LINEが続かない人と続く人の明らかな違いとは?好きな人とだけ続かない理由

好きな人に勇気を出してLINEしてみたものの、なかなか会話が盛り上がらず、やり取りが続かない……なんていうこと、よくありますよね。スムーズにLINEが続く人がいるのと、なかなか続かない人がいるのはどうしてなのでしょうか。そこで今回は、好きな人とのLINEを楽しみながら、やり取りを長続きさせるハウツーをご紹介します。

1:好きな人とLINEが続かないのには理由がある

好きな人と「もっとLINEしたい!」と思っているのに、ぜんぜん続かない……と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。そこには必ず理由があるのです。

(1)続けることが目的化していない?

ただ返信が欲しいだけのための質問攻めや自分通信は、相手にとって対応が困るだけ。性格のいい人であるほど、LINEが来たら返信しなくちゃいけないという義務感を感じがち。だからこそ、だんだんとLINEが来ること自体がめんどうな気分に……。そうなると、返事もソコソコに会話を切り上げたくなってしまうのです。

(2)LINEの位置づけは男女でも違う

自分の中でのLINEという存在自体の優先順位が低いという人もいます。特に男性は、LINEの内容自体に問題がなくとも、「やりとりを長く続けたくない」「返すのがめんどうくさい」と感じてしまう人も少なくありません。相手がLINEを頻繁に活用している人かどうかを見極めましょう。

(3)好きじゃない

自分に好意をもってくれていることに気づいているうえで、これ以上関係を深くしたくないがために、LINEでもそっけない態度をとるということも考えられます。つまり、あなたのことを好きじゃないのです。切ない話ではありますが、思わせぶりな態度をとらないだけ、誠実だともいえるでしょう。

2:LINEが続かない人がやりがちなNGポイント5つ

(1)自分のタイミングでLINEを送っている

例えば、仕事終わりで疲れているときや就寝前、大切な会議・試験・試合の直前など、休息が必要なタイミングにLINEが届いても、ていねいに返事をする余力はないですよね。自分都合で送ってしまい、相手にとってタイミングが悪いシチュエーションばかりになると、やりとりは続かなくなってしまいます。

(2)恋愛感情を出しすぎている

恋愛感情を出しすぎると相手も返事に困ってしまいますし、LINEを返すこと自体が負担になってしまいます。特に長文ラインで相手を褒めちぎったり、好きという感情を全面に出すのはNG。重い人だと思われてしまうことも。

(3)自分の話ばかりしている

一方的な自分語りを聞かされていると、相手も返事をすることに疲れてしまいます。会話は互いが話してこそ成り立つもの。話題をキャッチボールし合える会話を目指しましょう。

(4)相手のプライベートを詮索する

相手の日常生活を追求したり、相手がSNSやタイムラインに投稿している写真に対して「誰と行ったの?」「これ何?」などと、執拗に詮索するのもNGです。プライベートを根掘り葉掘り聞かれるのは恋人でもイヤという人も多いのに、他人ならなおさらです。

(5)しつこく連絡を送りがち

LINEの返信がすぐこないときなどに、しつこく連絡をしてしまうと、返事をする気力も失せてしまいます。「監視されている印象を受ける」という人も。好印象を抱いていた相手でも気持ちが冷めてしまう行為でしょう。

3:LINEが続く人が自然とやっていること5つ

LINEが続くということは、相手が返しやすい状況を作ることに長けている証拠です。LINEが続く人が自然とやっていることをご紹介します。

(1)相手と連絡がとりやすい時間帯をリサーチしている

相手と連絡を取りやすいタイミングを意識してLINEを送ると、円滑にLINEが続きやすいです。また、仕事が終わるタイミングから少し時間を空けてから連絡を送るなど、小さな気配りも大切です。

(2)メッセージがシンプル&短文

返事がしにくい内容や長文LINEは、返信が滞る原因となります。LINEが続く人は、相手が返しやすいようになるべくシンプルかつ短文にメッセージをまとめているのが特徴です。

(3)スタンプや絵文字・顔文字を上手に取り入れる

スタンプや絵文字・顔文字が添えられることで、LINEメッセージが華やかな印象になり、読んでいるほうも楽しい気分になります。また、スタンプがきっかけで新しい話題が生まれることも多いので、話題作りにも貢献してくれます。

(4)ネガティブな発言はしない

「相手はプライベートの時間を使って返してくれている」という意識を持って、ポジティブなメッセージを送るように心がけましょう。

(5)タイムリーな話題ネタを用意する

その日に起きた出来事やニュースの話題、SNSのトレンドといった、最新ネタのほうが、相手も「何それ、知らない!」と話題に食いつくはず。相手が興味を持つ内容を踏まえて、タイムリーな話題を持ち出してみましょう。

4:LINEが続かない=脈なしなの?脈あり・脈なしの判断基準5つ

好きな人とのLINEが続かないから脈なし……とすぐに判断するのはもったいない! LINEが続かなくても、脈ありなケースだってあります。5つの判断基準をもとに、脈ありor脈なしかチェックしてみましょう。

(1)頻繁に返事が来る

LINEは続かないけれど送ったLINEにはすぐ返事が来る場合は、相手がただLINEを続けるのが苦手なだけという可能性も……。

(2)日常の写真が送られてくる

プライベートを知られたくない相手であれば、自分が撮影した写真は送らないはず。相手からその日のごはんや旅行先の写真など、何気ない日常的な写真が送られてくる場合は、脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

(3)「〇〇したい」「〇〇行きたい」と言ってくる

相手が頻繁に「〇〇したい」「〇〇行きたい」アピールをしてくる場合は、かなり脈ありです。中には「一緒にデートしたいです」とアピールするつもりで言っている人もいるかも……。

(4)好きなタイプや恋人について聞かれる

「好きな人はいるの?」「恋人はいるの?」といった質問が来るようであれば、ほぼ完全に脈ありといえるでしょう。好意を持つ相手の好きなタイプや恋人の有無は誰しも気になるものです。

(5)文中に名前を頻繁に入れてくる

LINEでは相手の名前を呼ばなくても、会話はある程度成立します。しかし、あえて名前を入れてくるということは、「名前を出して相手に意識してもらいたい」という気持ちが芽生えている証拠です。特に下の名前を呼んでくる場合は、相手は「もっと親密な関係になりたい」と思っている可能性も高いです。

5:LINEが続かないときに試したい鉄板の話題といえば…

LINEが続かないのは、続ける話題がないから……というケースも少なくありません。会話を続けたいなら、いつでも誰でも楽しめる鉄板ネタをストックしておくのが吉です。

例えば毎週放映されるテレビ番組や、YouTubeの人気動画など、頻繁に更新される話題は、同じ話題でも話す時期によって内容が変わるので、自然と話も弾みやすくなります。相手がスマホゲームユーザーであれば、LINEでスコアを共有したり、進捗状況を報告し合ったりする関係に発展させるのもおすすめです。

また、趣味や食の好みが合うふたりであれば、話題の最新スポットを共有し合うのも良いでしょう。デートへの布石としても効果的です。

鉄板ネタを活用すれば、毎日は続かなくとも、習慣的にLINEを送り合う関係には発展できるかもしれませんよ。

6:まとめ

できることなら好きな人と毎日LINEを続けたいと思う人も多いでしょう。しかし、続けること自体が大切なのではなく、「毎日でもLINEできるくらい楽しい」と、お互いが思えることなのです。

LINEも、対面での会話と同じです。続く・続かないに気を囚われず、お互いが楽しいと思える会話を目指して話題作りに励んでみてはいかがでしょうか。(松田優)

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

松田優
ライターや記事ディレクターなど、幅広く文章業を営んでいる。2019年に『ドミノ倒れ』『かぼちゃの馬車のクレームブリュレ』を同時刊行して小説家デビュー。