彼女への連絡頻度の理想と現実!彼氏からの連絡頻度が減った原因は?

付き合いたてのころは、一日に何回もLINEしていたカップルでも、次第に連絡頻度が少なくなっていくということは珍しくありません。では世の男性は、彼女とどれくらいの連絡頻度を理想としているのでしょうか。そこで今回は、彼女との連絡について、男性の理想と現実に注目。彼女との連絡頻度に、男性がどんな本音を持っているのか見ていきましょう。

1:彼女への連絡頻度は?

恋人同士の連絡頻度というのは、カップルごとに変わるもの。その正解は、カップルの数だけありますが、一般的にはどんな頻度が多いのか、気になりますよね。 まずは、男性がどれくらいの頻度で彼女に連絡をしているのか実態を見てみましょう。 今回は、20代~40代の未婚男性28人に独自のアンケート調査を実施。「恋人との連絡頻度はどのくらいですか?」というアンケートを行いました。回答の多かった5つをランキング形式でご紹介します。 第1位:1日に数回・・・10人(35.7%) 第2位:1日1回・・・7人(25.0%) 同率第3位:3日に1回・・・3人(10.7%) 同率第3位:1週間に1回・・・3人(10.7%) 同率第5位:2日に1回・・・2人(7.1%) 同率第5位:2週間に1回・・・2人(7.1%) 1日に複数回連絡を取り合っているという人が、いちばん多い結果となりました。2位と合わせると6割以上の男性が毎日彼女と連絡を取っていることになります。 今回はリサーチした人数が少なめになりましたが、もっと多い人数からアンケートをとっても、同じような結果になるような気がします。 しかし、連絡頻度というのは、住んでいる場所の距離やデートの頻度、あるいは交際年数などでも変わってくるもの。連絡頻度だけでは仲の良し悪しまでは判断できないので、一般より少なかったからといってケンカしないでくださいね。

2:彼女との連絡頻度の理想Top3

次に、男性が彼女との連絡頻度の理想を調査した結果をご紹介します。「恋人との理想的な連絡頻度はどのくらいですか」の回答のトップ3は、以下のようになりました。

同率2位:3日に1回・・・5人(17.9%)

同率2位:1週間に1回・・・5人(17.9%)

同じ職場だったり、かなり頻繁にデートしている関係だったりすると、「一緒にいないときぐらいは、ひとりでいたい」という心理が働くケースもあります。 また、連絡そのものが苦手な男性も多いです。そのような傾向がある人は、彼女への気遣いから毎日連絡をしていても、本音では「連絡は用事があるときだけでいい」と思っているものです。

1位:1日1回・・・10人(35.7%)

1日に何度も連絡を取り合うのは少しめんどう。とはいえ、連絡を取り合わないのはお互いに不安。ということで、1日に1回の連絡頻度を理想と考える男性は多いようです。 どんなに仕事などが忙しい状態でも、1日の終わりに、お互い無事に1日過ごせたかどうか、LINEで確認し合うぐらいの関係を築いたほうが、円満なカップルになれるのでないかと思います。

3:彼氏からの連絡頻度が減った原因3つ

では、男性からの連絡頻度が減った場合、どういう原因が考えられるでしょうか。

(1)何かと忙しい

当然のことですが、恋愛以外の生活が忙しいと、連絡頻度は減ってしまいがち。時間に追われて、連絡する心の余裕がない場合もありますし、趣味に打ち込んでいたり、友達付き合いが多かったりなど、別に楽しいことがあるという場合も。 あまりにも恋愛がおざなりになるのは問題ですが、多少連絡頻度が減るのは、お互いに自立しているからと考えて、目をつぶってあげましょう。

(2)良くも悪くもマンネリ

関係に慣れ切ってしまって、連絡をする必要性を感じていない場合も。頻繁に連絡するような話題もないし、お互いのことがわかっているので、「常に連絡をしないと不安」という気持ちにもならないのです。 悪く捉えれば、マンネリ化して新鮮味がなくなっているといえますが、プラスに考えれば、信頼関係をしっかり築けていて、連絡頻度が少なくても壊れない関係になっているともいえます。

(3)ひとりの時間がほしい

頻繁にデートをしている関係だと、表面上は楽しそうにしていても、本音では「いつも一緒で自由がない」と考えている場合もあります。休日は必ず一緒に過ごすような関係だと、多少なりとも息苦しく感じてる人は一定数います。 どんなに彼女のことを愛していても、男性は自由に過ごせるひとりの時間を求めているもの。「たまにはひとりの時間ちょうだい」そんな気持ちで連絡頻度が少なくなるのです。

4:連絡頻度が少ない彼女への男子の本音3つ

一方、彼女からの連絡頻度が少ないと感じたとき、男性はどう感じるのでしょうか。心理をご紹介します。

(1)冷められたのではないかと不安になる

もともと頻繁だった彼女からの連絡が少なくなってくると、男性はまず、自分への気持ちが冷めてしまったのではないかと考えてしまうもの。付き合い始めのころと比較して明らかに少なくなってしまうと、彼氏の立場としては微妙なものです。 彼女が心変わりして、他の男性を好きになっているんじゃないか、すでに浮気をしているのではないかと疑う人もいます。

(2)体調などが心配になる

日常生活の中で発生する不満や悩みを、他人に吐き出すのが苦手な人も多いです。ストレスを自分の中に溜め込んでしまう性格の彼女に対しては、心身面の健康状態を心配することも。 連絡頻度が少なくなってくると、「最近仕事が忙しそうだけど体調崩していないかな」とか「何か悩みがあるんじゃないかな」など気になるのは、その優しい性格からだといえそうです。

(3)こんなものだろう

恋愛の初期段階ではお互い連絡を頻繁にします。そこには相手をもっと知りたい、自分のことをもっと知ってもらいたい心理があります。また、相手を近くに感じたい気持ちや、つながっていないと不安という気持ちもあるでしょう。 しかし、交際期間が長くなってくれば、気持ちは安定していきます。それに伴って、連絡頻度も少なくなっていくもの。実際には、「こんなもの」と深刻に考えていないことも多いようです。

5:彼女からの連絡頻度が少ない理由3つ

では、彼女からの連絡頻度が少ない場合には、どのようなケースが考えられるでしょうか。

(1)トークが盛り上がらないから

交際期間が長くなると、頻繁に連絡するような話題もなくなっていきます。電話をしてもLINEをしても盛り上がりに欠けて、特におもしろくもないので連絡頻度が少なくなってしまうのです。 男性は連絡がこないと寂しいのに、連絡がくるとそっけない態度を取ってしまいがち。盛り上がらない彼氏に連絡するくらいなら、女友達と会話するほうが楽しいと思われてしまいます。

(2)気持ちが冷めた

好きなときは、いつも声を聞いていたい気持ちや、つながっていたい気持ちから、連絡頻度は高くなります。しかし、「本当に好きなのかな」とか「付き合い続けていいのかな」など、好きな気持ちの熱量が下がってくると、連絡は少なくなるもの。 連絡を取らないで、今後のふたりの関係を考えているのかもしれませんし、すでに他の気になる男性と連絡を取り合っている可能性もあるでしょう。

(3)安定した関係になっている

交際したてのとき、電話やLINEばかりすることも珍しくありません。好きの感情が強すぎて離れたくない気持ちや、一緒にいないと不安な気持ちからの行動です。 しかし、交際期間が長くなれば気持ちは安定していきます。信頼関係も構築されるので、いつも連絡していないと不安という気持ちはなくなるもの。いい意味で落ち着いた関係になって連絡頻度が少なくなるのです。

6:ストレスにならない連絡頻度を見つけよう

今回のリサーチ結果を見ると、男性は彼女との連絡頻度は1日1回程度を理想としているのが見えてきました。とはいえ、カップルそれぞれに理想の連絡頻度があるもの。お互いがストレスにならない適切な連絡頻度を見つけましょう。(大船くじら)

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

大船くじら
大学中退後、好奇心に任せてさまざまな職業を経験した後、ライターへ転身。自身の幅広い経験を活かした、新しいライフスタイル提案に関する記事や、男女の恋愛を深掘りする記事を、多数のメディアにて執筆。