adidasのランニングコミュニティで美しいカラダづくり♡

間違った走り方やダイエットしてない?  体もキレイに絞れる走り方って?


 

計4回(4か月間)のプログラムで行う「adidas(アディダス)」が主催のランニングセッション『adidas Runners Tokyo presents WANNA RUN @ TOKYO with CanCam〜楽しく走って美しくなる!〜』の2回目が10月19日(土)に実施。前回同様、CanCam専属モデル・小室安未が、全国から応募してくださった方々の中から選ばれた、CanCam読者や安未ちゃんファンのみなさんと、皇居周辺をランニングしてきました!

>>『adidas Runners』って? 1回目の様子はコチラ♪

■コミュニティメンバーの1か月の体験や感想を発表

ひとりひとりを大切にしたプログラムを行なっているadidas Runners(aR)は、コミュニティメンバー同士の交流も大切にしています。2回目の今回は、先月行われた1回目から、今までのセルフトレーニングについてなどの体験や感想を共有し合うことを、コミュニティのキャプテンである岩崎志保さんがメインスピーカーとなりスタート。「セッションに参加したことにより、モチベーション上がった!」「走ることや、ダイエットのことを人と話すことがあまりなかったけど、これをきっかけにみんなと話せて嬉しい!」など、気持ちの面で変わった子も多かった様子。

安未ちゃんもここ1か月間の自主練についてみんなと共有。

前回、コーチに走り方を教えて頂いたので、それを忘れないように動画で撮っておいて気をつけて走っていました。「近所の河川敷をグルっと回って3周する!」「今日は30分!」などと決めて、週イチくらいのペースで友人と一緒に走ったり。たまに縄跳びなどのトレーニング系を入れてみたり、飽きないようにして走ってました。 でも、フォームがなかなか定着してこないので、きちんとした走るフォームを身につけたいです!(小室安未)

この後のランニングでもコーチから指摘がありましたが、安未ちゃんの課題はやっぱり“フォーム”のよう。

■コーチ&キャプテンによるランニングQ&Aも!

コミュニティメンバーがランニングをする上でのお悩みや疑問について、専門的な知識を持っているコーチの秋葉直人さんや志保キャプテンが答えてくれる時間も。みんなのランニングQ&Aをいくつか紹介!

Q:寒い日のランニングや運動で風邪を引かないためには?

A: 「ロンT、ジャージ、ウィンドブレーカーなど、寒がりの方はある程度厚着をして走っても大丈夫ですが、終わった後はすぐにシャワーを浴びたりやお風呂入ったり、体を冷やさなければ問題なし!」(秋葉コーチ)

ちなみに志保キャプテンは、裏起毛になっている冬用ランニングタイツや、ネックウォーマー、ランニングタイツの上から長めソックスを履いて足首をカバーしているんだそう!

Q:ダイエット中のランニング。食事で気をつけることは?

A:「いっときの減量でなく絞れた体を継続させたいなら、過度な食事制限は食べたときに一気に吸収するから逆効果。ストレスがある脳だと痩せないので、バランスの良い食事と、例えば音楽が好きならライブに行ったり、気分転換をしてストレス発散しながら運動するのがベストです。」(秋葉コーチ)

Q:走っていて、筋肉で体が重くなった気がしました。筋肉がつきづらい走り方ってありますか?

A:「地面を力強く蹴っていると筋肉がつくので、“足を地面に置く”イメージで走って欲しいです。全身力まず、上半身もリラックスして走ってください。また、筋肉を休める日を作った方がいいので、筋トレは1日置きくらいでしてあげてください。」(秋葉コーチ)

Q:走っているとスネの外側が痛くなってしまうのですが、なぜですか?

A:「足首に力が入りすぎてると、スネの外側やスネ全体が痛くなってしまいます。足を前に踏み出しすぎていると思うので、リラックスして真下に置くイメージで走ってください。」(秋葉コーチ)

■美しくキレイになるランニングで重要なのがウォーミングアップ!

筋肉の柔軟性をあげたり体全体を温めることにより、より怪我をしにくく、またしなやかな体づくりにも繋がるのでとても重要なのが、ストレッチ。今回は、よりしっかりウォーミングアップ方法について学びました!ポイントは、ふくらはぎ、脚の裏、太ももの裏、股関節をしっかり伸ばすこと。

クールダウンの効果や、血液の流れを整えることでもあるので、ランニング後に行うのも忘れずに!

筋トレをしてから有酸素運動(ランニング)をすると、より効率的に体をキレイに絞れるということで、簡単な筋トレも実践♪

①パタパタ腹筋  (20秒×3セット)

仰向けになり、脚を伸ばした状態で脚を上下に“パタパタ”と動かす腹筋方法。ポイントは腹筋を使っていることを意識すること!

②スクワット(8回×3セット)

肩幅に脚を開いて立ち、太ももで動くのではなく、そのままお尻を下げるイメージでスクワット。膝を曲げようとするのではなく、“お尻から”下げるイメージで! 安未ちゃんは腹筋に大苦戦…! ランニングと一緒に、筋トレも頑張りましょう!(笑)

■皇居を半周ずつランニング!

ウォーミングアップをしっかりした後、今回は皇居半周(約2.5km)をノンストップでランニング!

半周し終わったところで、給水タイム! 少し休んだ後、残り半周(2.5km)もランニングして、計約5kmにトライ! ランニング中も、コーチやキャプテンが励ましてくれてなんとかみんな、無事に完走していました! 終わった後はみんなでクールダウンの運動をして終了。

今回のセッションでは、力み過ぎた走り方の人のフォーム改善や、ランニング前の筋トレや前後に行う柔軟体操にフォーカス。みんなそれぞれ課題を見つけて、次回のセッションまでに改善しようという意欲が見える回でした!

■安未ちゃんの今回のadidasウエアをチェック♪

モノトーンで統一したスタイリッシュなスタイル! 無地じゃなく印象的な柄が入っているので、モノトーンでもシンプルになりすぎず、おしゃれな着こなしに♡

ジャケット: オウン ザ ラン ジャケットW ¥6,690
トップス: オウン ザ ラン AOP TシャツW ¥3,990
ボトムス: ¥7,990
シューズ:SOLAR DRIVE 19 (EF0780) ¥11,000
※以上、全て本体(税抜価格)です。

今回は少し肌寒かったので、上からランニングジャケットもオン。雨が降っても走れるように、撥水加工もされているので、どんどん寒くなっていくこれからの季節におすすめです。

『adidas Runners Tokyo presents WANNA RUN @ TOKYO with CanCam~楽しく走って美しくなる!~』のランニングセッションは、計4回で今回が2回目。次回、きっと成長している(!?)安未ちゃんとみなさんに会うのが楽しみですね!

adidas Runners Tokyoの詳細はこちら

協力/adidas

撮影/千葉太一 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(CanCam専属モデル) 構成/田中絵理子