進める布を意味し、夏や海のイメージがあるため、ふたつを組み合わせた「夏帆」はこの時季に特に人気が上がる名前といえるでしょう。爽やかで夏らしさが溢れている名前ですね。

次に、夏生まれの女の子の人気のよみランキングの結果をお伝えします。

夏生まれの女の子に人気のよみランキングTOP10


 

1位 ひまり(124件 年間6位)
2位 ほのか(98件 年間4位)
3位 あおい(87件 年間1位)
同率3位 はな(87件 年間5位)

5位 あかり(79件 年間2位)
6位 かほ(79件 年間14位)
7位 ゆい(76件 年間3位)
8位 かんな(66件 年間25位)
9位 さな(62件 年間26位)
同率9位 めい(62件 年間8位)

よみランキング1位は、やっぱり「ひまり」!(※年間では6位)

この名前は、「陽葵」(67件)、「ひまり」(26件)、「日葵・向葵」(各9件)、「向日葵」(6件)の順に多くつけられており、春生まれの女の子のよみランキング16位から大きく順位を上げました。20~30代ではそこまで多い名前でもないように感じますので、やはり名前というものは時代によってかなり変わっていくものだな、と実感するばかりです。

「夏」や「海」といった夏らしい漢字を使う5位「かほ」、14位「なつき」「ななみ」の順位が上昇したほか、8月の季語のひとつ「かんな」も年間25位から大きくランクアップしました。ちなみに、春生まれの女の子に一番人気だった「さくら」は38位(13件)、2位だった「咲良」は30位(15件)、3位だった「心春」は圏外(1件)と大幅に少なくなりました。

やはり生まれた季節に関係する名前であったり、漢字を使う親御さんは多いよう。女の子の名づけ事情は季節を重視した名前の子が多いということがわかりました。

 

今回の調査から、出産時季を考慮した、季節感のある名づけをしている親御さんは多いということがわかりました。トレンドの名前は変わっても、赤ちゃんが生まれた季節を取り入れた名づけは、今も昔も変わらず続いているようです。子どもが大きくなっても誇りを持てるような、素敵な名づけができるといいですね♪

次回は「男の子」の名前についてご紹介します。お楽しみに♪(ほんじょうみゆき)

 

情報提供元:株式会社ベビーカレンダー

 

★名前を覚えられない人に聞いた!さり気なく相手の名前を確認する方法6選

【あわせて読みたい】

※「自分の子どもに就いて欲しい職業」3位は医師、2位、1位は…

※「子どもは何人欲しい?」みんなの理由がリアルすぎる!!

※【65,535頭調査】犬も猫も、多い名前ランキング1位が同じ!さて、その名前は?

※夫が思う「イクメン」と、妻が思う「イクメン」の差がヤバい

※「結婚したくない!」男性の特徴、3位の「浮気性」を抑えて1位に輝いたのは?