あなたが思う「そうめんの一番美味しい食べ方」なんですか?調査してみた

やってきました、そうめんが美味しい季節が!

そうめん

 

夏になるととにかく暑くて「料理が面倒だから簡単に作れるもの」「食欲がないからつるっと食べられるものがいい」「ひんやり冷たいものがいい……」なんてそんな欲求をすべて満たしてくれる夏の定番ごはん。「毎日のように食べている」という人もいますよね。

しかし、正直毎日そうめんだと若干飽きてくる。そんな方のためにバリエーションを提供するべく、女性80名に「あなたが思う、そうめんの一番美味しい食べ方」を聞いてみたところ……出るわ出るわ、その数なんと45パターン。

というわけで今回はそれらを一挙ご紹介!
「いつものそうめんに、ちょっとだけちょい足ししたい」方も、「変わり種のそうめんが食べてみたい」方も、試しにちらっと見てみてください。

めんつゆシリーズ、にゅうめんシリーズ、その他シリーズ、ちょっと複雑シリーズに分けて見ていきましょう。

【めんつゆ+αシリーズ】


そうめん
◆シンプルにめんつゆのみ 16票

 

なんやかんや圧倒的に多かったのが「シンプルにめんつゆのみ」。スーパーでいちばん高いめんつゆを試しに買ってみる、めんつゆを自作してみる……など、めんつゆの道も意外と奥深いものです。
さてそれではプラスアルファ軍団を見ていきましょう。

 

◆めんつゆ+薬味系

・めんつゆ+長ネギ 5票
・めんつゆ+長ネギ+ツナ
・めんつゆ+長ネギ+揚げ玉
・めんつゆ+大根おろし
・めんつゆ+大根おろし+梅干し
・めんつゆ+みょうが
・めんつゆ+みょうが+トマト
・めんつゆ+大葉+納豆

夏の麺類に欠かせない薬味。ちょっと切って、すりおろして、添えて……それだけでグッと味を変えてくれます。ひとつ足してもいいけれど、合わせ技で足すとまた良さそう。
そして「長ネギ」の皆さんは、かなり「たっぷり」という言葉が添えられていました。中には「めんつゆにネギたーーーーっぷり!!!! ネギ8割、そうめん2割の勢いでネギをとにかくたっぷり!」という、もはや「ネギが主役」という方も。夏風邪にも効く……かも?

◆めんつゆ+調味料

・めんつゆ+おろし生姜 3票
・めんつゆ+食べるラー油 3票
・めんつゆ+ごま油 2票
・めんつゆ+お酢
・めんつゆ+わさび大量
・めんつゆ+わさび大量+氷
・めんつゆ+柚子胡椒
・めんつゆ+柚子胡椒+生姜+マヨネーズ

こちらは薬味よりももっと簡単。冷蔵庫などに入っているいつもの調味料をめんつゆに入れるだけ! 「食べるラー油」「わさび」「柚子胡椒」など、辛いものに人気は集中。やっぱり、夏ってなんだか辛いものが食べたくなりますものね。

 

◆めんつゆ+その他

・めんつゆ+納豆
・めんつゆ+海苔
・めんつゆ+海苔+炒り卵
・めんつゆ+カリカリの天ぷら
・めんつゆ+メンマ
・めんつゆ+オクラやほうれん草などの野菜
・めんつゆ+冷やしトマト
・めんつゆ+玉ねぎ
・めんつゆ少し+豆乳+納豆+かいわれ大根

そろそろ「めんつゆ」がゲシュタルト崩壊してきました。

納豆や海苔、メンマやトマト。なんとなく冷蔵庫に入っているものをいつものめんつゆに入れるだけでまた違った味に変化! 中でも、ついうっかり不足しがちな野菜は意識的に摂っていきたいですよね。トマトやオクラ、ここにはありませんが揚げ焼きにしたナスなどもそうめんのトッピングにぴったり♪ 冷蔵庫にちょっと残っているものをトッピングすると、冷蔵庫のおそうじにぴったり&栄養素アップ&飽きない、と一石三鳥。

 

【にゅうめんシリーズ】


にゅうめん

・にゅうめん 3票
・卵、玉ねぎ、わかめ、油あげ、豚バラ肉を入れたにゅうめん
・具だくさんのにゅうめん
・あたたかいだし+鶏肉入りにゅうめん

冷房ガンガンでちょっと冷えるときやたまにやってくるちょっと肌寒い日、もしくは夏風邪を引いてしまったとき食べたくなるにゅうめん。そうめん自体にほとんどクセがないので、鶏ガラスープベースでも、おしょうゆベースでも、だしベースでも、かなりいろんな味になじんでくれます。さらにナンプラーなどで味つけてみるとフォー風にも。

また、にゅうめんを作る際はそうめんを茹でる鍋にそのまま調味料を足すと簡単に作れますが、そうめん自体に結構塩気があるので味付けには注意。できればスープを作る鍋とそうめんをゆでる鍋を分けると味付けしやすいです。

 

【その他シリーズ】


・市販の坦々風のスープをかけます

・卵とキムチと納豆

・ポン酢とゆず

・サバのトマト煮とオリーブオイルをのせた冷製そうめん

・カレーそうめん

・サラダをのせてサラダそうめんにする

・ソーメンチャンプル

・油そうめん(※ソーメンチャンプルーにだしを加え炒め和えたもの。奄美大島近辺に伝わる郷土料理)

・味噌汁に入れる

「簡単だけど、いつもとちょっと違うそうめん」が食べたい方はこのあたりを参考にしてみてはいかがでしょう。
「めんつゆ以外」の調味料でいただいたり、カレーうどんならぬカレーそうめんにしてみたり、炒めて沖縄風のソーメンチャンプルにしてみたり、はたまたいつものお味噌汁に入れてみたり……。味噌汁もそうめんもそれ自体はいつも食べているけれど、合わせたことって確かにないかも。自由な発想でいただいてみましょう♪

そして最後は、基本的に「のせるだけ」「あえるだけ」だけど、材料が多めの、若干複雑シリーズ。

 

【ちょっと複雑シリーズ】


・きゅうりの細切りと醤油、ラー油を和えたものと食べる。

・めんつゆ、納豆、味噌、梅肉、大葉、大根おろし、みょうがを乗せる。飽きたらマヨネーズを足す!

・納豆、オクラ、めかぶ、とろろ、温泉卵を入れてぶっかけそうめん!

・めんつゆにすりおろした生姜を混ぜて、きゅうり、ハム、トマト、かにかま、錦糸卵をたくさん入れて冷やし中華風にして食べます。

・きゅうりと大葉をたくさん入れたゴマ風味のつけ汁を作ります。

・ごま油、にんにく、塩、しょうゆ、白ごまで和えます。途中で柚子胡椒を入れて味をチェンジ。

 

どれも栄養たっぷりの複雑な味わいでおいしそう。ちょっと複雑……とはいっても、比較的材料が多いだけで手順自体は簡単なので、試す価値あり。

気になるものがあったら、是非試してみてくださいね♪(後藤香織)

 

★「そうめん」と「ひやむぎ」の違いって?【夏の謎】