プロから学べる!adidas Runnersなら美しいフォームで走ってキレイに♡

美ボディにも繋がる“美しいランニングのフォーム”って?


計4回(4か月間)のプログラムで行う「adidas(アディダス)」が主催のランニングセッション『adidas Runners Tokyo presents WANNA RUN @ TOKYO with CanCam〜楽しく走って美しくなる!〜』の3回目が11月9日(土)に実施。CanCam専属モデル・小室安未が、全国から応募してくださった方々の中から選ばれた、CanCam読者やファンのみなさんと、今回は代々木公園をランニングしてきました!

>『adidas Runners』って? 1回目の様子はコチラ

>気になるランニングに関するお悩みQ&Aも! 2回目の様子はコチラ

■コミュニティメンバー同士で前回から1か月間の体験や感想を共有

今回も志保キャプテンのリードの元、前回のセッションからここ1か月間の自主練についての体験や感想を発表しあうことからスタート!

安未ちゃんは走るフォームを直すために、adidas RUNBASEで行っている秋葉直人コーチのパーソナルトレーニングに参加した体験を発表。

1回目のセッションで指摘してもらって気づけたフォームの癖。自分では意識して走っているつもりでも、2回目でもやっぱりコーチから癖が治っていないと指摘を受け…先週パーソナルに行ってきました! 私の弱点である腹筋や体幹を鍛えるメニューを考えて下さっていて、ウォーミングアップなどの基礎練から細かく教えて頂きました。フォームも、動画を何度も撮って徹底的に分析。コーチから「頭の上から吊られているイメージで走ってみて」と言われて走ってみたら、コツを掴めたようで指摘を受けずに正しいフォームで走れるようになりました!(小室安未)

実は、いちばん安未ちゃんのフォームを心配していたという秋葉コーチ。パーソナルの際に、フォームを直した後に皇居を1周ランニングしても、ほとんど姿勢が乱れなかったため安心したんだそう!(笑)パーソナルから約1週間たったこの日、果たして安未ちゃんはフォームをキープできているのか…!?

■美しいランニングフォームって?

紅葉しつつある代々木公園に移動し、ウォームアップスタート!  秋晴れで心地良い陽だまりの中、みんなで楽しく体をほぐしていきます。

来月にある最後のセッションでの目標は、全員で10キロ完走。そこで走りきるために大切になってくるのが、“美しいフォーム”! 正しく、美しいフォームで走ることににより、長距離を走ることができるだけでなく余計なところに筋肉がつかないので、美脚にも繋がるんだそう。コーチが改めてみんなに伝授!

ポイントは、頭の上から吊られているような姿勢をキープ。足で地面を蹴るのではなく、地面に置く感覚で。ポンッと置いたときの反動を利用するような足運びを意識し、おへそから引っ張られて前に進むイメージで走ることです!(秋葉コーチ)

■代々木公園のコースを6周ランニング!

コーチから教わったフォームを意識しながら、キャプテンを先頭に早速ランニング! 今回は1キロちょっとの代々木公園のランニングコースを計6周走ることに。

パーソナルトレーニングにも通った、気になる安未ちゃんのフォームは…セッション3回目にしてコーチも認める美しいフォームに改善!(感涙)

トレーニングの成果もあって 「街ランしてそう!」「かっこいい!」とコミュ二ティのメンバーから褒められている安未ちゃんを見て、熱心に指導してくださっていたコーチも鼻高々の様子でした♪

走り終わったあとは、この日習ったフォームについての復習と、来月の最終回で10キロ走りきるためのアドバイスがコーチ&キャプテンからあり、今回のセッションは終了。
終わった後も、クールダウンのストレッチやマッサージをしながら、みんなで楽しそうに話しているのが印象的でした♪ セッションを通して、共通の目標を持つ仲間と交流が持てるのも、adidas RUNNERSの魅力のひとつだなと改めて感じた回でした!

■安未ちゃんの今回のadidasウエアをチェック♪

トーン違いのグリーンで揃えたおしゃれ上級者スタイル♡

TOPS: PHX II ジャケット  ¥12,000
Shirts: RISE UP N RUN Tシャツ ¥4,990
Tights: オウン ザ ラン 7/8 グラフィック タイツ ¥6,490
Shoes:SOLAR DRIVE 19 (EF0780) ¥11,000
※以上、全て本体(税抜価格)です。

 カーキのタイツはよく見るとさりげなく迷彩柄になっており、膝の切り替えは脚の曲げ伸ばしが快適にできるようサポートする効果も! 

さりげなくadidasロゴが入っているヘアバンドが、コーデのアクセントに。ランニングのときポニーテールが多くなるけれど、つけるだけで気分が変わってテンションもUP♪

計4回の『adidas Runners Tokyo presents WANNA RUN @ TOKYO with CanCam~楽しく走って美しくなる!~』のセッションも、来月でついに最終回! みんなで目標の10キロを無事に走りきることができるのか、次回に期待です!

adidas Runners Tokyoの詳細はこちら

協力/adidas

撮影/千葉太一 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(CanCam専属モデル) 構成/田中絵理子