取材中アーティストも絶賛した名品イヤホン「Beoplay E8」限定ピンク登場!

「イヤフォン」って、普段どんなものを使っていますか? 「小さいバッグの中でコードが絡まらないBluetooth派」「音とか機能にもこだわりたいけど見た目もやっぱり大事」「やっぱり音質。なぜなら推しの声を一番美しく聞きたいから」…などなど、実はその人なりの個性やこだわりが反映されるアイテムだったりします。

通勤中の音楽はもちろん、普段の電話から取材のテープ起こし、原稿執筆中のBGM、旅行中の映画鑑賞まで、あらゆるシーンでイヤフォンのお世話になる生活をしている私ですが、特にこだわりなく、携帯電話の付属イヤフォンを使っていました。

そう、とある名品に出合うまでは…!

 

その名品というのが、「B&O PLAY」の完全ワイヤレスイヤフォン・「Beoplay E8」

「B&O PLAY」といえば、スタイリッシュな北欧の音響ブランド「Bang & Olufsen(バングアンドオルフセン)」の技術を受け継ぐオーディオブランド。このイヤフォンがどうすごいのかというと、

① 見た目がとにかくスマートで洗練されている
② 見た目以上に性能がいいので、取材中机に出していたらアーティストの方に褒められた
③ コンパクトで持ち運びしやすく、バッグの中でコードが絡むことがない。
④ 充電がすごくもつ/充電がすぐできる。ズボラな人間にも最適
⑤ 長時間使っても耳が疲れない
⑥ 耳孔が小さい系女子にもぴったりなサイズのイヤーチップ付き(5サイズあり)

などなど、とにかくパーフェクト! 正直、イヤフォンの性能がこんなに生活を快適にするとは思っていませんでした。その出合い以来、浮気することなく愛用しています。

 

そんな名品「Beoplay E8」に、このたび限定カラーが登場。

今回登場するのは、日本の春の風物詩・吉野の桜にインスパイアされたという「パウダーピンク」。淡く上品な発色で、アルマイトやレザーの硬質な素材の印象を和らげて、これまでよりさらにフェミニンで女性も使いやすい印象になりました。

桜は日本の象徴的な花であり、春の訪れとや新しいスタートも意味する桜色をまとったこの限定カラーは、身につけていると1年中フレッシュな気持ちにさせてくれます。

ありがちな充電問題についてもスマートにクリア。一度の充電で最大4時間の連続再生が可能。さらに、ポケットに収まるレザーの充電ケースにはめ込むことにより、2回の充電ができます。


イヤフォンには小型磁石が内蔵。充電ケースに入れると自動的に電源が切れ充電が開始されるため、「充電したつもりがされてなかった…」という悲しいトラブルも起こりません。

見た目や機能だけでなく、業界を牽引するサウンドクオリティももちろん搭載。『Bang & Olufsen』の経験豊かなエンジニアによって精密に調整されたリッチで迫力満点のサウンドで、長時間聴いていても疲れないクラストップの高音質を実現。

さらにAndroidやiPhone、Apple Watchに対応したアプリ『Beoplay App』を使って、音色やサウンドのステージングを調整し、音楽をコントロールすることもできます。「今日はライブ気分を楽しみたい」みたいな気分や自分好みのサウンドを、人さし指ひとつで簡単に操作。イコライザー初心者にも使いやすいのは本当に嬉しい!

デザイン重視の人から本格的に音楽を楽しみたい人まで、ガジェット好きには絶対刺さるこの名品。限定なので、ぜひ早めのチェックをお勧めします!

商品を公式サイトでチェック

B&O PLAY 限定カラー『Beoplay E8 Powder Pink』
希望小売価格 30,463 円(税別)
4月末~ 『Bang & Olufsen』のストアの一部と限定取扱店にて販売
付属品:プレミアムレザー充電ケース、5つのイヤーチップ、充電ケーブル

 

読者のお問い合わせ先: (株)TFC tel : 03-5770-4511
www.beoplay.com