カジュアルも品よく決まる♡ネイビーパンツのおすすめ夏コーデ13選

ネイビーパンツの夏スタイルをピックアップ

今ドキ感と女っぽさを両方GET!シースルー『ほんのりと肌が透けるシアーな素材感は、キレイめなコーデに今っぽい抜け感を加えてくれるから、この夏外せないアイテム!』

夏コーデに欠かせないネイビーのパンツは、下半身の引き締め効果も絶大! 黒ボトムよりも軽やかにはけるので、暑くなる季節はネイビーのデニムやコットンパンツがオススメです。フレアパンツなど、涼しげで今っぽい最旬コーデもお届けします。

【目次】
コーデが品よくまとまるネイビーパンツ
2020年夏のネイビーパンツコーデ
ネイビーのテーパードパンツコーデ
夏のネイビーワイドパンツコーデはこれ!
大人っぽカジュアルにおすすめのネイビーパンツ

コーデが品よくまとまるネイビーパンツ


親しみ感じるリラクシーコーデ テーパードデニム×フェミブラウス『裾に向かって次第に細くなるテーパードデニムは、リラックスムードたっぷり。フェミニンブラウスを合わせた甘辛ミックスコーデで、一緒にいると落ち着くかわいい彼女を目指したい♡』

上品さのあるネイビーパンツは、きれいめコーデにもおすすめ! 黒パンツより軽やかな印象で、夏のコーデが爽やかに引き締まります。

Point
・知的で爽やかなネイビーパンツはきれいめスタイルにもおすすめ
・下半身の引き締め効果があるのも嬉しい!

2020年夏のネイビーパンツコーデ


【1】白Tシャツ×ネイビーデニムパンツ×白スニーカー

Tシャツ×デニムのド直球コーデは、小物で調節するこなれ感が必要不可欠! メガネ・バングル・バンダナ柄のBAGを取り入れて手抜きコーデに見えないように♡

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【2】ベージュシャツ×ボーダーカットソー×ネイビーデニムパンツ

ボーダー×デニムの超定番コーデは、トレンドのCPOジャケットとメッシュレザーのシューズで今年顔にチェンジ。ボーダートップスはデニムにINして、ゆるジャケットとのメリハリをつけると好バンス!

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【3】黒ドット柄ブラウス×ネイビーデニムパンツ

ほんのり肌が透けるドット柄トップスは、袖が華やかに広がるデザイン。デニムのカジュアルさに負けない〝ほの甘〟アイテムで、アクティブなスタイルにも女の子らしさがキープできます♡ コーデのアクセントになる斜めがけバッグは、爽やかなホワイトが今年っぽい!

CanCam2020年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【4】白ブラウス×ネイビーフレアパンツ

今っぽさと女のコらしさを両立!セミフレアデニム×レトロ柄ブラウス『ひざ下が程よく広がるセミフレアは、トレンド感たっぷり。チェックやドットなどのレトロ柄ブラウスを合わせれば、パリジェンヌみたいに♡ デニムでも特別感のあるおしゃれが完成。』

インディゴデニムにドット柄ブラウスを合わせたフレンチルック。セミフレアとブラウスのペプラムシルエットが、シンプルスタイルの中にスイートな個性をプラス♡ ヴィンテージっぽい小物合わせで、おしゃれっぽく着こなして。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブラウンシャツ×黒カットソー×ネイビーデニムパンツ

きれいめな新顔デニムはメンズウケ最高!センタープレスデニム×ゆるはおり『今季の旬デニムといえば、センタープレス! 品よく洗練された印象は、デートにぴったり♡ ゆるっとロングアウターをラフにはおって、隙のあるカジュアルコーデを叶えて。』

立体的なセンターシームとフロントスリットのデニムが、今っぽい抜け感をプラス。ロングジャケットで大人にまとめて、デート仕様にアップデート♡

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】グレーガウン×ネイビートップス×ネイビーパンツ

今ドキ感と女っぽさを両方GET!シースルー『ほんのりと肌が透けるシアーな素材感は、キレイめなコーデに今っぽい抜け感を加えてくれるから、この夏外せないアイテム!』

トレンド感の強いシアー素材は、品よく着られる肌馴染みのいいベージュがおすすめ。濃紺デニムや華奢サンダルを合わせて、カジュアルでもキレイ見えは死守しましょ!

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/中村麻美 構成/山木晴菜

【7】グリーントップス×ネイビーデニムパンツ

リブ素材のカットソーは、春らしいグリーンを選べばきれいめカジュアルにぴったり♪ トップスをINにするときは、ボトムに濃いめのデニムパンツを合わせて下半身を引き締めて。動きやすさ重視のデニムスタイルも、スカーフを頭に巻けばぐっと華やかな印象です。

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【8】白タンクトップ×ネイビーパンツ

「表」のレディな小物をカジュアルスタイルにも合わせたい!「上品でフェミニンな表小物は、カジュアル服とも相性◎。甘3:辛7の絶妙なバランスで簡単にMIXコーデが完成♪」

白のタンクトップに、濃いめのシンプルデニムを合わせた鉄板コーデ。プレーンな着こなしだからこそ、チェーンバッグで品格UPも忘れずに。チェックのぺたんこ靴ならラフな雰囲気も程よくMIX♡ カジュアルコーデだからこそ、レディな要素をほんのり加えるのがポイントです!

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

ネイビーのテーパードパンツコーデ


【1】チェック柄ブラウス×ネイビーテーパードパンツ

親しみ感じるリラクシーコーデ テーパードデニム×フェミブラウス『裾に向かって次第に細くなるテーパードデニムは、リラックスムードたっぷり。フェミニンブラウスを合わせた甘辛ミックスコーデで、一緒にいると落ち着くかわいい彼女を目指したい♡』

きれいめさんもはきやすい上品なインディゴテーパードには、スタンドカラーやボリューム袖がアクセントになったクラシカルブラウスがお似合い♪ 品のあるキャメル小物をアクセントに、今っぽコーデを完成させて。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

夏のネイビーワイドパンツコーデはこれ!


【1】ピンクトップス×ネイビーワイドパンツ

媚びない色気でドキッとさせて ワイドデニム×肌見せトップス『クールな印象のワイドデニム。実は、「大人っぽい!」とメンズからの支持率高め♡ 肌見せトップスもヘルシーに受け止めてくれるから、初夏のデートにベストマッチ!』

三つ編みディテール付きのポケットが目を引くワイドデニム。バックシャンニットで背中をチラ見せして、後ろ姿をさらにかわいく盛り上げて♡ ピンクのバッグで甘さをリンクさせつつ、足元は黒で大人っぽく引き締めるのがベストバランス!

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】黒トップス×ネイビーワイドパンツ

媚びない色気でドキッとさせて ワイドデニム×肌見せトップス『クールな印象のワイドデニム。実は、「大人っぽい!」とメンズからの支持率高め♡ 肌見せトップスもヘルシーに受け止めてくれるから、初夏のデートにベストマッチ!』

万能に活躍してくれるベーシックなワイドデニムには、トレンドのシアーブラウスなど遊びのあるアイテムが好相性! 黒小物やサングラスで大人っぽく仕上げましょ。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ベージュガウン×ベージュカットソー×ネイビーワイドパンツ

きれいめな新顔デニムはメンズウケ最高!センタープレスデニム×ゆるはおり『今季の旬デニムといえば、センタープレス! 品よく洗練された印象は、デートにぴったり♡ ゆるっとロングアウターをラフにはおって、隙のあるカジュアルコーデを叶えて。』

リラクシーなカーブデニムも、センタープレスならラフになりすぎずデート仕様に。キャミとシアーなロングガウンをベージュでまとめて、女らしいまろやかな色合わせを意識して♪

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白ブラウス×サスペンダー付きネイビーワイドパンツ

史帆は女の子デニムでモテ♡カジュアル

サスペンダー付きってところがやんちゃでかわいいワイドデニムに、カットワークレースの甘ブラウスをON。ドキッとさせるオフショルブラウスで肌の抜け感を作れば、カジュアルなワイドデニムも女の子らしく着こなせます♡ めがねや黒のバッグをプラスしてコーデを締めたり大人っぽく仕上げるのがポイント!

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

大人っぽカジュアルにおすすめのネイビーパンツ


カジュアルにも上品さをプラスしてくれる、ネイビーパンツコーデを特集しました。夏のおしゃれをダークカラーのボトムで引き締めたいときは、ネイビーパンツで爽やかに演出して!

 

>CanCam.jp TOPへ戻る