レトロ感と今っぽさのいいとこ取り!デニムパンツのおすすめコーデ16選

着こなし自在!おすすめのデニムコーデを大特集

定番のデニムパンツを、季節に合わせて今っぽく着るポイントは? カジュアルからきれいめコーデまで、旬の着こなしを紹介します。ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

【目次】
ワイドデニムパンツを合わせる冬コーデ
デニムパンツを合わせるトレンド冬コーデ

ワイドデニムパンツを合わせる冬コーデ


【1】デニムワイドパンツ×黒タートルネックニット×ストライプ柄ワンピース

No/01黒タートル 『ひとり1枚は持っている定番の黒タートル!リブ入りのぴたっとコンパクトなフォルムは、きれいめからカジュアルまで、様々なテイストに対応。どんなシャツとも好相性で着こなしの幅が広がります!』

真面目なストライプ柄ワンピは黒タートルとのレイヤードでカジュアルダウン! シャツワンピはゆるっとしたサイズ感なので、ウエストをベルトで締めてバランスよく。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】デニムワイドパンツ×白ブラウス×ラベンダーコート

テイストを意識すればカラーコートはこんなに着回せる!『かわいいけど、結局いつも同じ印象になっちゃいそう…と敬遠されがちなカラーコートは、テイストを意識するのがカギ。いつものコーデもパッと華やかに、おしゃれを刷新!』

目に留まるラベンダーのBIGコートも、×デニムなら甘さが程よいヴィンテージライクなかわいさが実現♡ 白ブラウスを合わせたら、強すぎないブラウン小物できれい色を引き締めて。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】デニムワイドパンツ×グリーンニット

程モードなカジュアルコーデはメンズニットで程ゆるに♡

シンプルできれいめなBIGニットには、やんちゃな太めデニムを合わせて全身ゆるゆるのメンズ風コーデを楽しんで。キャップやボディバッグでアクセントをプラスすれば、トレンド感たっぷりのスポーティスタイルが完成します。

CanCam2018年12月号より 撮影/鈴木 新(go relax E more) スタイリスト/塚田綾子 ヘア&メーク/小澤麻衣(mod’s hair) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/鈴木敦美 構成/西村真樹

デニムパンツを合わせるトレンド冬コーデ


【1】ブルーデニムパンツ×白タートルネックニット×グレーシャツ

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ブルーデニムパンツ×グリーンニット×黒コート

深めのVニットにオススメなのがこの合わせ方♡ 白Tシャツでカジュアルに着崩すことで、防寒できるだけでなく一気にこなれ感もアップします!

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ブルーデニムパンツ×黒タートルネックニット×チェック柄コート

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

ベーシックな黒ニット×ストレートデニムが一気に華やぐチェックコートの力。定番柄のチェックも、はおるだけで洒落見えするビッグコートであか抜けた印象に。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ブルーデニムパンツ×グリーンニット×白ボアブルゾン

SUKE KNIT : 2 かぎ編み透け『柄ニット感覚のかぎ編みは、ラフに着られるオーバーサイズが使い勝手抜群。鮮やかorトレンドカラーで、さらなる着映えを狙って♡』

コーデの要は、大胆なビッグケーブル編みが目を引くグリーンニット。デニムでカジュアルに落とし込みつつ、ピンクバッグとのカラーMIXやソックス使いで、ライトグリーンの透けニットをやんちゃかわいく着こなして♪

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブルーデニムパンツ×ピンクニット×ブラウンコート

程よく甘い、今どきガーリー ストロベリーチョコ配色『「ピンクは大好きだけど、子供っぽくなりたくない」ならこの配色!ブラウンと合わせて甘さを抑えれば、女のコらしいかわいさはそのまま、今どきのこなれ感もGETできちゃう♡』

テディベアコートの中からチラリと見えるピンクニットで、最小限で最大級のかわいさを発揮♡ 大流行中のボアコートは大人なブラウンをセレクト。ばさっとはおって定番デニムを今っぽかわいくアップデートしましょ!

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ブルーデニムパンツ×グレーニット×グリーンファーコート

ファーコートはショート丈を選んでカジュアルかわいく着るのがGood!『ファーコートは面積少なめのショート丈を選んでゴージャス感を回避!いつものカジュアルコーデにさらりとはおるだけで、リッチに格上げしてくれる♡』

珍しいグリーン系のファーは、×デニムでデイリーに着たい! シンプルなグレーニットもファーを大人っぽく落ち着いた着こなしに導くポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】黒デニムパンツ×白Tシャツ×黒ボアコート

締め色やタイトボトムなら、ボリューミーなボアコートもスッキリ着られます!『なんといっても今年の冬アウター一番の目玉はボアコート♡ 色の効果やシルエットのテクニックを駆使して、ボアをかわいく攻略して!』

カジュアルなボアコートも、黒を選べばほんのり大人モード。Tシャツ×デニムのシンプルコーデにプラスして、今っぽカジュアルを堪能♡ 差し色でパープルのミニBAGをプラスすると、さらにおしゃれなメリハリが生まれます。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ブルーデニムパンツ×黒ニット×チェック柄コート

U¥15,000でもチェック柄なら高見えをお約束♡『もこもこ素材やお目立ち柄、キレイ色などを選べばコスパは抜群! 2枚目にもオススメなプチプラコートだからこそ、主役級のデザインにTRYしたい♪』

コート1枚でおしゃれが成立する、ブラウントーンのチェック柄コートを主役に♡ 黒ニットやデニムと合わせてトラッドに着こなしたい!

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】黒デニムパンツ×黒タートルネックニット×白シャツ

荷物はなるべくコンパクトにしたい!(でもリバーシブル服は持ってない…)一泊二日の温泉旅行 『シャツorワンピを活用して、持っていく服を1枚に!重ね着したり、別のアイテムとして使ったり…。リバーシブルでなくても、アイディア次第で印象をガラリと変えられるシャツorワンピがあれば、冬の旅行も少量の荷物で行けちゃう!』

デニムと黒タートルのベーシックコーデにシャツをプラス! タートルをINしつつ、ベルトでウエストマークをするだけで印象チェンジ。シンプルなのにおしゃれっぽい、デニムスタイルが完成します。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】黒デニムパンツ×黒ニット

MONOTONE3 ベーシックなニットこそ、ニュアンス命!ざっくり黒ニット『ピタ黒ニットはちょいまじめ。ゆるっと着られるざっくりニットでこなれ感をGET!』

どことなくトラッドな雰囲気が漂うVネックニットは、×ブラックデニムで辛口カジュアルに。角度で表情を変えるケーブル編みニットなら、シンプルな中にもおしゃれ感がキラリと光る。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【11】ブルーデニムパンツ×ピンクニット

着映えする絶妙カラーにキュン♥OSKARのピンクニットを着回し!『さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、ロマンティックなかわいさ♡ 合わせるボトムを選ばないジャストな丈感も心強い!』

さりげなくミックスカラーになったピンクニットは、ロマンティックなかわいさ♡ 古着チックなデニムを合わせて、ちょっぴりヴィンテージライクな着こなしに。足元は、あったかかわいい靴下使いでおしゃれ感度を上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【12】ブルーデニムパンツ×白Tシャツ×黒ボアブルゾン

〝白ショート〟ブーツならこの3足!『セレブの間でも浸透中の今季注目の〝白ショート〟ブーツ。ロング丈のコート&スカートやワイドパンツのヌケ感に、今っぽいハズシに、と大活躍! 初心者でも取り入れやすいベーシックめorプリプラを狙うのが正解!』

ボアブルゾン×デニムのカジュアルな着こなしには、白のレースアップブーツでちょっぴりやんちゃなムードをON! スポーティだけどスニーカーよりカジュアルさを抑えた白ブーツで、ボーイッシュなスタイルをキレ味よく仕上げましょ。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【13】黒スキニーデニムパンツ×白ニット

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

編み柄ですっきり見える白ニットに、クールな黒スキニーをプラス♡ トレンドのウエスタンブーツは、潔くシンプルな辛口アイテムで気負いなく合わせるのが断然かっこいい!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

この冬もトレンドのデニムコーデは、トップスにゆるシルエットを選んだりブーツINで着こなしたり、着こなしの鮮度がおしゃれのカギ。ボアブルゾンやチェック柄コートなどインパクトのあるアウターを受け止めてくれるのも、こなれ感抜群のデニムパンツの成せるワザ♡

 

★ゆるニットの今年らしい着こなしって?大人気ニットのおすすめコーデ11選

★きれいめに着るのが今っぽい♡スウェットコーデ3選

>CanCam.jp TOPへ戻る