また続かない…。ダイエットを失敗する人にありがちな5つの特徴

今よりちょっとやせて、キレイになりたい。そう思う女性は多いはず。
けれど、ダイエットしたい人の数と同じくらい、おそらく「失敗したダイエット」はこの世に存在するはず。食事制限をしてみてはつらくてガマンできなくなって食べちゃって、そして気づけばダイエット開始前より体重が増えてる!? なーんてこと、ありますよね。
今回は20~30代女性に「ダイエットで失敗したときのエピソード」を調査。それをもとに、「続かずに失敗したダイエット」をまとめました。

ダイエット失敗
(c)Shutterstock.com

【1】食事制限が極端


ダイエットはある程度の食事制限はつきものです。相当ヘルシー志向の人でない限り、好きなものを好きなだけ食べていたら太ってしまった、もしくは飲み会などでドカンと食べる日が続き、それを放置していたらいつのまにか2kg増……ということがほとんど。
さて、そしていざ食事制限をするというときに「サラダしか食べない」「限界までモノを食べず我慢する」など、極端と言ってもいいものを選ぶと……栄養が偏って不健康なやせ方をしたり、我慢の限界が来て反動で一気に食べてしまってそのまま失敗……というパターン多数。
流行の「糖質オフ」も、もし完全にオフするならしっかり正しい方法を勉強してから。できれば「糖質は食べ過ぎない、減らす」くらいの意識でいたほうが、結果的にストレスもたまりません。

「食事制限は、続けられる程度に、ほどほどに」がコツです。自分の基礎代謝をダイエットサイトなどで計算し、それを少々下回る程度におさえておくくらいにしましょう。「ガマンしている」とずっと思っているうちは、ダイエットは成功しません。ほどほどにガマンしすぎず、ストレスにならず、カロリーオフできている……そこのラインを探っていきましょう。

【2】ご褒美の日が多すぎ


ご褒美
(c)Shutterstock.com

「ストレスをためすぎないようにする」という意味での「ご褒美」は、週に1~2回程度なら「あれを食べるためにちょっと頑張ろう」と、いい起爆剤にもなってくれます。
でも、それは頻度が少ないからこそ。2日に1回くらいのハイペースで「ご褒美」をしているようでは、ダイエットはうまくいきません! ダイエット中のカロリーが高かったり、糖分たっぷりの美味しいものは「少しだけ、たまに」が鉄則。
そして「ご褒美」も「たくさん食べる」ではなく、「本当に美味しいと思うケーキを少しだけ食べる」と、「量より質」で選び、罪悪感を持たずに「美味しい♡」の気持ちで食べると体重は増えにくい傾向に。

【3】運動へのハードルを上げる


運動
(c)Shutterstock.com

ダイエットを始めたからスポーツジムに加入した、水泳を始めるため水着を買った……など、気合を入れる人は多い……けれど。
「週に1回ジムに行ってるから大丈夫」と安心してその他の日はだらけてしまったり、そのうちジムやプールに行くまでの準備が面倒になってしまって続かなかった……というパターン多数。
もちろんちゃんと使えるなら問題はありませんが、「最初に燃えて、すぐ燃え尽きる」くらいなら、「毎日ちょこちょこでもいいから、目標値を決めてとにかく歩く歩数を増やす」「エスカレーターやエレベーターはできるだけ使わない」など、毎日できることをコツコツ積み重ねるほうが効果が出るもの。

【4】無茶な目標を立てる


一般的に、リバウンドをしないためには、1か月の減量は「体重の5%まで」と言われています。それを超えた無理なダイエットは、体が飢餓状態になり、いざダイエットを終えて元の生活に戻すと……速攻でリバウンドしてしまった、という話もよくありますよね。
ダイエット生活が長く続くのはつらいから、できるだけ早く終わらせたいのはわかる……けれど、短期間で落とした体重は、短期間で戻りがちです。
「1週間でやせたい」「1か月でやせたい」と思ってしまいますが、できれば数か月かけて、1か月1~2kgのペースで、焦らずじっくり無理なく落としていきましょう。

【5】周りに流される


ダイエット中なのにラーメン
(c)Shutterstock.com

ダイエットにはある程度の意志の強さが必要です。
たとえば友達みんなでごはんに行ったとき、みんながシメのごはんや麺類、デザートを頼んでいるとき。その前後で調整がつくと自分で判断できた上で、食べたいと思うならちょっとくらい食べても問題ありませんが、「え~たまにはいいじゃん食べちゃおうよ」と誰かに言われて食べるなど、人に流されるのはストップ!
その誘惑する「誰か」はあなたのダイエットに責任を持っていません。
「自分の意志で」食べるものを選びましょう。
「みんなダイエットしてるって言ってるけど食べてるし、いっか」と思う日がたまにはあってもいいけれど、それが毎回だと……結局みんなでダイエットがうまくいかないだけです。

 

結局のところ、どんなダイエットがその人に合っているかは人それぞれで、同じことをやっても結果が出やすい人もいれば、出にくい人もいます。わかりやすい近道なんてものはおそらく存在せず、「ガマンしすぎず、焦らず、じっくり落とす」が、最終的にリバウンドしにくく、結果的に「近道」になるのではないでしょうか。
急がば回れ。今始めれば、現在の体重にもよりますが本格的な夏までは3~4kg減くらいは無理ではない範囲。ハードルは高くしすぎず、できることをコツコツと……の精神で、今回こそ「続くダイエット」、成功させてみませんか?(後藤香織)

 

★【実録】やせたいのに食欲に負ける人に試してほしい、ガマンしないダイエット、7つのコツ

【あわせて読みたい】

※ダイエット成功の秘訣は「食事」にあり!痩せる食生活のルール

※なぜ続かない…?ダイエットに失敗しがちな女性の特徴5タイプ

※ラーメン年間600杯食べてるのに、なんで太らないの?ラーメン女子博プロデューサーにダイエットのコツを聞きました

※キレイな人はこうしてる!日常生活でダイエット成功してキレイになるための8つの方法

※ダイエット、何してる?みんなが「効果アリ」と思った「食事面」での努力6つ