あるある!「友達の彼氏の写真を見て、反応に困ったとき」のベストアンサー

【パターン別】友達の彼氏、反応に困ったらなんて言う?


女性

「最近彼氏できたんだよね」
「羨ましい! 彼氏の写真ないの?」

仲の良い友達に彼氏ができたら、つい聞いてしまうのが彼氏の写真。どんな人と付き合っているのか気になりますよね。ですが、ここである問題が浮上。

 

想像以上に「反応に困る彼氏だった」問題です。

自分から頼んだのに、思わず言葉を濁してしまった経験ってありませんか? 友達の彼氏だから褒めたい。だけど、褒める箇所が見つからない…。そんなみなさんに、今回は4パターン別模範回答集を紹介していきます!

 

Q.友達の彼氏を見せられて、反応に困ったことはありますか?


反応に困る友達の彼

よくある 23%

何回かある 44%
ない 33%

半数以上の方が困った経験アリ。一度は遭遇してしまうこの状況、皆さんはどうやって乗り越えているのでしょうか?

 

【ケース1 お世辞にもイケメンとは言えない場合】


【1】当たり障りのないこと

「優しそうだね」「個性的だね」「面白そうな人だね」「いい人そうだね」(回答多数)
「優しそう~! いい人そう~! 顔に出ちゃうかも…」(25歳・会社員)
「優しそうだねとか差しさわりのないことを言う」(42歳・会社員)
「性格が良さそうな人だね」(27歳・会社員)

定番中の定番「優しそう」が回答多数。差しさわりのないフレーズで褒める方が多くいました。実際優しそうだね、と言われると嬉しいですよね。ただ、顔に出さないように注意が必要ですよ!

【2】彼の良いところを聞く

「どんな所が好きなの?」(回答多数)
「どんな人なのか聞く」(21歳・大学生)

写真だけではどんな人なのか分かりませんよね。意外な特技があったり、性格部分で良いところがあったり。友達がお付き合いを決めた相手なら、どこかに決め手となる良いところがあるはずです!

【3】顔に触れない

「特に顔についてはノーコメントで、性格とか別の話題を振る」(22歳・大学生)
「感想は言わずに、『どんな人なの?』とか質問する」(22歳・会社員)
「顔の感想は避ける」(31歳・専門職)
「どこに行った時?とか、見た目にふれないように若干掘り下げる」(28歳・専業主婦)
「顔以外のなにかに注目して感想を言います」(23歳・会社員)

質問したり話題を振ることで、特に感想を言う必要もありませんよね。そうすることで、無理に褒める必要がなくなります! 困ったときにはまず質問をするのが◎。

【4】友達におめでとうメッセージ

「幸せそうで良かった」(35歳・会社員)
「私もこういう人いいな」(28歳・パート)
「素敵な人だねー! 羨ましい!」(31差・会社員)
「そっかー。よかったねー。○○ちゃんの好きな人が出来て」(20歳・会社員)

とにかく彼氏が出来たのはおめでたいこと。「羨ましい」「おめでとう」と友達の幸せを一緒に喜びましょうね♡ 

【5】さりげなく話を終わらせる

「ふうん、そんな人なんだ」(28歳・パート)
「いいじゃん!」(26歳・パート)
「この人かぁと言うくらい」(39歳・パート)

ウソの感想で会話を続けると段々辛くなるので、いっそのこと話を終わらしてしまう方も。一言簡単に感想を言って、その話をさりげなく終了させます。

【6】友達として伝える

「私のタイプではないなー」(18歳・会社員)
「へー! なんか意外!」(21歳・大学生)

大切な友達なら、本心を伝えてしまう……というのもアリ。今後その彼と会う可能性もあるので、やっぱりウソはNG。自分の考えを伝えたうえで、友達の幸せを応援しましょう!

 

【ケース2 良く言えば恰幅がいい場合】


【1】当たり障りのないこと

「優しそう」(回答多数)
「いい人そう」(19歳・大学生)
「温和な人だね」(38歳・会社員)
「元気そう」(35歳・会社員)

やっぱり当たり障りのない言葉はどんなシチュエーションにも活躍しますね。これらのレパートリーを増やしておけば、いつでも使えそう!

【2】見た目に関して褒める

「体格が良いね」「可愛い」「包容力がありそう」(回答多数)
「ぽっちゃり系良いよね~」(23歳・専業主婦)
「守ってくれそう」(21歳・高校生)
「頼もしそう」(25歳・会社員)
「プーさんみたいだね」(26歳・会社員)

体形の大きさについては、意外と褒めるポイントがありそう。確かに体が大きい方って包容力だとか、頼もしいイメージがありますよね!

【3】見た目に関して聞いてみる

「結構ぽっちゃりだね」「大きいね」(回答多数)
「運動してるのかな、この人?」(26歳・会社員)
「ごつい人が好きなんだね」(22歳・大学生)
「肥満が病気由来じゃないことがわかっていれば結構いじる」(28歳・専業主婦)
「太っている人は幸せそうに見えるので、マイナスなことは言わない」(26歳・パート)

褒めるわけではなくても、見た目の大きさについて直接聞く方が多数。カッコよさの指標よりも、視覚的なものだからですかね? ただマイナスの発言はNG。

【4】グルメな話をする

「いっぱい食べそう! そういう人いいよね!」(回答多数)
「美味しいものたくさん食べに行けそう」(23歳・会社員)
「ご飯美味しそうに食べてくれそう」(28歳・専門職)
「美味しいもの沢山知ってそう! わたし、食べるの大好きだから羨ましい」(24歳・会社員)
「グルメ好きそうだね」(27歳・会社員)

「恰幅がいい=たくさん食べそう」というイメージがわきますよね。ならば、グルメな話をしてみるのもアリ。羨ましいと言われると、誰だって嬉しいですよね。

【5】見た目には触れない

「体形には触れない」(42歳・会社員)
「感想は言わずに、『どんな人なの?』とか質問する」(22歳・会社員)
「体形の感想は避ける」(31歳・専門職)
「ふうん、そんな人なんだ」(28歳・パート)

体形に触れる方もいましたが、やはり触れない方も。見た目に関する直接的な感想は避け、他の箇所に注目するのが安全策ですね。

【6】彼の良いところを聞く

「どんな人なのか聞く」(21歳・大学生)
「どこが好きなの?」(35歳・パート)

まずはどんな人なのか知りたいですよね。どこに惹かれたのか、どんな人なのか聞かれると、自分の彼氏に興味を持ってくれているような感じがします♡

【7】肯定する

「私もタイプだわーこういう人」(39歳・パート)
「意外なタイプが好きだったんだ!」(42歳・無職)
「私、強い見た目の人が好きだから羨ましい!」(31歳・会社員)

自分のタイプを肯定されると嬉しいもの。しかも、仲の良い友達に認められると何だか彼氏が誇らしいですよね!

 

【ケース3 ひとまわり以上年上に見える、かなり年上の人の場合】


【1】当たり障りのないこと

「優しそう」(回答多数)

このケースは他よりも少ないですね。ですが、「優しそう」はどんな場合でも使える最強の誉め言葉♡

【2】年上なことを褒める

「大人でいいなぁ」「年上憧れる!」(回答多数)
「かなり年上が好きなので、気が合うね!と言います」(23歳・専業主婦)
「大人! さすが○○だわ!」(26歳・会社員)
「自分の夫は一つ下なので、やっぱり年上は頼りになりそう」(28歳・専業主婦)

「年上の彼氏」というだけで、褒めるポイントに。なかなか年上の彼には出会えないので、「憧れる」「さすが」と羨ましいことを伝えると◎。

【3】年上の良いところを褒める

「頼りになりそう」「若く見えるね」「甘やかしてくれそうでいいな~」(回答多数)
「経済的に安定だね~とポジティブに」(31歳・専門職)
「守ってくれそうだね」(39歳・パート)
「知らないことたくさん教えてくれそう」(23歳・会社員)
「包容力ありそう」(28歳・会社員)

年上の彼には魅力がたくさん。人生経験も多いだろうし、経済的にも精神的にも安定してそう。年上であることは、ポジティブに捉えることができます!

【4】気になることを聞く

「年上が好きなの?」「けっこう年上なんだね」(回答多数)
「けっこう上の人…? 初婚?」(25歳・会社員)
「結婚してないのかな?という」(26歳・会社員)
「え、年上?」(21歳・大学生)
「結婚するの?」(34歳・会社員)
「いくつ? 見えないね」(25歳・会社員)

結婚のこととか、年齢のこととか。あまりにも年がかけ離れていると、どうしても気になりますよね。素直に疑問を聞いてみることも大切です。

【5】心配する

「大丈夫なん?」(18歳・会社員)
「価値観は合う?」(30歳・パート)

騙されているわけではないか、ジェネレーションギャップを感じるのではないかと心配になってしまいますよね。仲良いからこそ、沼にはまってしまう前に助けたい気持ちは同感!

【6】彼について聞く

「どんな人なのか聞く」(21歳・大学生)
「どこが好きなの?」(35歳・パート)
「どこで出会ったの?」(28歳・その他)

どんな人なのか、どこで出会ったのか気になりますよね。たとえ自分が好きにならないような相手でも、好きなところがあることを知れば安心できそう!

 

【ケース4 若干人相が悪めの人の場合】


【1】当たり障りのないこと

「優しそう」(回答多数)
「クールだね」(22歳・大学生
「凛々しいね」(42歳・会社員)
「アクティブな感じの人だね」(27歳・会社員)
「元気がいい人だね」(38歳・会社員)

人相が悪いことを「クール」「凛々しい」と言い換えることが出来そう! 当たり障りのないこれらの言葉なら、どんな時にも使えそう♪

【2】見た目について褒める

根は優しそうだね」「やんちゃ系だね」「ワイルドだね」(回答多数)
「男気ありそうだね」(23歳・会社員)
「強そう」(25歳・会社員)
「わんぱくそうだね~とポジティブに」(31歳・専門職)
「ファンキーだね」(38歳・パート)
「エグザイルにいそう」(34歳・会社員)
「目力あるね」(25歳・会社員)

見た目についても、言われて嬉しい言葉に言い換えれば褒めやすく♡ また有名人にいそうな雰囲気、と彼氏を褒められると悪い気がしませんよ。

【3】見た目から想像した感想

「一緒にいて楽しそう」(回答多数)
「ふたりきりだとニャンニャンしてくるタイプでしょ?!」(26歳・会社員)
「楽しいならいいんじゃない?」(18歳・会社員)
「何かあったとき助けてくれそう」(37歳・会社員)
「男っぽい! 守ってくれそう」(31歳・会社員)

一緒にいて楽しいからこそ付き合うものなので、この回答は◎。また彼の性格や男らしさに惚れたのかもしれないので、見た目から想像してみるのもアリですね。

【4】素直な感想

「怖い」「チャラ!イケイケだ」(回答多数)
「意外!」(21歳・高校生)
「凄いな!」(40歳・専業主婦)
「カッコいいけど怖くない?」(24歳・会社員)

友達だからこそ、偽りのない素直な感想を言いたいですよね。ですが「怖い」とドストライクに伝えるのではなく、「カッコいいけど…」と友達のことを考えることも重要です。

【5】心配する

「大丈夫??彼氏ならありだけど結婚とかは真剣に考えなよ」(31歳・専業主婦)
「○○ちゃんを幸せにする人なら私は見た目は怖くても仲良くするよ。応援するからね!なんかあったら言ってね」(20歳・会社員)

やっぱり友達には幸せになって欲しいですよね。どんな相手であれ応援はしますが、友達の目を覚ます役目はみなさんにありますよ!

【6】ヤンキーについてつっこむ

「ヤンキーじゃん!」「ギャップ萌え?」(回答多数)
「ヤンキーなの?」(28歳・その他)
「私もヤンキー好き」(19歳・大学生)
「私もやんちゃっぽい人が好きなので羨ましいと言う」(26歳・パート)

あえてヤンキーだということに触れるのもアリ◎ 自分の彼氏がヤンキーだということに誇りをもっているかもしれませんしね。「そんなことないよ」と否定されても、友達としての主観を伝えることも大事です。

【7】彼について聞く

「どんな人なのか聞く」(21歳・大学生)
「どこが好きなの?」(回答多数)
「見た目の感想は言いません」(28歳・専業主婦)
「普段どんな感じの人?」(26歳・会社員)
「見た目じゃないんだね」(46歳・会社員)

どんな彼にも対応しうるコチラ。今回の場合は、見た目で彼を判断しないように詳細を聞く方が多数。友達として心配ならば、まずどんな人なのか知っておきたいですよね!

 

みなさんはこうやって乗り切っていたのですね。第一に大切なのは、彼を否定しないこと。自分の友達の好きな人なのだから、「おめでとう」をきちんと伝えましょうね。その上で、この回答例のような対応を心掛けて! (齋藤有紗)

 

★「優しそう」は案外喜ばれない!「友達の彼氏」の正しい褒め方

★ココ褒めとこ!男性が女子に褒められると嬉しいポイントTOP5【600人調査】

>CanCam.jp TOPにもどる