「鏡開き」「鏡割り」の違いって?そもそも割るのは餅なの?樽なの?

多くの地域で1月11日に行われている「鏡開き」。正月に供えた鏡餅を木槌で叩いて割り、雑煮や汁粉にして食べることで、一族の健康と発展を祈る儀式のことを言います。

では「鏡開き」「鏡割り」、どちらもよく聞く言葉ですが違いってなんでしょう?

答えは、基本的に意味は同じ。本来は「鏡餅を割る」ので「鏡割り」ですが、「割る」が忌み言葉として縁起の良い席にふさわしくないため、「開く」に言い換えられたのが「鏡開き」です。

wari

さて一方で、結婚式や企業のパーティなどで、日本酒の樽の蓋を木槌で割るのも「鏡開き」と呼んでいますね。これは日本酒の樽の蓋を「鏡」と呼ぶからだそうで、こちらも「鏡割り」なんですが、お祝いの場では鏡餅と同様に「割り」を避けて「鏡開き」と言われています。

鏡餅と日本酒、どちらの場合でも使う「鏡開き」「鏡割り」。私たちが目にするのは、だいたいお祝いごとの席なので、「鏡開き」と言っておけば間違いなさそうです。(安藤美琴)

 

【あわせて読みたい】

※おみくじ「吉」「小吉」「中吉」「末吉」の運勢が良い順番、わかりますか?

※鳥居をくぐる際は左足で!「初詣」に行く前に知っておきたい7つの疑問

※意外な事実発覚!1分で知ったかぶれる「おせち料理」のルーツ

※日本美術が大ブーム!和樂編集長が振り返る2013年「和」のニュース総まとめ